市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








NY原油テクニカルチャート(2010年10月4日作成)


NY原油週足
NY原油週足チャート








NY原油もチャート上ではテクニカルブレイクアウト(上に抜けた)が見られた。かなり長期にわたる保ち合いだったと思う。NY原油の価格決定権を持つ米国では原油の在庫がだぶついているにも関わらず、長期にわたって80ドル前後を維持し続けたのにはそれなりに理由があるのだろう。RSIだけでなく、他あらゆるテクニカル指標でも原油の上昇を示唆している。在庫がだぶつき需要が弱くても暴騰するのであれば、やはり、株・商品・債券のトリプル高に発展する可能性がある。世界的量的緩和の副作用が表面化した形だろう。





 





2000⁄01⁄04 00:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。