市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








世界統一通貨 ~ World currency


2009年7月10日、イタリアで開かれたG8サミットでロシアのメドベージェフ大統領が世界統一通貨である金貨の試作品を披露したのを皆さん覚えていますでしょうか?「金本位制などあり得ない」と自分の固定観念から未だ抜けだせないでいるエコノミスト達を尻目に、各国首脳達は金を最後の切り札として新しい通貨の誕生に合わせた政策をとりつつある。先ず、昨年からの流れを見てみましょう。ロシアのメドベージェフ大統領は、7月10日、ドルに代わる国際通貨を説明するため、ポケットからサンプル金貨を取り出し、「未来の世界統一通貨」を披露した。イタリアで開催された主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)閉幕後、メドベージェフ大統領は記者団に対し、「これですよ。目で見て、触れてみてください」と呼び掛けた。同大統領は「多様性の統合」と記された同硬貨はベルギーで鋳造されたと説明。また、主要8カ国(G8)の首脳陣にお披露目したことを明らかにした。メドベージェフ大統領は、現時点では、国際準備通貨の是非を問えば誰もが懸念を示すとしながらも、今回のサンプル硬貨は「私たちが準備を進めているという強い意思表示だ。各国がいかに相互依存しているかをわれわれが理解していることを示す良い象徴だと思う」と述べた。 ( ブルームバーグ 2009.07.10 )







G8
2009年7月10日のG8で披露した金貨(New International Currency)





世界統一通貨(金貨)
The Coin is Harbinger of New International Currency





       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking





Medvedev-Obama dialogue continues in Italy(2009.7.10)






THE NEW "WORLD" CURRENCY(2009.7.10)




UN to produce bullion coins as World Currency



世界統一通貨







上記は2009年12月24日の記事であり、タイトルは「国連が世界統一通貨として金銀のコインを鋳造する」というもの。最初は12月15日にニュースが流れたようだが、今週中にも国連のロゴが入った金銀の世界統一通貨が国連に認可されるかもしれないとのこと。これがすぐ実現するかどうかは不明だが、各国政府の金に対する信頼・必要性が高まりつつあるのは確かであり、12月28日にはアジアの中央銀行総裁が「ドル安・ドル高に関係なく、国家としてを金塊積み増す」という発言をしている。(海外紙) 欧州に比べると、アジア・新興国のほとんどの国が外貨準備金に対する金保有量は10%以下であり、欧州と比べると大きく水を開けられている。 今後、金を中心とした通貨構想の話が出る以上、アジアの国々が金塊を積み増すのは必然であろう。  人気 Blog RankinG







世界各国の中央銀行金保有ランキング








金価格上昇の全ての始まりは、ワシントン合意から



1999年9月28日、金価格は突然上昇し始めた。1980年に1トロイオンス=850ドルの最高値を記録してから19年間下げ続けた相場に終止符が打たれた瞬間である。この時、一週間で37.5ドル、率にして13.8%上昇し、週末終値は307.5ドルであった。この背景には1999年9月26日、アメリカのワシントンにて欧州各国中央銀行14行とECB(欧州中央銀行)の間で保有金に対して合意されたワシントン協定(CBGA)がある。その内容とは、5年間で参加国は総売却量を2000トン/年400トンまでとし、金の貸し付け(金リース)、金のデリバティブを拡大しないというものであった。これにはIMFやBISも参加し、米国も同意を表明。したがって、全世界の公的保有金の90%近くがこの制限に含まれることになった。実は、この合意の意味する一番重要な部分は、間接的に、長きに渡り、中央銀行が金リースと金デリバティブを頻繁に繰り返し、保有金が底を尽きかけている事を認めたことにある。つまり、金の戦争に終止符を打つ宣言をしたわけである。今後、金価格の動向を見る上で、ワシントン合意に参加している国々の動きを注意深く観察することはとても重要だと思う。なぜなら、金とは国家にとって最も大切な政治的戦略通貨であり、価格は金の需給よりも国家の通貨戦略によって左右される部分が多いからである。これは亡き高橋靖夫氏が最も指摘していた部分であり、実際、ワシントン合意から上昇トレンドが明確になっている以上、無視できない事実である。これは国家の意思がそのまま金価格に反映されているといっても過言ではない。第一次CBGAでは2000トンの協定枠に対して2000トン売られたが、第二次CBGAでは2500トンに拡大された協定枠に対して1883トンしか売られなかった。あと617トン売ることが可能だったが、売る意思がなかったということだ。さらに第二次CBGAの5年目である2008/09年に関しては過去最低の155トンの売却に留まっている。ここでIMFの売却話が多くでてくることになるが、本来は金価格に対して全く脅威ではない。なぜなら、IMFの売却も協定枠に入っているため、売れば売るほど、他国の売る権利が失われることになる。2009年9月27日からスタートした第三次CBGAは協定枠が5年で2000トン/年400トンであり、現在、IMFはインド、モーリシャス、スリランカの三カ国に計212トンの金を売却した。ここで協定枠は2010年9月26日まで後188トンである。さらに現段階で欧州各国中央銀行の売却量は0トン、ECBが1.5トンと過去最低の水準であり、金を売る意思が全くないことが伺える。インドはIMFから近日中、さらに200トンの追加購入を検討していると表明しているため、インドがIMFから金を買えば、CBGA参加国は2010年9月26日まで売却は不可能となる。よって、最も下げ要因とされていた中央銀行の売り圧力は今後なくなることとなる。これらは金の購入に強い意欲を見せている中国やロシア、他、外貨準備金に対する保有金の比率が低い国にとっては、直接、市場を通して金を買わざるを得なくなることを今後意味するだろう。長きにわたって続いた「売りの戦争」から「買いの戦争」に転じ、やがて、国家による金争奪戦の熾烈な戦いが繰り広げられることになると思う。  ⇒ FC2 Blog Ranking









第一次CBGA(1999年9月~2004年9月)
(制限2000トン/年400トン、売却量2000トン)



1999/00年    400トン
2000/01年    404トン
2001/02年    393トン
2002/03年    418トン
2003/04年    385トン



売却した主な国・公的機関

スイス     1170トン
英国       345トン
オランダ     235トン
ポルトガル    125トン





第二次CBGA(2004年9月~2009年9月)
(制限2500トン/年500トン、売却量1883トン)



2004/05年    497トン
2005/06年    396トン
2006/07年    476トン
2007/08年    358トン
2008/09年    155トン(過去最低)



売却した主な国・公的機関

フランス    563トン
スイス     380トン
ECB      272トン
スペイン    242トン
オランダ    165トン
ポルトガル   100トン





第三次CBGA(2009年9月~2014年9月)
(制限2000トン/年400トン、売却量213.5トン)



2009/10年   213.5トン(不確定数値)



売却した主な国・公的機関

IMF      212トン
ECB      1.5トン



IMFから金を買い取った国

インド       200トン(09年10月1日~30日)
モーリシャス     2トン(09年11月16日)
スリランカ     10トン(09年11月23日)







まだ、続きがありますので、お楽しみに・・







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking








    
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書「ドルの崩壊と資産の運用」、そして、今回、私が最もお薦めする本は米国人の若き歴史・経済学者トーマス・ウッズの著書「メルトダウン 金融溶解」。 とくに8月にまだ発刊されたばかりの「メルトダウン 金融溶解」は、すばらしの一言に尽きる。久しぶりに良書を読んだ気がする。この本は、金投資家だけでなく全ての人が読むべき本だろう。本書では、国際金融資本家の支持するケインズ派の経済学を真っ向から否定し、オーストリア派の経済学者として、誰に金融危機の責任があり、これからどうするべきかを教えてくれる。また、金本位制の重要性、インフレ・デフレとは何か?真の経済学も簡単に学ぶことができるだろう。何回も読み返すだけの価値ある本だと思う。また、FRBを廃止に追い込もうと日夜戦い続けている米共和党下院議員のロン・ポール氏と副島隆彦氏がこの本を推薦している。





Thomas E.Woods Jr  
Thomas E.Woods Jr





1972年米国生まれ ハーバード大卒後、コロンビア大学で博士号を習得。歴史・経済学者であり、現在、経済学のオーストリア派であるルードヴィッヒ・フォン・ミーゼス研究所の上級研究員である。著書「メルトダウン」は2009年3月に刊行されるやニューヨーク・タイムズ紙を始めとする各種のベストセラーランキング入りし、9カ国語に翻訳されている。 HP ⇒ http://ThomasEWoods.com







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  


         

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位



  応援ありがとうございま~す ♪





2010⁄01⁄04 23:56 カテゴリー:調査 comment(22) trackback(0)
▲pagetop












コメント



投資小僧 様

いつもブログを興味深く読ませていただいております。
質問なのですが、短期的にも為替が異常な円高ドル安になる可能性はありますでしょうか?
特に2月の雇用統計が悪くなる見通しとのことで、3月ぐらいまでに・・・
以前もアメリカはドル安を望むような記事を目にしたこともあったため、今後の金の高騰が、ドルの信用不安によるものかと思ったもので・・・

お忙しいとは思いますが、お時間がございましたら、見解のほどよろしくお願いいたします。
2010/01/21 14:13URL | りょう[ 編集]


投資小僧様。
有益で楽しいブログ感謝しております。
私は今AUD、USDを外貨で持っていますが
USD切り下げとなるとその後円安となっても
10分の1に切り下げになると意味ないですね
現在USDは他通貨に変えた方が良いのか悩みます。
投資小僧様といたしましては日本円以外では
どの通貨で金を購入するのがベストでしょうか。やはりEURでしょうか。
現在AUDで海外ゴールドファンド、USDで海外CFDで金で購入しております。
お忙しい中初歩的な質問で申し訳ありませんが
アドバイスいただければ幸いです。

2010/01/15 23:27URL | 白金銀太郎[ 編集]


3月に天井を打った後は先物のポジションはいったんノーポジにした方がいいですか?
2010/01/15 09:06URL | ちょび[ 編集]


記事、また間に合いませんでしたので、コメント欄に少し書きます。今年3月のどこかで天井打った後は、8月くらいまで下げ続ける可能性があります。天井を1500ドルと仮定すると、400ドルくらいは下げる可能性あり。底を形成した後は2300ドルを超えるまで、上昇し続ける見通しです。ドルの切り下げがあれば、一夜にして金価格は2000ドルを超えるでしょう。春に1度天井打てば、1100ドルあたりを確認するまではしばらく買えないですね。白金も同じように考えて良いと思います。国内金価格は、今後相当強気で見ていいでしょう。なぜなら、日本政府が金を軽視しているからです。これは長期的には円安の要因となります。アメリカの通貨戦略に備えて、あらゆる国々がドル切り下げに備えて金を備蓄し始めています。これは自国の通貨安を防ぐため。ユーロも誕生当初から加盟国となる条件として、金をある一定以上の金を保有することが義務付けられていますので、アメリカが金とリンクした新ドルを発行すれば、ユーロ安を防ぐことができるでしょう。一番被害にあうのが円ですね。1ドル=300円以上の円安が来ても決しておかしくないでしょう。ドル建て金価格の見通しは、ダウ・ゴールドレシオから分析すると、2022年前後まで上昇を示唆しています。レシオは0~0.5の水準まで下げると思います。目標値は5000ドル以上。10000ドルの可能性も十分あり。国内は20000円を軽く超えると見ています。



本日、金より白金のほうが強いですね。これはテクニカル的な売り圧力が金に加わっているためです。この下落圧力を受ける時間帯は1月13日~19日まで。本日はかなり強い下落圧力を受けていたのですが、かなり踏ん張っていたと思います。やはり、金強し。20日には一目均衡表の日足遅行スパンが好転すると思いますので、もし下げる局面があれば、いい買い場だと思えます。22日まではフラフラした動きになる可能性がありますが、動きがおとなしい今が買いのチャンスでは。白金にはテクニカル的な下げ圧力はなし。押しは1日程度で終わるレベルにあります。今のところ、壁は4852円のみ。しかし、ここも一気に抜き去るかもしれませんね。


本日は新月、かつ相場の動きが不安定になりやすい水星逆行が終わります。これは、もちあい相場の終焉が近いことを示唆しています。金は、水星逆行の終わりと共に、ロケットスタートすることが多い。今回は1月25日の週から始まる可能性が高いため、今は準備をする時ですね。
2010/01/15 06:06URL | 投資小僧[ 編集]


ZZさん、みなさん、こんばんは


今日の夜は頑張って記事書きます。本当は、データを細かく載せて書きたいのですが、時間がないので要点だけ書きます。ちなみに、白金も金と同じように考えて良いかと思います。少しズレはあると思いますが・・。私が一目均衡表で分析したところ、2月は棒上げになりそうに感じますね。一直線になると見ています。過去の売買から受ける上昇圧力は2月に200ドル、3月に400ドル以上。おそらく金も白金も3月に中期天井を打つと思うのですが、その場合、月足チャートでは上ひげ陰線が予想されるため、3月中旬に天井を形成すると思います。さすがにこのあたりの予想は難しいですね。大体このあたりと見てください。金で4000円以上、白金で6000円以上は達成すると思います。1月に買いをしっかり仕込み、2月は相場眺めず、夜空を眺めていればベストでしょう。間違っても先物の売りは避けるべし。自殺行為に等しいでしょう。
2010/01/14 22:38URL | 投資小僧[ 編集]

白金の上昇期はいつまで続くのですか?
やはり金とおなじく3~4月頃一度売ったほうがよいのでしょうか?
2010/01/14 19:33URL | ZZ[ 編集]


白金の超上昇期


金の超上昇期は1月25日の週からだと思われますが、白金はすでに金より先駆けてスタートしています。現在の価格は、テクニカルを見ると、2008年1月末から3月にかけて起きた大暴騰の力を現在そのまま受ける形で上昇し始めている。この上昇期に入った時の白金はとても強い相場になる。押しは大抵1日で完了する。突然、200円くらいの下げが来るのだが、絶好の買い場になってしまう。とくに日足転換線に近づいた価格は迷わず買いでしょう。本日の転換線は4562円/g(先物価格) 本日の安値は4562円。この付近で狙って買った方は相場が上手い人と思えます。本日の下げはまさに初押し。昨日の中国ショック(利上げ)により起きた下げであり、上海総合指数は前日比-3.1%程度で終わっている。まもなく上海万博が始まります。利上げしたくらいで景気の失速はないでしょう。白金価格は3月に6000円を超えても決して驚くはない。
2010/01/13 21:49URL | 投資小僧[ 編集]


1年半前の中丸薫女史の講演会では、
2010年から米国のお札が、グリーンノートからブルーノートへ変わります。と中丸女史が言っていたらしいです。ついにこの時が来たのでしょうか?
2010/01/13 13:07URL | 末っ子[ 編集]


コメントの返信は、今は一部しかできず、すいません。月末まとめてします。


ZZさん、こんにちは


紫金は、将来、有望な銘柄だと思いますが、現在は強気になれず。今は、価格が動かないうちにじっくりと買いを仕込み、動くのをひたすら待つ時期だと思います。あせって買う必要もないでしょう。昨年、コメント欄で紫金のチャート分析の依頼を受けて分析した時も書きましたが、高値で買い付いた投資家のしこり(売り圧力)が強すぎて、あと4カ月間くらいは爆発的な上昇を演じるとは感じられず。今は売りゾーンに位置し、強気に転じるには最低26ヵ月前の月末価格を月末に超える必要があります。昨年、金価格が1200ドル超えた時も、中国金鉱株が冴えない動きだったことからも理解していただけると思います。結局、ファンダメンタルズが価格を決めるのではなく、投資家の買い方と売り方のパワーバランスによって価格は動くということですね。故に、チャート分析は有効でしょう。上に抜けた時、どうなるか?これは白金価格の動きが参考になると思います。白金は買い方のしこりが完全に解消されたため、強気の大相場がスタートしました。紫金を見る時は、上海総合指数の動きを見て行くのが一番いいと思えます。


東京金は、できれば前回記事で書いたように、15日の新月前後までに買いを入れるのがベスト。遅くても、テクニカルが陽転する20日までに(19日までが理想) ユーロ、金、他、あらゆる指標のテクニカルが超強気になるのは1月25日の週から。27日はFOMC。2月からは、見える景色が完全に変わるはずです。先物の売りなんてとんでもないでしょう。どんなに遅くても、22日までには買いを完了するべきですね。金も銀も白金も今月出る安値は徹底して買いでいいでしょう。白金は春に2000ドルを超え、2100~2200ドルもありえるかもしれません。金は1500ドル以上。その次の展開は記事に書きます。

2010/01/13 12:29URL | 投資小僧[ 編集]


本日、たぶん最後の買い増しをしました、
あと少し待って後日にもとも思ったんですけど、下がれば買われる展開だからここは勝負かな、昨年よりプラチナを買おう、買おう!
と思いながら結局、まったく買えてないのが残念、
2010/01/13 12:21URL | ぼのぼの[ 編集]


紫金鉱業株も、現物と同様に、19日までに仕込んだほうがよいのでしょうか?それとも株と現物の値動きは今回も少しはズレると見たほうが良いのでしょうか?よろしくお願いします。
2010/01/13 11:06URL | ZZ[ 編集]


takkunさん、みなさん、おはようございます。諸事情により月末までは一時コメントと記事の更新は停止しておりますが、明日あたりはもう1回だけ更新できそうです。ブルーノートに関しては、ブログ「Gold Wars ~ 金復活」にインサイダー情報として昨日の正午に記事を載せていますのでよければ見てください。後、8日に白金の記事も載せています。

http://goldman2012.blog52.fc2.com/blog-entry-8.html

http://goldman2012.blog52.fc2.com/blog-entry-7.html

中国の利上げにより、貴金属は本日急落。安値で買う残されたチャンスは後数日と思える。遅くても、19日までに仕込みたいところ。




2010/01/13 09:00URL | 投資小僧[ 編集]


これは唯のうわさです。
この言葉にご興味のある方だけご覧になって下さい。

ブルーノートと言ってもジャズとは何の関係もない。(でも金本位制が敷かれたらこいつが威力を発揮する!)
バンクホリデイとと言っても銀行の休業日ではない。(タンス預金と地金だけが頼り!)

http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/30891707.html

http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/30718251.html
2010/01/12 23:33URL | takkun[ 編集]


男の色気のあるブログですぅ~
ポジショントークができないのですね…
時計と猫のセンス…すてきです!
ゴジョウダンでもかまいません…
ブログ読みたいです!

2010/01/11 17:04URL | だだっこ[ 編集]


ゴールド 再度上昇を開始したみたいです。
楽しみです。
2010/01/11 09:48URL | 末っ子[ 編集]


明けましておめでとうございます。
今年も小僧様の深く・鋭い記事を楽しみにしております。
2010/01/09 08:41URL | TS[ 編集]


あけましておめでとうございます。
続きの記事が気になって、夜も眠れません(笑)
いつ頃になりますでしょうか?
2010/01/07 00:56URL | 前田慶次[ 編集]

金と銀
紙幣の増刷による安全資産金へのシフト がおこっていますが私は銀にも注目しています 在庫量がここ数年で著しく減っています 皆さん調べてみて下さい 金価格と銀価格 歴史と相対性がカギです
2010/01/06 17:58URL | けいたん[ 編集]


投資小僧さん、みなさん、こんにちわ。
当初目標の地金はあと1回の買いで到達できそうです、これが終えるともう買いではなくて、じっと持っておきたいと思ってます。
自分の場合は投資目的ではなく金を持ちたいという方が強かったです。今では両方かも知れません。年明けてもう少しの値下がりを待つとします、もうないかも~?
2010/01/06 14:45URL | ぼのぼの[ 編集]

明けましておめでとうございます。
はじめまして。二年近くロム専してました。現物を少しだけ持ってます。小僧様のブログに勇気づけられ、今日に至っております。そこそこ利益ものり、感謝の極みです。今後のご活躍を応援しております。
2010/01/06 00:05URL | Coo[ 編集]


投資小僧さま 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

クラウゼヴィッツが「戦争とは政治的手段とは異なる手段を以って継続する政治である」と戦争論の初めのほうで書いていますが、アメリカが自国の意思を実現させるべく用いた経済政策、軍事作戦両方とも当初の目的を果たせずにただ国力を消耗させていると見えるのは僕だけでしょうか。

難しいですよね。打てる手段も限られてきましたし、訓練未熟な将兵に竹槍を持たせて機関銃が備え付けられている頑強な敵陣に突撃させるように、お札を刷り散らかすしか脳のない指揮官しかいないアメリカはある意味においては哀れですらあります。

副島氏が著書で書いているように1ドル60円台というのもありえるような気がしてきました、理由はお札を刷り散らかしているから。

副島氏の講演で大英帝国は1500万ポンドの紙幣しか刷らなかったと言っていましたそこが
ロックフェラーとロスチャイルドの差なのでしょうか。
2010/01/05 20:48URL | Stein[ 編集]


某週刊誌の中刷り広告に、「アメロ」
の文字が大きく載っていました。
じょじょに、人々の頭に刷り込み初め
他のでしょうか。ブログ主様
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2010/01/05 14:16URL | こた[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。