市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金本位制復活の序章


39年間のユーロ・ドル(欧州通貨加重平均価格)とNY金の関係を調べると、ドルに対するユーロと金の上昇率は、現在、ユーロより金の方が圧倒的に勝っている。これは1979年以来のこと。これらの動きを見る限り、FRBによる金価格下落操作はすでに終わったのではないのかと感じる。1971年8月15日、ニクソン米大統領は金とドルの交換停止を宣言した(ニクソン・ショック) しかし、これは完全停止ではなく一時停止宣言であって、必要であれば大統領宣言の下、いつでも復活する用意があるとの内容だ。ドルが信用あるうちは金価格上昇を抑え、ドルの信用がなくなれば、返済不可能な借金を紙屑化するため、ドル安容認というのが米国の本音だろう。このままドル安を容認すれば、ドルは崩壊し基軸通貨の座を他国に奪われることになるが、米国には最後の切り札がある。それは8133トンに上る世界第一位の金準備高である。何ゆえ、各国中央銀行は金を保有するのか?これは基本として自国通貨の信用を高めるためにある。もし、米国で金本位制復活の準備があるのであれば、もはや金価格を抑えつける必要もなく、むしろ金価格上昇政策に動くかもしれない。12月1日、中国の政府高官が「金の保有量を10年以内に現在の1054トンから10000トンまで増やすべきだ」と述べた。これは単に米国債が紙屑化するのを恐れてだけではなく、米国保有の8133トンの金塊を意識した新金本位制復活に対抗する発言だろう。SDRやバスケット通貨構想は、米国が提唱したものではなく、中国や他国が唱えたもの。所詮、それらの通貨は擬似通貨であり、金の絶対的信用に勝つことはできない。これは歴史が証明している。新金本位制に移行すれば、米国のメリットは大きい。基軸通貨としての地位を保てるだけではなく、借金を大幅に減らすことも可能。これは金を最も多く保有する国の特権でもあり、それが国家としての信用となる。中国が世界の覇権を握り、基軸通貨の座を奪いたいのであれば、今後、本気で10000トン以上の金塊を積み増してくるだろう。国家による金争奪戦はまだ始まったばかり。そしてこの戦いは中国とロシアがその中心となり、米国は基軸通貨の座を守るため、擬似通貨の誕生を許さないはず。今、個人投資家は簡単に金を手放す時ではなく、真剣に金保有を検討する時期だと思う。  人気 Blog RankinG








ユーロのサイクルを中心として、あらゆる角度から分析してみましたが、おそらく、金価格とユーロ・ドルは2010年1月25日~29日の週から壮絶な上昇を3~4月まで演じると思う。目標価格は1500~1750ドル。反応し始めるのは1月18日~22日の週から。故に、先物投資家は1月15日まで、金地金投資家は1月17日までに買いを済ませておくほうがよいだろう。中期波動の天井はユーロ・ドルが4月まで強い上昇圧力を受けるため4月の方が濃厚かもしれない。また、新月・満月の天底サイクルは少なくとも12月と2010年1月は2009年と比較して完全に逆転する。つまり、現在の波動サイクルは新月底、満月天井となっている。来月半ばまでの戦略は東京金で3084~3250円の価格帯で買いを狙うのがよいと思われる。3084円以下の価格が今後出る可能性は極めて低いため、3084~3250円が出現する時間帯も年内あと少しと2010年1月4日~15日の期間だけだと思う。12月末にかけて上昇する見通しだが、年明けから急落する可能性が高いと思われるため、年末に買うべきではないでしょう。最後に、2010年1月18日~4月まで、先物投資家は売りを新たに建てるのはやめるべき。今度来る上昇力の強さは今までとはレベルが桁違いになる可能性が大なので非常に危険。やはり、買いに徹するべきでしょう。







ユーロ・ドル月足、緑ラインはNY金月足 1973年~
ユーロ・ドル月足、NY金月足(緑のバーチャート)、1973年~





ユーロ・ドル週足 NY金週足(緑のバーチャート)、RSI=51.25
ユーロ・ドル週足 NY金週足(緑のバーチャート)、RSI=51.25





ユーロ・ドル週足 一目均衡表 
ユーロ・ドル週足 一目の基準線=1.44855ドル(~12/18) 2006年~







上記週足チャートでRSIが50~55においてはユーロ買いゾーンであり、週足基準線のサポート力は最強である。昨年7月の最高値1.6039ドルを大きく超え、来年4月頃、1ユーロ=1.6500ドルを達成するだろう。同時に金価格の上昇が加速する見通し。







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking






  
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書「ドルの崩壊と資産の運用」、そして、今回、私が最もお薦めする本は米国人の若き歴史・経済学者トーマス・ウッズの著書「メルトダウン 金融溶解」。 とくに8月にまだ発刊されたばかりの「メルトダウン 金融溶解」は、すばらしの一言に尽きる。久しぶりに良書を読んだ気がする。この本は、金投資家だけでなく全ての人が読むべき本だろう。本書では、国際金融資本家の支持するケインズ派の経済学を真っ向から否定し、オーストリア派の経済学者として、誰に金融危機の責任があり、これからどうするべきかを教えてくれる。また、金本位制の重要性、インフレ・デフレとは何か?真の経済学も簡単に学ぶことができるだろう。何回も読み返すだけの価値ある本だと思う。また、FRBを廃止に追い込もうと日夜戦い続けている米共和党下院議員のロン・ポール氏と副島隆彦氏がこの本を推薦している。





Thomas E.Woods Jr  
Thomas E.Woods Jr





1972年米国生まれ ハーバード大卒後、コロンビア大学で博士号を習得。歴史・経済学者であり、現在、経済学のオーストリア派であるルードヴィッヒ・フォン・ミーゼス研究所の上級研究員である。著書「メルトダウン」は2009年3月に刊行されるやニューヨーク・タイムズ紙を始めとする各種のベストセラーランキング入りし、9カ国語に翻訳されている。 HP ⇒ http://ThomasEWoods.com







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  


         

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位



  応援ありがとうございま~す ♪







2009⁄12⁄16 07:00 カテゴリー:GOLD comment(23) trackback(0)
▲pagetop












コメント



本年はいろいろとご教授頂き有難うございました。
おかげさまで私にとっては良い年となったようです。
来年も貴殿を羅針盤としてしっかりと帆を進めてまいりたいと思います。
貴殿におかれても良い年となることをお祈りしております。
2009/12/31 12:37URL | アメショーの太郎[ 編集]


高橋靖夫氏死去のソース発見しました。享年66歳とはまだ若いです。
印象的なのが次の一節です。高橋靖夫氏は金投資は一切しなかった。日本国民に対して啓蒙的であるためには自らポジショントークにならないように禁欲的・ストイック的に金に手を染めなかったのです。

『生涯、金(ゴールド)と貨幣について勉強し、たくさんの本を書きながら、金投資を自ら手がけた形跡はない。「手張りをすると目が曇る」からだと言っていた。』

我々は高橋靖夫氏のお陰で殆ど只で果実を得ているといっても過言ではないでしょう。謹んで御冥福をお祈りします。


「金本位制の復活を予言した人異色の民間エコノミスト、高橋靖夫氏逝く」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2437
2009/12/27 11:02URL | takkun[ 編集]


高橋靖夫氏の御冥福をお祈りいたします。

高橋靖夫氏の講演会に数年前に聴講に参りました。最近も新刊書を拝読した処に突然の訃報に驚いております。WEB検索では掛かりませんが、どなたかソースは御存じでしょうか?

健康状態に不安はなかったように思うので、かなり国際金融の真相に迫った著作が多いだけに死因が気になるところです。

高橋氏の遺志を受継ぐ人々が投資小僧さんを初めとして数多く育っていることを嬉しく思いますが、目標の$6000を見ずして先立たれた無念さは如何ばかりかと存じます。

これからの何年かは高橋氏の弔い合戦として戦い、$6000達成の暁には墓前に報告に参りたいと思うほどです。安らかにお眠り下さい。


2009/12/27 00:18URL | takkun[ 編集]

高橋氏
高橋氏の死去のニュースを目にしました。私を含め、このサイトに集まる多くの人間が、高橋氏の金本位制、ドル政策に関する著作をお読みになったことのある人間は多いと思います。何年かぶりに新刊を先月出されたばかりの突然のニュースにショックでした。なによりも高橋氏が近未来予測のゆく末を見届けることなくなくなられてしまったことに大変悲しく思います。アメリカによる負けたふりのドル安、安値でゴールドの買い戻し、金本位制復活を通じての世界覇権の劇的奪取という壮大なシナリオは高橋氏ならではの深い分析によるもので、値動きの緩慢なマーケットを前に、羅針盤を失いがちな私にとっては、一定の精神的安定をもたらす思想家の一人でした。こころよりご冥福をお祈りします。早いもので2009も終わろうとしています。投資小僧さまの丹念な分析に助けられてばかりの一年でした。年末はごゆっくりと鋭気を養われ、来年も激動の金市場をズバズバお切りになってくださることを楽しみにしております。よいお年を!
2009/12/26 15:06URL | AKI[ 編集]

高橋靖夫氏
小僧さんこんにちは。来年もよろしくお願いいたします。

高橋靖夫氏が20日に亡くなられたと聴きました。金本位制を予想されていた方です。さて予想通りとなりますか……
2009/12/26 08:29URL | ヒロト[ 編集]


本年は当ブログには大変お世話になりました。
有難うございます。
又、来年も記事を楽しみにしています。
2009/12/25 16:00URL | 名無し[ 編集]


GOLD調整終了か?

今年8月中旬からの5派形成の半値押しを22日に$1075で達成した模様。

皆さまにとって良いクリスマスで有りますように!!

「まねきねこダックの歌 メリークリスマス!」

http://www.youtube.com/watch?v=wJxUGDq4czo
2009/12/24 20:55URL | takkun[ 編集]


日経平均もダウ平均もいったいどこまで上がるんでしょうか? 金に投資をしてる身として、今の株式市場にいい加減に嫌気がしてます。今日のニュースではシティグループは公的資金を返済って、わずか一年で・・・いったいどうなってるんでしょうか。
2009/12/24 12:40URL | プラ丼[ 編集]


すっかりクリスマス相場でNYは出来高も
参加者も少ない閑散とした相場になって
いますが、NYTimeの8:00ごろになると突
如カラ売りが始まり、20ドルも値を下げて
去っていく一団があります。

もちろん目的はNYTime10:00のロンドンFixを
引き下げる事です

明らかに金現物価格に対する価格操作と
思われます




2009/12/23 10:41URL | じろう[ 編集]


年内に調整が終わる気配はありませんね。現状ではユーロ次第でしょうか。
2009/12/22 17:15URL | たける[ 編集]

リアルタイム価格の不具合

「Gold Wars~金復活」のNY金先物リアルタイムが表示されていないと思います。NYの取引所CMEがURLを変更したため、表示されず。今晩URLを変更しておきますので、しばしお待ちを!本日のみ、metalにカーソルを合わし、Goldをクリックして下さい。次にselect monthをクリックし、Feb 10 をクリックして下さい。この作業で表示されると思います。
2009/12/21 13:24URL | 投資小僧[ 編集]


こんにちは、いつも参考になる情報ありがとうございます。

金森薫氏、六本木の巫女氏、フジフューチャーズ杉江氏。などの人は、きんの暴落説あるいは、もうそんなに騰がらないなど、平気でおっしゃっております。

ドル安が続けばきんもそれにつれて上げ続けるだろうか。その答えの半分はイエス、あとの半分はノーである。最近のドル相場(とくにユーロに対する)と、きんの価格の動きを見ると、完全に逆相関になっているといっていいくらい、ドル安=きん高、ドル高=きん安となっている。ところがきん価格があまり高くなりすぎると、必ずどこからともなく売り手が現れて、相場を冷やしにかかる。だから、たとえドル安が続いてもきん価格の高騰にストップがかかるという訳である。(執筆者、杉江氏)参考まで。

2009/12/20 06:16URL | ひつまぶし[ 編集]


始めまして。
ユーロのサイクルを中心としての分析。
凄いこれだ!と思いました。
投資小僧さんのブログを多くの日本の方が読んで、
これからの波乱を賢く生き抜き、
希望にあふれる明るい日本を作る事を願っています。
2009/12/20 03:11URL | ゴールデンボール[ 編集]


はじめまして。

ユーロドルは年末の閑散相場・仕掛けなどで、金とは一時的に関係を絶っているともみえるのですが…

ど素人なのですが、またご意見伺えると嬉しいです。


2009/12/18 22:18URL | とろく[ 編集]


はじめまして。いつもブログを読ませていただいております。投資小僧様のおかげで、金について開眼をした者です。他のコメントの皆さまと同様にペーパーマネーに対して不安を持っております。小僧様のお忙しい中にもかかわらず、初歩的な質問になりますので、ご迷惑をおかけすると思うのですが、ご回答をいただけましたら幸いです。
金ETFのUGLというのがありますが、ペーパーマネーに分類されると思います。家に現物を置くのも怖いですので、現物以外の投資先を探しております。また、値上がりを享受したいと思うので、ブル型のETFであるこのUGLを購入することを考えました。ETFとはいえペーパーマネーであるので、突然の破たんや上場廃止などの危険もあり得るのでしょうか?教えていただけましたら幸いです。
また、今後のご活躍を楽しみにしております!!
2009/12/18 07:56URL | ugl[ 編集]


投資小僧様。ためになる記事をいつもありがとうございます。
 倉荷証券を証拠金にした先物取引をもう25年以上続けている者ですが、これまで思ってもみなかったことなのですが、倉荷証券での金の保持は安全なのか気になってきています。投資小僧様の考えをお聞かせくださればありがたいです。
2009/12/18 00:23URL | ちょっぴり疑心暗鬼[ 編集]


投資小僧さん、こんばんは。

今回の貴記事、私もそのようになると想定しておりメール差し上げる次第です。
アメリカの唯一の強みは金、そしてこれにしか拠り所がありません。

昨今のドル安はアメリカの描くシナリオでしょうしその後の金本位制復活も然りでしょう。



ちなみに金現物においてはゴールドコイン保有がいいのではと個人的に考えています。

アメリカ自体がSPDR等の電子データ金の真偽を煽ると考えています。
アメリカが実は金を保有していなくてもアメリカのみハッタリが利きますので。
兌換の代替に金証券を発行可能なのはアメリカだけだと思います。




ちなみにゴールドバーの真贋はどのように行うかごぞんじしょうか?
ご存知であればご教授いただければ幸いです。


2009/12/17 22:41URL | フラクタクル[ 編集]


RUNsさん、

金現物の購入方法は、まず店頭に出向いて購入するか、またはそれが難しい地方在住者の方なら販売店の銀行口座に現金振り込みで宅配便にて配達(この場合保険を掛けて送られてきます)を依頼するかの二通りがあります。

購入するお店としては、一般の貴金属専門店(例:東京の御徒町にいくつかある貴金属専門店か、あるいは三菱ゴールドショップかその系列の貴金属専門店)、または先物取引委託会社の中で金地金の店頭販売を行っているところから購入するかの二通りが一般的です。価格面で有利なのは後者の方ですが、一部の例外を除いて殆どの先物委託会社は銘柄(刻印)指定を受け付けていません。例えば私自身の場合、スイス銘柄への拘りがあるので、希望のブランドが置いてある東京御徒町の店を選びますが、多くの日本人の場合は三菱ブランドがかなり喜ばれているようです。三菱マテリアル社には前述した自前の“三菱ゴールドショップ”を持っていますので販売銘柄は全て三菱ブランドです。三菱マテリアル社の場合、コインに関してはオーストラリアのカンガルー金貨に限定です。

ただ購入前に注意しなければいけないことは、地金にせよ金貨にせよ一般的に取引されているのはフォアナイン(999.9)の純金なのですが、売却する時は実は一様に取り扱われてはいないことです。例えば地金の場合、人気ブランドと不人気ブランドがあります。これは私自身の5~6年前の実話なのですが、先物取引で現受けした金地金が私の好まないブランドだったので、一時期保有して天井圏だと思った時に売却をし、安くなった時にスイスブランドで買い戻そうとしました。ところが売却時にそのお店曰く、「当店はスイスブランドを主流としているので、ちょっとこの銘柄はあまり…(買い取りたくない) 買い取るなら¥20/g引きとなりますが、それでも宜しければどうぞ。」と言われました。先物で現受けした地金は1kgバーですから¥20/gと言えば2万円引きです。私は冗談じゃないと思ったので隣の店に行き、¥20g引きを免れて無事売却したことがあります。こういうことは店の事情にかなり左右されることのようです。TOCOMの現受け銘柄は正直あまり魅力のないブランドが最近は非常に多く、私は同じことをしばしば行って安値で好みのブランドを買い戻すスワップを私はよくやっていたのです。こういうわけですので全てのブランドが公平に扱われているわけではないことを自らの経験でよく知っています。コインも然りですよ。どこでも売却出来るのはカナダのメイプルリーフとオーストリアのウィーン・ハーモニー金貨、この2つです。前述のカンガルー金貨と中国のパンダ金貨は両方とも同じ純金金貨なのですが、前者は毎年刻印図柄が変わるために、買い取りを拒否する店があります。後者に関しては人気が無いためにやはり買い取りを拒む店があります。三菱ブランドについては前述の三菱マテリアル直営店に持っていくと、一般のお店よりも¥10だったか20/g買い取りレートが有利です。この三菱に他銘柄を持っていくと、たとえ世界に通じるスイスブランドやジョンソンマッセイなどでも反対に三菱ブランドよりも¥10/g引かれて買い取られます。銘柄(刻印)によって流動性が異なるため、同じ重量でもお店の取り扱い方に差がつくことを踏まえて決断されたら宜しいかと思いますよ。

2009/12/17 20:03URL | goldbug[ 編集]


投資小僧さん、こんにちは。はじめてご挨拶させていただきます。
まったくの初心者の私ですが、こちらのサイトに伺うようになって、金投資の流れがようやっと認識できるようになりました。感謝の言葉をお伝えしたくてコメントさせていただきます。
特に今回の新月底値への流れは感謝に堪えません。
おかげさまでいままでうっかりやりがちだった「ここが底かしら…」→さらに落ちる☆の構図からはなれられそうです。
テクニカルな流れもさることながら、星や月などの天体の流れと投資の関連についてのお言葉に、目に見えないものの人間の心理への影響の大きさを考えさせられます。
毎回の更新を楽しみにしております。
どうぞお体に気をつけてがんばっていただければと思います。

2009/12/17 11:56URL | まりあ猫[ 編集]


投資小僧さん、みなさん、こんにちわ。
今日の相場で買い足すか、止めるかで悩みましたが、たぶん、買いなのだろうとは思いますが、止めました。今年はもう終了だと思います、来年の1月の前半までに買い場が訪れたら最後の買い足しをする予定です、色々なところからの知識も入れてますが何せ基本が解ってないんです、1年位眺めているのに進歩がありませんね。買い足すなんて偉そうに言ってますが、資金の確保、用意もしませんと。ではまたです。
2009/12/17 11:15URL | ぼのぼの[ 編集]


はじめまして。いつも感謝しながらよませていただいています。買い場が今日から2、3日とおっしゃっていたのが ぴったりで驚いています。おかげ様で現物かなり買えましたが、もう少しかいたいです。半分は1月を待ちますがあと半分は明日買いたいのですが、いくらまでだと買いですか?お忙しいところ申し訳ございません。

2009/12/17 01:17URL | sa-ko[ 編集]


お世話になります。
貴殿のブログを拝見して早6ヶ月。
色々勉強させていただいております。
現物の金を買う方法としては、どういう方法がありますか。
田中貴金属等もありますが、タングステンが混ざっていたり、コインがいいとの話も聞きますが。
投資小僧様も現物が中心で、金鉱株もどういうものをお持ちでしょうか。

 大変申し訳ありません、常連の皆様には大変不愉快な思いをさせるかもしれませんが、
よろしくアドバイスをいただければと思います。
2009/12/16 23:46URL | RUNs[ 編集]


投資小僧さんこんにちは。今回の記事と似た内容を高橋氏の新著でみました。確か去年や今年、COMEX破綻、米国破綻と騒いでいた頃には米の金庫には金がないという論調だったと思うのですが、今日の流れだとリーマンショックはアメリカの仕掛けとでもなりそうな論調です。アメリカには金が沢山あるのかそれともほぼないのか、一体どっちなのでしょう?知っている人はネット上の世界にはいないのかもしれませんが。
2009/12/16 11:34URL | GOLDEN STANDARD[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。