市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








黄金の黄昏


本日23日は貴金属変化日の最終日。17日の新月を経て、20日と23日の貴金属変化日に差し掛かっている。今は安く買った買いを維持しながら、ひたすら急落を待って買うポイントを待つべきであり、ここから先は決して買うべきでない考えは変わらず。NY金日足のチャート上ではダマシのシグナルが連発しているが急落は極めて近いと思われます。天井圏でよく見られる上ひげの長い上影陽線と下ひげの長い下影陰線と陽線が連発していることから、最後の高値を出し尽くして下げ始めるでしょう。現在の価格帯は直近の下げ幅45.1ドルの3倍返し1162.2ドル達成地点であり、エリオットの5波動目エクステンション(最後の強い伸び)が見られる。また、日柄も重要日柄に差し掛かり、本日23日はCOMEX金12月限のオプション納会日。23日までに1200ドルをヒットすれば、先物買いの権利が行使できる取組が28018枚も残っている。つまり、これをヒットさせるために本日まで執拗に買われていた可能性もあるが、本日で期限を迎えるため、明日以降は急落しやすい状況にあります。また、NYシルバーもポイントにさしかかっている。







NY金日足
NY金日足 エリオット5波動 5波目はエクステンションが見られる



>> NY金120分足 <<



NY銀日足 2008年10月~ ストキャスティクス
NY銀日足 2008年10月~ ストキャスティクス







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking








    
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書「ドルの崩壊と資産の運用」、そして、今回、私が最もお薦めする本は米国人の若き歴史・経済学者トーマス・ウッズの著書「メルトダウン 金融溶解」。 とくに8月にまだ発刊されたばかりの「メルトダウン 金融溶解」は、すばらしの一言に尽きる。久しぶりに良書を読んだ気がする。この本は、金投資家だけでなく全ての人が読むべき本だろう。本書では、国際金融資本家の支持するケインズ派の経済学を真っ向から否定し、オーストリア派の経済学者として、誰に金融危機の責任があり、これからどうするべきかを教えてくれる。また、金本位制の重要性、インフレ・デフレとは何か?真の経済学も簡単に学ぶことができるだろう。何回も読み返すだけの価値ある本だと思う。また、FRBを廃止に追い込もうと日夜戦い続けている米共和党下院議員のロン・ポール氏と副島隆彦氏がこの本を推薦している。





Thomas E.Woods Jr  
Thomas E.Woods Jr





1972年米国生まれ ハーバード大卒後、コロンビア大学で博士号を習得。歴史・経済学者であり、現在、経済学のオーストリア派であるルードヴィッヒ・フォン・ミーゼス研究所の上級研究員である。著書「メルトダウン」は2009年3月に刊行されるやニューヨーク・タイムズ紙を始めとする各種のベストセラーランキング入りし、9カ国語に翻訳されている。 HP ⇒ http://ThomasEWoods.com







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  


         

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位



  応援ありがとうございま~す ♪





2009⁄11⁄23 16:45 カテゴリー:テクニカル comment(48) trackback(0)
▲pagetop












コメント



投資小僧さま
体調がすぐれないにもかかわらず、そして、超初心者の愚行にもかかわらず、丁寧でかつ貴重なコメントありがとうございます。プリントアウトして、ラインを引きながら猛省。
今月の買い場で損切りしながら、コツコツ売り玉を減らし、コツコツ買い玉を増やしていきたいと思います。
大手術ですが、きっと輸血(買い玉)により、蘇生できるよう、今後とも投資小僧さまのブログを見ながら、チャートなど勉強していきますので、どうかヒヨッコが育っていくのを見守ってください。
なので、投資小僧さまも一日も早く元気になってブログ更新してくださいね。首を長くして、待ってますよ。

2009/12/07 13:54URL | スノウ[ 編集]

とても参考になりました
投資小僧様 とても とても参考になりました 心を見透かされている思いでした思いきって 質問してみて良かったです これからもずっとファンですので お体に気をつけてください たくさん反省して 頑張ります 本当に有難うございます みらい
2009/12/06 23:19URL | みらい[ 編集]


「まねきねこダックの歌」は個人的にこのブログのテーマ曲と思っています。何十回聴いても飽きませんし、癒されます。
「皆の幸せ祈願」・「それぞれが幸せになるのだ」・「雨の日、晴れの日、曇りの日」等ここのブログテーマに一致していると思っています。勿論まねきねこダック自体も(笑)

別ブログを拝見しました。SAND ARTは凄いですね。まだまだ、知らない世界があります。写真の選ぶセンスも抜群ですね。心にズシンと来る写真が多いです。


聖子違いですが、寡聞にして知りませんでしたが新妻聖子さん(ミュージカル女優)が才能豊かです。一切専門的教育は受けていないらしいです。

ダイヤモンドは永遠に
http://www.youtube.com/watch?v=36uGvxdoh9o

夏は来ぬ
http://www.youtube.com/watch?v=tfOZzOs-uiE

(プロフィール)
2003年夏、5000倍のオーディションを勝ち抜きミュージカル「レ・ミゼラブル」エポニーヌ役で初舞台。声楽的な訓練を受けた経験も無く、役者としての経験も無い新人としては異例の大抜擢であった。ミュージカル女優として華々しいデビューを飾った翌年、超大作ミュージカル「ミス・サイゴン」でヒロインのキム役に大抜擢。豊かな声量と表現力で、来日した海外スタッフからも絶賛された。


2009/12/06 21:36URL | takkun[ 編集]


今日の夜は記事を書きます。明日の朝までにはできていると思います。今、本当に相場の見通しがわかりにくい時であり、迷いも多いですが、少しずつ霧が晴れてきたように感じています。キーワードは出口戦略とボラティリティアップです。今回の米雇用統計の数字は金にとっては後々噴き上げる要因となりそうです。おそらく、今回の異常なほどの改善した数値は15日に開かれるFOMCで出口戦略の発言をするための口実にしたいのでしょう。3日にECBが12月16日を始めとして出口戦略をスタートすると発言していただけにその準備が先進国で始まっているようですね。今の金はとてつもなく強いですが、米国の利上げに対しては神経質なほど敏感。なぜなら、ドルは売られ過ぎています。もし、利上げを実行すれば今までの反動で金は大きく下げるでしょう。それほど利上げの影響は大きいと言えます。しかし、それを4日の雇用統計で露骨に示したことは米政府の失敗でしょう。すでに金価格に織り込まれてしまったと言えます。この下げは1300ドル到達するまでに過熱感を冷ましてくれたおかげで絶好の買い場を投資家に与えるはず。相場のボラティリティが以前にも増して大きくなっているため、例え1日で50ドル下げても大天井にはならず、単なる押しにしかならないでしょう。12月の下げは徹底した買い戦略でいいと思います。今月は15日までFOMCが意識されるので不安定な動きになるはずです。きつい下げは迷わず買いでいいでしょう。上昇トレンド中の中段もちあい形成に入るタイミングです。強気相場の中で訪れた警戒による下げは買い場です。15日の利上げは難しく、3日のECB金融政策会合と同じで、金利据え置きで、長期間の銀行に対する貸付(オペレーション)を段階的に廃止する決定が濃厚だと思えます。利上げをにおわせても、まだずっと先でしょう。今、利上げをすれば、株、商品は大暴落をしてしまいます。再び金融危機に・・ ボラティリティのアップに合わせて分析の方法を調整してみたところ、今回の押しは下げても1110ドルあたりが限界のように思えます。1130ドルあたりが非常に強固な壁ですね。下げても、東京市場はおそらくすぐ買われるでしょう。状況は2005年12月当時とよく似ています。始まりは2005年6月。東京金が世界の金価格を引っ張るという過熱ぶりになり、海外換算価格より60円近く高くなっていたのをよく覚えています。この時、東京工業品取引所が臨時増証拠金を徴収したために1週間で相場は325円暴落しました。これは、売りで苦しんでいた商社が取引所に泣きついたため、相場を下げる政策をとったといううわさが当時流れていました。おかげで多くの買っていた個人投資家がこっぱ微塵となったのです。今でも私はこれを人災だと思っています。真相はわかりませんが、取引所は商社や外資系の銀行優遇という姿勢が昔から見られるのは確かです。NYと同じように取組の内容も今年から公表しなくなりましたので、大口の売買結果は今はわからずです。アメリカの最悪の方法を真似た国際化と言えます。これは個人投資家軽視の政策と言わざるをえません。故に、今度、また換算値からかけ離れるような急騰が起きた時は臨時増証拠金を徴収する可能性があるので急騰時を追いかけて買うのはやめましょう。自分の身を守れるのは自分だけ。この前の夜間立会い停止に対しても、納得いかない人は多いはず。日足、基準線で決済しようとLOで注文を出していた売り方もいたはずです。幻の価格はちょうど反発しやすい基準線で一瞬値がついただけですね。官僚は商品先物市場のプロ化を以前宣言していましたが、まったく意味がわかりません。もともと欧米と違い、日本のプロは商品先物市場をあまり使いたがりません。日本の市場を支えているのは紛れもなく個人投資家です。個人投資家がいなくなれば、仕手市場になり、ほとんどの銘柄が上場廃止になるでしょう。彼らは全くの盲目であり、何も見えていません。個人投資家のために、もっとレバレッジを下げるべきでしょうし、FXのように個人投資家が倍率を自由に変更できるように設計し直すべきです。今、個人投資家がリスクを減らす方法は私が先ほど述べたように自分で欲を抑えて資金配分を調整してリスク管理する以外に方法はありません。今の取引所や国の姿勢をみていると、商品市場は商社や銀行のニーズに合わせて設計してあります。リスクはあります。それを覚悟の上で個人投資家は参加してください。だから、損しても文句言わせないように書類はきっちり書いてもらいます。後は自己責任でやってください。私達、役人は何も知りません。との姿勢なのです。だからこそ、先物投資家はリスク管理を徹底して自分でするべきなのです。そうするならば、大きな損をすることもないはずです。話は戻りますが、2005年、中国の金売買自由化により、ボラティリティは16倍に突然アップしましたが、今再びそのレベルが大きく上がろうとしています。故に、リスク管理は相当やるべきですね。くどいようですが。でないと、相場は上昇を続けているのに負けてしまうことになります。12月、相場は冷静になり、1月~3月は再び強気相場に復活という流れになりそうです。売りは間違ってもつくるべきではない強い相場と言えます。週末、東京金週足で形成された足はボラティリティの変化を強く示しています。
2009/12/06 20:46URL | 投資小僧[ 編集]


○△□さん、リクエストのガラスの林檎アップしておきました。画質はグッドです。

http://seiko77.blog26.fc2.com/
2009/12/06 19:32URL | 投資小僧[ 編集]


takkunさん、いつも貴重な情報や励ましの言葉ありがとうございます。


載せていただいた動画、ほのぼのしていていいですね。もしよかったら、新しくつくったサイトに動画を追加しましたので見てください。新しい動画は最後にくるようにしてあります。3つ追加しました。四季の変化に合わせて動画を構成してみました。

http://tasogare23.blog9.fc2.com/
2009/12/06 17:38URL | 投資小僧[ 編集]


○○いさん、こんにちは


2900円の買いなんて、私なら死んでも離さないでしょう。それは今後取引する上で大切な保険となるはずです。それは○○さんが今身をもってわかっているはず。含み益がある玉を持つことの重要さを。利益を追求するあまり、全部買玉を決済して、次、決済値より安い価格で買い直せる保障はどこにもありません。決済した段階で次買うときは高値で買わなければならないリスクが常に伴います。もし、決済して相場が上がってゆけば、投資家真理としてはあせって再びその高値を追いかけて買う習性があります。欲が勝り、リスク管理を怠れば、いつか必ず大きな損失を出す時がきます。先物投資はロッククライミングと同じと考えてください。命綱を常にもっていれば、死ぬ確率は極めて低いでしょう。しかし、目的地点に急ぐあまり、一瞬でも命綱を離せば、死ぬ確率は100%に限りなく近い。まして、今みたいにボラティリティ(変動率)が大きく変化した相場ではリスク管理が第一優先です。本来ならこんな上昇トレンドが明確な相場で負けるはずがありません。でも、たくさんの投資家が負けています。上がるとわかっているんだけど・・と。
そのうち難しいし、自分には向かないのではと思うようになってしまいがち。しかし、やるべきことがわかっていれば、先物投資は難しくありません。投資家がやらなくてはいけないことは欲と恐怖に打ち勝つことです。打ち勝つためには、リスクに対する準備と自分なりのルールをつくることです。そしてそれを守り抜くだけで勝つことができます。ある意味、自分との戦いです。相場が波動性を持つのは投資家の心理が欲と恐怖に支配されているためであり、それが波として描かれます。故に、欲むき出しの天にも昇るような強い皆が上げ賛成の強い相場では買うと天井になることが多く、皆が下げると思い恐怖に満ち溢れた相場は底になりやすいと言えます。投資家心理は「常に赤信号皆で渡れば怖くない」です。皆と同じ安心できる方向にポジションをとろうとします。故に皆負けるわけです。年金の投資も同じですね。こういった罠に陥らなようにするためには相場を当てようとすることに力を注ぎ込み過ぎないようにすることです。当たっていても勝ててないことは皆が痛いほどわかっているはず。力を注ぐべきポイントは自分自身のリスク管理であり、相場のトレンドに合わせた投資ルールを確立させることです。上昇トレンドでは急騰していて、オシレーターが買われ過ぎの指標を示している時、雰囲気のみ込まれて買わないこと。これは欲のセーブです。そして、相場が急落し、オシレーターが売られ過ぎの指標を示した時、買う。これは恐怖に打ちかつ行為ですね。簡単に見えても、現実は難しいでしょう。人は機械ではなく、感情を持つ生き物ですから、わかっていてもなかなかできないと思います。しかし、訓練でできるようになります。また、自分自身で上昇トレンドであると自覚しているのに売りで勝負するということは買いと売りで両方利益を追求するという考え方に陥っていると考えられます。上昇トレンド時においては下がるかもしれないから売りをつくろうという発想もやめたほうがいいと思います。買いでも売りでも両方で利益を取ろうとするのは2兎追うものは1兎獲ずと同じです。売りは安値の利益がのった買玉を守るヘッジに留めておくのがベスト。相場では欲を追求しすぎると、気付いたら、リスク管理がまったくできていなかったとなっていることがほとんどです。その時に投資家はたいてい大きな損失を出すことが多いものです。魚の頭と尻尾は切り離して、真ん中のおいしい白身だけを食べる感覚で良いのではないでしょうか。もったいないから全て食べてやろうとパクっと食べると、骨がのどにひっかかってしまいますよね。また、危ないと自分で胸騒ぎを感じたら損切りが基本です。意外とそういう直感は当たると思います。上昇トレンドでは買玉は追証で耐える価値はあると思いますが、売りの場合、追証入れる価値はないと思います。傷口がひどくなることがほとんど。間違ったらすぐ逃げるのが鉄則です。



momoさん、こんにちは


それはどう考えてもおかしいですね。10ドル以上の差があるなんて。私は海外先物のことはあまりよくわかりませんが、海外先物は現在CFDという形で取引できるのですが、昔から呑み行為(顧客から資金だけを預って、実際は市場に注文を出していない)をしている会社が実に多かったと聞きます。完全な詐欺であり、もしかしたら、momoさんが取引しているところはわざと10ドル近く約定値を変えてその差(スプレッド)を利益にしているブラック(呑み行為)の会社かもしれません。NY金のリアルタイム価格、買い気配、売り気配が見られるサイトを作りましたので、一度、その板(気配値)を見ながら確認してみてください。気配値にある程度の枚数があれば、その近辺で売買が成立していないとおかしいことになります。おそらく、その業者は手数料とわざと作ったスプレッドで二重のボロ儲けをしているはず。今の時代、リアルタイムで取引できないことは先ずあり得ないでしょう。海外先物の会社は皆さんも特に注意してください。今もブラックの会社であふれていますから。


新しいサイト⇒http://goldman2012.blog52.fc2.com/

リアルタイム・ライブチャートのリニューアル版です。少しだけ前よりサイトを開くのが軽くなったと思います。COMEX(CME)の金価格は時間の誤差0です。他の銘柄も見れます。
銘柄と限月(Select Month)を必ず指定してください。また、世界時計(World Clock)もサイト内に表示しています。New York 時間で8:20~13:30までが日中取引となります。それ以外の時間はNew York Globex(夜間電子取引)となります。
2009/12/06 17:30URL | 投資小僧[ 編集]


ご指導大変参考になりました。
ありがとうございます。
もう一つ皆さんにお聞きします。私はNY金が始めての投資で、3ヶ月になりますが全くの投資初心者で今頃疑問に思うことが・・・・
NY金を撤退して東京金へ変えようかと

日々のチャート!勿論気になりますが、今一番苦しく思うのは、買いや売りを決めた時の値位置です。時間の誤差も冬時間に入り更に差を増し、口座を持つ会社からは毎日午前中に夜の注文を聞いてきますが、このところの金の動きには時間差で軽く10ドル以上の差があります、ぎりぎり待ってもらっても夕方6時までに方針を立てなければなりません。

NY金をやってらっしゃる方は皆さんそうなのでしょうか?殆どが、えっ?と思うような金額の売り買い!それにNYの市場が始まって1時間以内の時間帯でしか買えないようで、NYの先物取引を扱っている会社なので、0時くらいまでは張り付いていらっしゃるものだと思っていました。

その部分だけを考えるとやはり国内の取引の方がリアルタイムで取引が出来る分リスクは少ないのかな?と思う様になりました。
たぶんどの会社もやり方は一緒でしょうが、投資を始める時に解かっていなければならなかった基本なのでしょう。何回か「どうしてこういう買い方?」と聞いてみましたがなかなかしっくりいく答えが返って来ません。
せめてNY金の取引が始まる時間までは余裕が欲しいなーと思いますが、それが海外先物ですか?決まりがあるのでしょうか?
素朴な質問ですみません(/_;)

2009/12/06 01:21URL | momo[ 編集]


いろんなことがあるけれど・・・
http://www.youtube.com/watch?v=oq9ytQ83Bu8&NR=1
2009/12/06 00:27URL | takkun[ 編集]


たけるさん、こんにちは


たけるさんのおっしゃる通りだと思います。



手洗さん、こんにちは


一気に2円以上の円安になったので反動も入りやすく、しばらくは注意も必要かと思います。



ぼのぼのさん、こんにちは


今月、買うチャンスが来るかもしれませんよ



末っ子さん、こんにちは


もはや、この程度の下げでは大天井にはならずですね。米雇用統計がいい熱冷ましになってくれました。



前田慶次さん、こんにちは


返事は記事で書きますね。



うさぎさん、こんにちは


できれば、投資する前に練習でシュミレーションすることをお勧めします。デイトレはテクニカルを駆使して売買するのがベスト。勘ではなく、シグナル通り、機械的にやるのが最終的な理想です。そのためにデイトレの本を1冊読まれてみては。株、FXなどと理論はほぼ同じです。ドル円、ユーロ円、ユーロドルの動きにも注意しながら、5分足から順番に120分足位まで一目均衡表で動きを捉えるのが確実です。金の場合、30分足、60分足を中心に見るのがいいと思います。4月以降、大きな下落が入り、一相場終わると思うのですが、大局で見れば、調整にしか過ぎません。4月以降の動きは、今のところ全く予想がつきませんが、この先どこかで5000ドルは十分ありえると思います。


2009/12/05 22:57URL | 投資小僧[ 編集]


こたさん、こんにちは


たしかに誰でも疑問に思うところ。からくりは、こうです。最近まで米国債を買っていたのは中国や日本、FRB、米銀などです。先ず、中国は世界最大の米国債保有者。買い支えないと保有している国債の価値が著しく下がる危険性があることと、買い支える代償に米政府となんらかの密約を交わしたと聞きます。次にFRB。タコの足食いと同じです。米財務省が発行した米国債をFRBが買い取っていました。最大購入である中国は、昨年末で米国債保有残高が約7000億ドルに達しました。 日本の保有額は中国に次ぐ第二位で約5800億ドル。日中両国の保有額を合計すると、海外で保有されている米国債の40%以上になります。中国が巨額の米国債を保有する理由は以下になります。膨大な外貨準備をドルで保有する中国にとって米国に資金を還流させることで巨額の貿易黒字を維持することができました。2008年末の中国の外貨準備高は1兆9500億ドル程度に達しています。しかし、あまりにもドル安によりリスクが増大したため、中国人民銀行(中央銀行)が金を買い始めたのです。



カレーさん、momoさん、スノウさん、ラミレスさん、こんにちは


今朝、NY金価格は暴落しましたが、正直なところ、東京の下げは今後限定的だと思えます。基準線の通る3240円すら難しいかもしれません。一時的に急落するようであれば、早めに逃げた方がよいでしょう。東京市場は先月末の円高でNYに先行して下げてしまったため、その後の反発が相当強いものとなってます。今週末の週足チャートの足は先週の上ひげ陰線(売りシグナル)を打ち消す太陽線になり、一目の転換線で反発した上、昨年年7月の高値3363円を終値で完全に超えました。これは買いのブレイクアウトであり、強いサインです。通常、これだけ強い足の後に訪れる一時的な急落は買い場となります。参考ながら、私なりの金先物投資で勝つ方法を以下に書きます。


相場予測に頼った投資や損切りできない投資は勝つことができないと思います。基本は投資の心構えです。最も大切なのは戦略とリスク管理。先ず、方針をたてること。何があっても守るべき自分なりのルールをつくってみましょう。例えば、上昇トレンドでは売りをつくらない、このラインを超えれば損切る、口座資金の3分の1以上を建玉しないなど。なんでもいいと思います。そして、勝つ確率を高めるために相場のクセ、流れにあわせた張り方をするべきです。例えば、移動平均線でトレンドを見極め、スローストキャスティクスで建玉、決済のポイントを探るのが有効でしょう。金のサイクルにあった移動平均線は日足で25、50、75日(短期、中期、長期)となります。上昇トレンドに入ると、この3つの線が同時に上昇し、上から25、50、75日の順番で上昇してゆきます。途中道中に起きる押しは基本この3つの線のどれかまで。買うポイントは移動平均線に接触し、ストキャが買いシグナルを出した時です(20%付近からの反転) この流れの時は売りをつくらないのが基本。売りで勝負するのは流れに逆らって投資しているようなものであり、勝つ確率は極めて低いでしょう。胃が痛くなる日々が続くだけ。上昇トレンドでは買いのみで投資するトレンドフォロー型が一番勝ちやすい。また、買いは押しが入っても維持し続けるのが基本。人によってはせっかく利益がでているのに途中で入る押しで含み益が減るのはもったいないと思う人も多いでしょう。しかし、安値の買いを持ち続けることがリスクを減らす最大のコツです。日柄をこなし、25日移動平均線から離れすぎた高値では一部決済し、急落で再び買い直す作業を繰り返すのみです。そして、天井まで動かさない保険の買いを数枚持ち続けるのが有効でしょう。含み益を伸ばすことにより、証拠金の担保能力が強化されるため、上に行けば行くほど、途中で買いを追加しても追証は極めてかかりにくくなります。精神的にかなり楽な投資ができるはずです。上級者になれば、含み益を守るために押しが入りそうな時を見計らって買いより少ない枚数で両建てするのも手です。両建ては含み益が出ている時にこそ有効に力を発揮するもの。値洗いがマイナスの時にするのは意味がなく、手数料が余計にかかるだけ。早めの損切りで出直すのが得策です。自分を楽に導くのも、崖っぷちに追いこむのも自分次第です。それは相場のせいでも誰のせいでもありません。欲をセーブし、勝つことにこだわり、リスク管理がきっちりできれば、先物投資は勝てます。次に波動が下落トレンドの時。この時は3つの移動平均線が同時に下降し、上から75、50、25日の順番で下落してゆきます。この時は売りのみで張るのが基本。買いはつくらず、反発した価格が移動平均線に接触すれば売り叩くのみ。買いと全く逆のやり方になります。最後にもちあい相場。3つの移動平均線に方向性はなく、入り乱れた動きになるのが特徴。2、3カ月以上続くことも少なくなく、この期間は逆張り投資に撤するのみ。頼れるのは直近の高値・安値のポイントを売買ポイントとし、スローストキャスティクスの買い・売りシグナルを忠実に守るのみ。金なら、この期間、新月、満月のアストロシグナルが最も信頼性を示す時でもある。また、オシレーター指標であるスローストキャスティクスの信頼性も高い。スローストキャスティクスは、上昇トレンドの時は買いシグナルのみ、下落トレンドの時は売りシグナルのみ信頼できる。


上記はあくまで私なりの考え。王道は自分でつくりあげる方が揺るぎない自信につながるはずです。自分で決めたルールはすぐ忘れがちになるのでノートに書き留め、常に読み返すのがいいと思えます。売買の記録、リスクある張り方をしていないかのチェック、失敗の反省点、同じ失敗をするところはいつも大体同じことが多いので改善点を書きとめるなどしておけば、日々格段に投資技術は上がるはずです。本当に勝ちたい人は相場に振り回されるのではなく、自分の行動管理がきっちりとできている方でしょう。
2009/12/05 21:25URL | 投資小僧[ 編集]


ブログ主様、恥を忍ん質問します。
身の回りのあらゆる人たちに質問してみま
したが、答えられた人は一人もおりません
でした・・・

中国や、日本でもいいですが、米国債権
を売ると即米国経済崩壊となる。それは
理解できますが。「売る」からには、「
買う」人がいなければ売りようがないと
思います。昔から、この米国債を売る、売る
というフレーズを聞くたびに疑問に感じて
おりました。紙屑になることを百も承知で
売られた米国債を買う人がいるのでしょうか
?たぶんこの質問は初歩中の初歩なのでしょうが、ご質問いたします。
2009/12/05 18:59URL | こた[ 編集]


初コメントさせていただきます。
いつも楽しみに拝見しております。

ここ最近の異常な上げ。
僕は先物で売りポジションを持っていたのですが、
他のブログでも続々と売り方針の方が
損切り撤退、中には買い推奨に変わっていく中で、最後に投資小僧様までもが、
強気に転換されたとき、正直僕も悩みましたが、どうしても今の相場に胡散臭さが漂うので、もう1日だけ待ってみようと思っていた矢先の出来事でした。

皆が強気に転換したときが、相場のピーク等とよく言われますが、正にその現実をまざまざと見せ付けられた思いです。

ただ、投資小僧様が常々言っていた、
今の相場で売りポジションを持つことは非常に危険だというのを身をもって知りました。

金に限らずドル円相場なども非常に不安定な動きをしています。
今後の相場観、楽しみにお待ちしています。
2009/12/05 15:55URL | カレー[ 編集]


とうとう急落!
この下げ幅は調整とはみれませんが調整と捕らえれば、考え方も変わりますね。
低い値位置に売り枚数を持っているため、ここで折り返すのか?更に下がるのか?
とても気になるところですが、ここは欲をかかず損切りが妥当なのでしょうね。
短期で値が戻れの話ですが。

2009/12/05 15:14URL | momo[ 編集]


投資小僧さま
もしかして、入院でもなさるのでしょうか
混乱期にいらっしゃらないのは、何とも心細いですがどうかお体大切に。
私、爆弾(金売り玉)を抱えており、この下げに(下げに利食できない売り玉って…)外科手術(損切)をと
少しでも出血を減らすには、いくらまでさがるものか…
今後は、投資小僧さまのご助言を守り、逆バリなるものは致しません。もう少し早くこのブログ知っていればこんなことにならなかったのに…悔やんでも仕方ないので緊急オペ後、必ず復活してやるぞと。
2009/12/05 15:02URL | スノウ[ 編集]

ご教示お願いします。
こんにちは。
今回初めてコメントに参加させて頂きました。
現在金の先物をやってますが、売り物ばかり残ってしまってヒヤヒヤの毎日です。
幸いNE金は短期天井を打って喜んでたのですが、円安進行も強烈で結局東京金はほとんど変わらずです。
そこでお尋ねしたいのですが、目先東京金は下がりそうでしょうか?
ご教示の程よろしくお願いします。
2009/12/05 14:51URL | ラミレス[ 編集]


末っ子さん、慶次さん、こんにちは うさぎさん、夜にまた返事書きますね。



もう最悪ですね・・。これだけ世間が買い煽りの中、最後まで今は買うべきではないという自分の信念を貫き通すことができませんでした。自分の分析してきたことがもはや通用しない領域に入ってしまったのかと・・でも、納得いかない日々でした。やはり、短期天井シグナルの前兆通りにNY金は動いたようです。でも、東京は強そうですね 今から病院に行きますのでまた夜に書きます。

2009/12/05 09:26URL | 投資小僧[ 編集]

2009/12/05 12:39URL | 投資小僧[ 編集]


中長期で合っていても、もっとも大切なのは日柄ですからね。休むも相場だと思います。
2009/12/05 12:14URL | たける[ 編集]


 金安と円安が重なって、円建てでは思った程の下落にはならないのが妙な感じですね。

2009/12/05 10:48URL | 手先[ 編集]


みなさん、こんにちわ。
10月からなかなか買いの場面を見つけられなくて現在に至ってます。ここまで来ればやや諦めぎめで眺めてます、調整が弱ければもう買えないかも?
2009/12/05 09:57URL | ぼのぼの[ 編集]


金 週足のPPO指数を見ると
2007年11月とほぼ同じような状態になりました。
1ヶ月程度 調整後 来年3月末か4月に天井の可能性があると思います。
でも大天井ではありませんよね。きっと。
2009/12/05 08:40URL | 末っ子[ 編集]


今回の出来事は、投資小僧様のコメントにあった「時期が遅くなった調整」なのでしょうか?それとも「時期が早まった短期天井」なのでしょうか?

アメリカの雇用統計は信じ難いサプライズでしたね!!数値の真偽を疑ってしまうほどです。

どこまで落ちるのでしょうか?
どこで反発するのでしょうか?
やはり中国がカギを握るのでしょうか?
いまの調子だと、1月中旬まで落ち続けて、
当初投資小僧様が予想されていた1050~1100ドル付近まで落ちるのではないでしょうか?
2009/12/05 04:26URL | 前田慶次[ 編集]

はじめまして
はじめてコメントさせていただきます。
いつも記事の更新を楽しみにしております。
私は現在地金のみ所有しておりますが、上昇トレンドが確定したと考え、ネット取引で金の先物取引を始めようと考えております。

とりあえず東京金でデイトレのつもりで始めるつもりですが、初心者ということもあり何かアドバイスいただければ幸いです。

もうひとつ3月までの上昇で1700ドルということですが、その後上昇波動は続くとお考えでしょうか。続いた場合4、5000ドル迄上昇といった意見をどうお考えでしょうか。
2009/12/04 18:44URL | うさぎ[ 編集]


アメショーの太郎さん、こんにちは



高値がどのあたりになるかで目標値は変わります。深く下げ過ぎると、3月に高値を取るのは不可能になりますので、上昇幅の38.2~50%押しまでの範囲になるとみていいのではないでしょうか。仮に1300ドルが瞬間高値とすると、1125~1166ドルが目標値となります。
2009/12/04 15:05URL | 投資小僧[ 編集]


いつも参考にさせていただいております。
16日以降に調整があるとして、今の金の強さからして今後どの程度までの押しが考えられるのでしょうか。
2009/12/04 13:15URL | アメショーの太郎[ 編集]


これだけ強い足が国内週足で形成された以上、ここから下の値段は買いですね。押しは買い。しかし、噴き上がったところは、やはり見送るべき。
2009/12/04 10:40URL | 投資小僧[ 編集]


虎河豚さん、みなさん、こんにちは



最近、コメントの返事がなかなかできなくてすいません。今後は時間を見つけて極力返事するように致します。また、1月は、諸事情によりほとんど返事ができなくなると思いますのでご勘弁を。



11月の私の分析は完敗です。今までの統計学、テクニカル、内部要因などが一切通用しないレベルの波動に突入しています。超上昇波に入ったと言わざるをえないですね。ただ、これでもまだ初期の初動にしか過ぎず。東京市場で一週間に1000円上昇といったとてつもない動きも今後ありえると思います。また詳しく記事に書きますが、今日はこの場で現在の動きを説明します。もうブログを長く見て頂いている方は既にご存知だと思いますが、今年の年初めから言い続けてきました私の予測では、今までと波動レベルに変化はないと仮定して、10月から1000ドル超えの初動がスタートし、二度と1000ドル以下、3000円以下にならない動きに入った後、半年後の3月に最低1350ドルに達するというものでした。1350ドルの根拠は金融危機で暴落した幅の倍返しであり、波動が超上昇波に入っているのであれば3倍返しの1700ドル以上を来年3月に達成すると予想していました。はたして、どちらになるか探っていたのですが、11月、ドル指数が昨年の安値ピーク時に迫る水準に達し、ユーロ・ドルが1.5ドル水準で頭重たくなっていましたので、いったん売られ過ぎたドルが反転し、金にはいい影響を与えないと見ていました。案の定、ユーロ円はユーロ安・円高に傾き、高金利通貨は弱含みました。今までなら資金の逆流と共に金は売られていたでしょう。しかし、今回は違いました。金は通貨の動きに関係なく独歩高となり、過去最高の出来高を記録しようが、瞬間的な暴落をしようがとてつもない動きを見せつけました。これは間違いなく本物の動きです。圧巻だったのが、東京金週足の動きですね。先週の足は上ヒゲ陰線の売りシグナル。窓を開けて、金曜日の夜間取引で3200円割れを一瞬記録。しかし、またとんでもないことをやらかした東工取の失態で立ち会い停止。(投資家はもっと取引所を批判すべきだと思う) この一瞬ついた値から今週約300円上昇。今まで見たこともないレベルの買いシグナルです。昨年7月の高値3363円を完全に買い切っているので、今後は強いです。先週の売りシグナルを完全に打ち消す足ですね。通常、この足はロケットスタートを意味します。来年の春、4000円を軽く超えることを暗示していると思われます。正直、びっくりしました。ただ、3ヵ月間の前半の上昇はまもなく終わりを告げようとしています。サイクルが延び、11月、アストロの新月と変化日に調整を迎えることはありませんでしたが、次の新月前後には短期天井を打つはず。また、今の波動の強さなら12月15日までは短期天井を打たないでしょう。15日は今年最後の米FOMCであり、重要なイベントです。ドル反転のきっかけになるかもしれません。翌日は新月。アストロのインフレサイクルは21日ピークに達します。18~21日は全金融市場の重要変化日となります。1700ドルに向けての超上昇波に入っているのであれば、15~21日の間に短期天井を打ち、1300~1350ドルの水準に達する可能性があります。また、ファンドはFOMC前後で金市場から資金をいったん抜くと思います。その後は急落ですね。16日から約1ヵ月間、相場が不安定になる水星逆行期間に入るため、急落し、もちあい相場に移行することが考えられます。(中段もちあい) この期間の急落時がいい買い場になるのでは。1月中旬から3月まではかなり強い上昇を演じ、3月にユーロドルは1.6ドルに達するとみています。あと、これはブログで何回も何回も言ってきたことですが、もちあい相場と違い、上昇トレンドが発生した相場では、腕に自信のある方以外は先物売りを極力やめるべきでしょう。買い場探しが基本であり、安全な道。上昇トレンドは買い方が圧倒的に有利であり、急落時に買い、高値で売るのが基本。下げる期間は極めて短く、上昇する期間は極めて長い。また、先物を売って翌日から下がる確率も極めて低し。売りの目的は十分利益が乗った買い玉を守る程度にしておくのがよいでしょう。売りだけの勝負は破滅に追いやられる可能性があります。売りで勝負したい人は、必ず安値の買いを持ち(含み益のある買い)、証拠金の担保能力を強化すべきです。枚数も買いより少ない枚数で。
2009/12/04 06:57URL | 投資小僧[ 編集]


いつも参考にさせていただいております。
12/15~以降の急落があったとして、押し目の値位置はどの辺りになるのでしょうか?。

次回の記事で結構ですのでよろしくお願いいたします。
2009/12/04 00:41URL | アメショーの太郎[ 編集]

やっぱりこれは、超上昇波なんでしょうか?
小僧先生、ご無沙汰して居ります。やっぱり、ど偉いクジラが限られた相場に入ってしまったのでしょうか?
2009/12/03 21:17URL | 虎河豚[ 編集]


こんにちは、今日が底値と思ったらまた獏アゲしています。しかし投資小僧さんがいつも常日頃言っている事が、いま起こっている。
毎日、十ドルずつ上げているのには驚きです。押し目を待とうにも、どうなってしまうの。もうどうにもとまらない。
2009/12/03 09:59URL | ひつまぶし[ 編集]


たぶん金価格はまったく別の領域に入ったようですね。
 金管理法の適用の可能性を頭に入れる必要があります。
 グラフを見ると何処まで上昇するか見当がつかない状態です。
 何か大きな波が来ています。今までの常識を捨てることでしょう。
 私は金がいつ暴落するかを図っていますが、当面はないでしょう。先物売ですが証拠金が多く必要となり、買い方も売り方も、その証拠金が増されたとき、下がるか上がるかの判断が必要で、底が一つの勝負時ですが、これはインサイダーでないと無理ですが、近くあるでしょうね。
2009/12/02 13:45URL | kenji[ 編集]


投資小僧様 こんばんわ。

金の調整もふっ飛ばしドルを一撃で轟沈させるとすればイスラエルのイランの核施設への核攻撃、COMEXか、基軸通貨の大変動か、これらのイベントがあれば金の調整は100パーセントないのでしょう。

気になるニュースはアメリカの貧困で食べるのに困る国民の数が中日新聞によれば4900万、栄養状態に問題があり命にかかわる国民の数が1730万だったと思います。これが事実だとすればドルに対する信頼の瓦解の兆候であり、金相場が頑強の裏側なんでしょう。

行き着く先は第二次南北戦争か。
2009/12/01 17:10URL | Stein[ 編集]


最高値更新に向かってるように見えます
2009/12/01 16:51URL | たける[ 編集]

天井指標
NY金の出来高は3日間連続で過去最高を記録。23日に322926枚、24日に398318枚、27日に399752枚となった。NY銀は2008年2月以来の出来高を24日に記録。枚数は92498枚、東京金は27日に101235枚の10万枚超えを記録した。出来高を見る限り、エネルギーの放出はピークに達しています。
2009/12/01 08:04URL | 投資小僧[ 編集]

「Gold Wars」当選者の皆様へ
29日に本を発送しましたので、もう少しだけお待ち下さい。
2009/12/01 07:34URL | 投資小僧[ 編集]


中国「金、10年以内に1万トン保有」 政府高官、外貨準備運用で  30日付の中国紙、中国青年報によると、国務院(政府)国有重点大型企業監事会の季暁南主席は2兆ドルを超す外貨準備の運用について「金の保有量を3~5年以内に6000トン、8~10年以内に1万トンまで増やすべきだ」と指摘した。現在の保有量は約1000トン。ドル安が続くなか、政府内で金の買い増し論が台頭しているもようだ。

 中国の外貨準備高は9月末時点で2兆2726億ドル。うち約7割をドル資産で運用し、金の比率は2%弱にとどまる。最近のドル安を受け、政府内では外貨準備の運用をドル以外に振り向けるべきだとの議論が再燃しており、なかでも金は「安全資産」として評価が高まっているとみられる。

 世界金協会によると、金の保有量(今年9月時点)は米国が8134トンで世界一。ドイツの3408トン、イタリアの2452トンが続く。季主席は外貨準備運用の直接の担当ではないが、今回の発言は政府内の多数意見を反映しているとの見方が多い。中国が金を本格的に買い増せば、最近の金価格の高騰に拍車がかかる可能性もある。(北京=高橋哲史)
2009/12/01 00:26URL | FP[ 編集]


調整の底は、今週末~来週にかけて(12月3日~10日?)というところでしょうか?
2009/11/30 19:18URL | きつねうどん[ 編集]

金、戻り売り相場に
以下の記事一部訂正。直近の上限日数→直近の上昇日数
2009/11/30 10:07URL | 投資小僧[ 編集]

ドバイ・ショック
今まで強気一貫だった私が3200円(東京金)を超えてから、急に弱気になったので驚かれた方も多いでしょう。しかし、先行きの見通しは強気に変わりはなく、今は単純に買い場でないと見ているだけです。高値は熱狂的なアングロサクソンの人達に買わせて、私達は急落を待ち、安値を買い拾うのみです。コメントでも何回か書きましたが、ドルと円はユーロや新興国通貨に対して売られ過ぎの状態にあります。今月半ばから、これらの資金が逆流をし始める兆しがあったため、金にとっては極めて危険な状態にありました。すなわち、資金の逆流が始まると、急激な円高が発生し、今回のドバイ・ショックのようなことが起きるわけです。予期できなかった出来事ではなく、十分予期できたことと言えます。通貨の資金移動が逆流する時、必ず何らかのショックが起きます。先週、ドル円が直近14年間の高値87円12銭を超えましたが、この瞬間が先ずショックのシグナルです。95年の79円台まで節目はなし。すでに今月初めからユーロ円の動きにその兆候は出ていた訳で、ユーロ円に連動する東京金はユーロ円に逆行して上昇していました。しかし、先週からユーロ円週足の一目均衡表は遅行スパンは陰転し、急激な円高を示唆。インド中銀の買いやオプション絡みの買いでNY金価格は全通貨に対して独歩高でしたが明らかに買われ過ぎ。月足ボリンジャーバンドのバンド上限を100ドルも上回る状態にあります。いくら金と言えども、これはやり過ぎです。調整が入って当然と言えます。新月やアストロの変化日に天井打たない相場は月末に天井をつけ、月前半で急落する習性があります。これは上昇トレンドを維持するために月末を相場が意識しているためです。簡単に言うと、日柄の調整ですね。また、今回のようにわずか1日で1130ドルまで暴落した相場が、その日のうちに40ドル以上反発して終わった動きに対して、「金はやっぱり強い!」と考える見方は極めて危険。通常、高値圏でこれらの動きをした時は天井を意味します。この日、急激に暴落したユーロが反動で戻し、全ての商品価格が反発しました。金も同じ意味での反発です。チャート上では下ヒゲの長い下影陰線が形成されたため、高値で先物買いをしている投資家は本日が最後の逃げ場になる可能性あり。相場の神は一度だけ逃げるチャンスを与えてくれることが多いものです。また、今回の急落は直近の上昇幅の38.2%(黄金分割比)押しのところで反発したので、調整終了と考える人も多いようです。これもまた誤った見方です。フィボナッチ級数(黄金分割比)とは自然界に見られる普遍の比率であり、この比率により調和が生み出されます。相場でも美しい波動のリズムを保つため、この法則は機能していますが、値幅だけを見るのは全く意味がなく、時間軸を見ることが最も重要です。わずか1日で38.2%も暴落するような相場は強い下落圧力がかかっている証であり、通常は5~10日の時間をかけ50~61.8%押しまで下げてゆきます。黄金分割比を分析に使うなら、直近の上限日数に対して、黄金分割比を乗ずることが必要です。今回の目標値は東京金で3106円(週足転換線)付近が考えられます。NYで1100~1110ドル。深押しするなら、3030円付近もありえるかもしれません。3110円以下は強気の買い場でしょう。しかし、値がつくのは一瞬だと思いますが。


ドバイ・ショック自体は、あくまでも膨れ上がった風船に針を刺したようなものであり、経済全体に与える影響は軽微だと思います。しかし、これは氷山の一角でしょう。もし、私が上記で述べたことが全て覆される動きをするならば、超上昇波に入ったと言わざるをえません。しかし、その可能性はまだ低いと思います。
2009/11/30 08:32URL | 投資小僧[ 編集]


こんばんは、いつも楽しく拝見させて頂いております。
また、貴殿のテクニカル分析の説明は、私のような初心者にはとても勉強になります。
さて、1195ドルと当初予想していた値位置よりもかなりオーバーシュートぎみの高値となってしまいました。 
また、昨日の安値1130ドルは、10/29の1026ドルを起点とした今回の1195ドルの上げ幅の38.2%押しのラインでの反発となっており押し目完了(?)ともとれるような嫌らしい値位置でした。
RSIも85%から一気に76%まで落ちてきていますし、こうなってくると当初予想していた1110ドル付近までの押しは期待できないようにも思えるのですが如何でしょうか?。

2009/11/28 22:48URL | アメショーの太郎[ 編集]


justiceさん、こんばんは。
justiceさんのお説に同意いたします。確かに金だけがシステム障害(笑)とは都合が良すぎます。システムの専門家の意見も待ちたいが、同一システム上で特定のものだけがダウンするのは素人目にも可笑しい。ああいうものは基本システムが同一で銘柄のみが異なるので全体がダウンしなければ可笑しい。
大手銀行でもシステムの失敗はトップの首が飛ぶ昨今ですので、責任問題に発展するべきでしょう。金融庁の検査も入るべきでしょう。
東京金融先物取引所のトリック365(正式名称はくりっく365)の南ア問題にしろ個人を標的にした金融テロが堂々と行われているのは法治国家の先進国とはとても思えない。
米国の従属国家としても悪いところは別に見習わなくても良いと思う。
2009/11/28 18:44URL | takkun[ 編集]


所詮、相場は作られるもの。

今回のシステム障害?プログラムは=ストップ安が依然として、存在するということであろう。つまり、CB2回連続はありえないことも証明された。

要するに、株式会社東京工業取引所の自由な意思で相場を自由に操作できるという意思を確信的に表明したのである。

今回の一代巾は3370-3003=367
今回の停止値は3198
3370-3198=172
172/367=46.866485013 %
つまり、一代巾の約45%同日下落で取引停止プログラムが起動したということ。

多くの外務員はブログなどで、今回の問題を一切批判していない。
結局、大口投資家の損を招くような場合、相場を操作し、プログラムは一部の権益者保護の為に裏プログラムが仕込まれているということである。

株式会社東工金の役員、理事、大株主がどういう人間で構成されているか、調べればその裏の闇が出てくる。どうせ、官僚の天下り、通産省、農水省のOBで占められ、その周りに取り巻く、裏の資産家達がごっそり今回も買いポジを持っているのだろうと思われる。

みんなで集団訴訟でもおこして、取引停止当日のログファイルの開示、プログラムの開示を強制的に開示させればそれが暴かれるだろう。

所詮、相場は博打なのである。胴元がいて、素人は担がれ、おだてられ、金を出したら最後、「ありがとう」の一言で、その次は「はいさようなら」。

これは株も同じ。株などただの紙切れに勝手に数字を印刷し価値があるものと思い込ませて、買わせてる過ぎない。紙幣も同じ。

最近のGOLDの上昇は平民がそれに気づきだしたに過ぎない。

今後の展開が楽しみだ。
東工金の幹部連中はどう責任をとるのかね~・・・。

システム障害ならば、それを作ったシステム会社と保守、それを管理する権限のある東工金に責任があろうというもの。

みんなで集団訴訟起こせば楽しいドラマがみるられるであろう。

もっとも、株式市場が低迷している中、証券会社は先物市場を疎ましく見ているに違いない。これを契機に先物より、システム操作の少ない株式市場へ。なんて証券マンはみているだろうか?

週明け、月末が楽しみだ。
みなさん、安いときに買って、高値出る。

で利益が出たら、ためて、現物を買いあがれば売り、先物も売りポジを持ち、下がれば利益が出たら、現物と先物を買う。

買いどころは・・・。売りどころは・・・。これを繰り返せば、1年で資本の10倍に増えるでしょう。


買いどころのポイントは・・・・・あたりです。

・・・部分は秘密ですね。この部分を知れば、株式市場は不要。先物市場の恐るべき利得システムは金融商品のなかでダントツですね。年利3650%なんて商品、どこにもありません。すごすぎます。
私が約1年で検証した結果による方法です。

これを知れば銀行は住宅ローンを組む場所にすぎず、現金を金融機関あづけるなんて事が、如何に馬鹿馬鹿しいか、きずいてしまう。

現行の金融システムは公定歩合が0.1%なのに、さらに安い金利で金を集め、100倍から10000倍という高い金利で金を貸す。平民がいつまでも貧乏な理由はここです。だから、銀行から一切かねを引き出し、安い金利のところで金を借り、金地金を安いときに買えば、利益が出ます。

金融支配者がGoldを悪く言う、マスコミを支配し、かねを握らせ、悪い記事を書かせるのはそのためなんですね~。
で失敗したのが、サブプライムローンなどのデリィバテイブ商品。要は紙切れです。
いくら能書きこねても、所詮、紙切れ。
私も含めて、多くの平民がこれに気づかずにいただけなんですね~・・・・・。



2009/11/28 16:30URL | justice[ 編集]


調整の底はいつごろでしょうか?コメントお待ちしています。
2009/11/28 15:17URL | きつねうどん[ 編集]


sunsetmoon2020様

はじめまして。

今回の東京金→取引停止は、何処からか圧力が掛かったのではないでしょうか、このタイミングでシステムトラブルとは都合が良すぎですね、結局一般の投機家は利益が出せず不利な立場にあり、一般の人達は、商品先物だけではなくその他の金融商品からも排除されていくのではないでしょうか。 
2009/11/28 03:33URL | ひまわり[ 編集]


皆さん「はじめまして」です。
NY金は連騰中ですが、円高がどんどん進行すると、東京金はストンと下落してしまいそうで怖くて買いすすめられません。やはり投資小僧様の言うように、3000円以下の時点で沢山買っとくべきでした・・・。 皆さんの健闘を祈っています。

2009/11/25 23:43URL | りあん[ 編集]


何時も読ませてもらっています。
初めてのカキコです。
これはついにきたのですかね?
2009/11/25 22:31URL | ya[ 編集]


こんにちわ2
底値で買いを狙ってるのになかなか下がりねせん、それどころかまだ上がってます、
まあ、もう少し待つしかないですね
2009/11/24 09:32URL | ぼのぼの[ 編集]


こんにちわ2、
次の底値で買いを待っていますが、なかなか下がるどころか、まだ上がってますね。
まあ、じっと我慢でしょうか、
2009/11/24 09:19URL | ぼのぼの[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。