市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








数千年輝いた金は決して死なない 


今後、金の価格は、NYで1000ドル以下、東京で3000円以下に出会うことが再びあるだろうか?私はもう二度とないと思う。以前から話していたように10月以降はもうないだろう。通貨インフレのレベル、テクニカル、アストロロジー、どれを見ても、個人的には不可能だと感じる。現在の1000ドル少し超えた価格は本来あるべき姿ではなく、真実の価格ではないのだ。故に一度1000ドルを完全に上放れたら、蓄積されていたエネルギーは解放され、本来あるべき価格に急いで到達しようとするタイムサイクルの力が猛烈に働くのが自然な姿。サイクルに反する力を人工的に加えた場合、反作用の力は大きくなり、決められた時間に価格は意地でも到達しようとする力が働く。その力がスーパーインフレをもたらすのであろう。米CPI(消費者物価指数)によるインフレ調整をすると、1980年1月の850ドルは現在の2200ドルに相当する。(ミネアポリス地区連銀のインフレ計算機使用⇒HP) しかし、このミネアポリス地区連銀が発表しているインフレ率はかなり怪しい。実際は、6000ドルを優に超えるはずだ。(世界各地の経済学者の調査に基づく) 今、私がみなさんに言えることはただ一つ。宝飾品需要の落ち込みやファンドの買玉の多さに気を取られていると、相場の見通しを見誤る可能性が高いということです。現在、金価格を決定しているのは通貨としての側面であり、一番見なくてはいけないのは、通貨のファンダメンタルズでしょう。通貨と金の関係は表裏一体。もともと通貨は金の「預り証」 昔は、金を銀行に預けた証として紙幣を受け取っていました。そして、金の裏付けがありました。金と交換できるのなら皆が安心だったわけです。しかし、1972年のニクソン・ショック以降、皆が使っている通貨は何の保証もないただの紙切れ。しかし、金と交換できる兌換紙幣でなくても、「通貨=金」の関係はどんなことがあっても切ることはできない。なぜなら、金と通貨の兌換を停止した張本人が、金を最も恐れ、絶対的な価値を認め、保有することを決してやめようとしないからです。つまり、国家、及び、中央銀行は金以外の通貨を決して信用していないということでしょう。私達国民には、金は単なる金属だとプロパガンダをする。しかし、彼らは最も金を崇拝している。その証拠に多くの中央銀行は金を保有し、金の価格をコントロールしようとしてきた。しかし、1972年以降、彼らはそれをやり過ぎてしまった。結果、通貨はとてつもなく暴落している。しかし、金の価格が安すぎるために皆がそれに気付いていない。しかし、これからは違うでしょう。そのスタート地点が今であり、これから金をめぐり国家の中央銀行同士で金を奪い合う「Gold Wars」が繰り広げられると思う。やがて、その買いは連鎖反応を生みだし、本当の通貨が何であるか、人々は気付くでしょう。紛れもなく金だということを。 人気 Blog RankinG







米ミネアポリス連邦銀行HP2
米ミネアポリス連邦銀行のホームページ クリックで飛びます







インド中銀に金200トン売却=IMF(国際通貨基金)




11月2日、IMFは売却予定としていた金塊403.3トンのうち、半数の200トンをインド中央銀行に売却したと発表しました。現在、インド中央銀行は外貨準備金に占める金準備の量は557.7トン(9月時点で357.7トン)。つまり、インドが買ったことにより、他国の中央銀行もドル下落防衛のため、大幅に金塊を買い増す可能性が出てきました。その先頭に立つのが中国、ロシアと思われます。インドの買い取り平均価格は1045ドル。売却価格は67億ドル(約6050億円)で、10月19~30日に買い取りを実施した。





世界各国の中央銀行金保有ランキング







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







テクニカルは強気、金に残された道は生か死、二つに一つ




現在、3つの移動平均線の上昇拡散の動き(上昇エネルギー解放を示す)がスタートしてから、押しは25日移動平均線までとなっている。NY、東京ともに同じ動きであり、今後もこの動きは続くと思う。仮に1200ドル付近に到達し買われ過ぎの状態であれば、50日移動平均線、もしくは日足の基準線まで下がることも想定をしておくことが必要でしょう。もしかしたら、振動が大きな上昇相場になるかもしれない。なぜなら、現在、ユーロに対して、ドル、円、同時安の流れに入っているため、調整が入る場合、どうしても、ユーロ安、ドル高、円高、NY金安の流れになりやすい。故に、東京金の調整も深くなるということがここ数日の動きでわかった次第です。ドル安・円高トレンドの動きの中での東京金上昇は、押しが浅くなりやすい、しかし、今はそうではないので、押し目買いを徹底し、何日か上げ続けた後に買うのは控えたほうがいいと感じます。次に、中期的なトレンドは強固な上昇トレンドを描いていると思う。本日NY金は1087ドルを超え、再び最高値更新したことにより、週足の転換線(一目均衡表)は1046ドルまで上昇。サポートラインは1046ドル付近まで切り上がったということになる。今、金のテクニカルとサイクル分析から考えられることは今後中途半端な動きは先ずないということです。900ドル台まで下がれば、金の買いは全面撤退すべきでしょう。押し目も買う価値なしです。これは金の死を意味し、全世界の人々が金の戦争に負け、通貨発行権をもつもの達に屈服したことになると思います。その場合、700ドルを先ず短期で目指し、最終的に300ドル付近まで下げると思う(⇒) 900ドル台に入れば、物理的に1000ドルを再び超えるのは極めて難しいでしょう。逆にこのまま1000ドルを割らずに上昇してゆくのであれば、上昇の目標値は果てしなく高いと思う。際限は見えない。正直、どこまでゆくのかもわからない・・。「Gold Wars」の著者フェルディナント・リップスが言うように月まで届くのでしょうか。わからないほど、通貨はバブルを起こしている。今言える予測値は、より現実的な線として、波動のレベルが今までと同じと仮定した場合、来年3月頃に1350ドルを目指すという控えめな数値となります。真の上昇が始まれば、1日で100ドル、200ドルの上昇はあたりまえになり、2000ドルを数カ月で簡単にこえて行く動きは避けられないでしょう。その時は金地金・金貨の入手が難しくなるかもしれない







BBB_20091104032341.png
NY金日足 は25日、は50日、は75日移動平均線、STO 




東京金日足(当限) 青は25日、赤は50日、緑は75日移動平均線、STO 11-3
東京金日足(当限) は25日、は50日、は75日移動平均線、STO




生か死
NY金週足 一目均衡表 青は転換線(1026.6ドル)、MACD







太陽活動が示唆するスーパーインフレ 




3日は満月、テクニカルとアストロロジー(金融占星術)の示すものは基本通り、押し目買いでした。明日の夜、アストロをテーマとして詳しく書きます。お楽しみに!







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







    
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書「ドルの崩壊と資産の運用」、そして、今回、私が最もお薦めする本は米国人の若き歴史・経済学者トーマス・ウッズの著書「メルトダウン 金融溶解」。 とくに8月にまだ発刊されたばかりの「メルトダウン 金融溶解」は、すばらしの一言に尽きる。久しぶりに良書を読んだ気がする。この本は、金投資家だけでなく全ての人が読むべき本だろう。本書では、国際金融資本家の支持するケインズ派の経済学を真っ向から否定し、オーストリア派の経済学者として、誰に金融危機の責任があり、これからどうするべきかを教えてくれる。また、金本位制の重要性、インフレ・デフレとは何か?真の経済学も簡単に学ぶことができるだろう。何回も読み返すだけの価値ある本だと思う。また、FRBを廃止に追い込もうと日夜戦い続けている米共和党下院議員のロン・ポール氏と副島隆彦氏がこの本を推薦している。





Thomas E.Woods Jr  
Thomas E.Woods Jr





1972年米国生まれ ハーバード大卒後、コロンビア大学で博士号を習得。歴史・経済学者であり、現在、経済学のオーストリア派であるルードヴィッヒ・フォン・ミーゼス研究所の上級研究員である。著書「メルトダウン」は2009年3月に刊行されるやニューヨーク・タイムズ紙を始めとする各種のベストセラーランキング入りし、9カ国語に翻訳されている。 HP ⇒ http://ThomasEWoods.com







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  


         

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位



  応援ありがとうございま~す ♪



※ Real time ライブチャートは、システムに負担をかけ過ぎてしまうため、ブログ左端にある金価格・投資分析ツールの欄に移動しました。







2009⁄11⁄04 03:30 カテゴリー:Gold comment(11) trackback(0)
▲pagetop












コメント



新型(豚)インフルエンザは、アメリカ史上最大級の隠蔽工作

(以下引用)

豚インフルエンザ騒ぎのインチキについては既に多くの情報が流れているが、このブレイロック博士の調査報告は、公式情報に基づいて記述されているところに大きな意味がある。少々長いが、憶測・深読みは控え目にして、事実を忠実に追いたい方には必読である。



<注目ポイント>

1.妊婦へのワクチン接種の問題(流産、奇形児などの可能性)

2.H1N1の感染力・病原性がいかに微弱であるか(CDCの統計テクニック)

3.ワクチンの安全性検証は、ワクチンメーカーの社員によって7日間実施されただけ

4.他の様々なワクチンと同時接種の危険性(特に乳幼児)

5.基礎疾患、肥満、喫煙などと重症化・死亡の関係



このように米国では医療関係者からもワクチン反対意見が出始めており、世論調査では半分近くの人々がワクチンを受けない意思が示しているそうだ。タミフルのように、結果的に新型ワクチンの最大顧客は日本だった、なんてマヌケなことにならないことを願う。


http://tamekiyo.com/documents/mercola/swineflu.html
2009/11/08 19:33URL | takkun[ 編集]


日本人諸君ここを見たまえ。

とまた偉そうに言う。しかし、とてもいい事が書いてあるのであえて投稿する。

http://www.nikaidou.com/2009/11/post_3770.php#more

お願いだ、見て欲しい。そして、考えて欲しい。広めて欲しい。ただ、それだけだ。
2009/11/06 00:36URL | justice[ 編集]


昨日の夜は記事を書いている途中で力尽きて・・ 今晩中に仕上げます。


今朝、FOMCの声明は0金利維持方針。
今晩、英中央銀行(BOE)が21時に、欧州中央銀行(ECB)が21時45分に政策金利の発表をします。東京金は先日コメントで書いていた3200円を本日達成しましたので、瞬間的な急落が入りやすいポイントでしょう。市場が欧州時間になれば、金は今晩のイベントを警戒して下げやすいのでは。しかし、今晩(23時まで)の下げたところは買いだと個人的には見ています。オシレーターは買われすぎの状態でないため、17日の新月まで急落は買い方針。ただ、今月、3200円以上では買わないほうが良いと思う。波動のレベルが9~10月と同じであれば今月の限界高値は1110ドルの見通し。波動のレベルがワンランク上がれば1110ドルを超えてゆくでしょう。今は相場のモメンタム(勢い)が変化するのを待つのみ。変化が強くなれば真の上昇相場が始まるでしょう。
2009/11/05 12:58URL | 投資小僧[ 編集]


お詫び


記事の情報が一部間違っていました。

インドの金準備は現在557.7トン(9月時点で357.7トン)
2009/11/05 05:06URL | 投資小僧[ 編集]


94円でポジション持ってます。
憂鬱。
2009/11/04 22:28URL | へたれ[ 編集]


こんにちわ!
金相場めちゃくちゃあげてますね。
どこまで上げるんでしょうか。

これからも参考にさせてください!

>>応援ポチっ
2009/11/04 21:28URL | 金ちゃん[ 編集]


投資小僧様 こんばんわ

チャイコフスキーの1812年という曲はナポレオンのロシア遠征でロシア軍が侵攻してきたナポレオン率いるフランス軍を冬将軍やコサック騎兵、ロシア軍将兵の頑張りでロシアの領土から駆逐する様子を描いたものですが、今の我々の金や経済を巡る戦いそのものではないでしょうか。

無条件降伏にまで相手を追い詰める事になるでしょうし、金融敗戦となれば米国は敗戦国としての責任は当然に取らされると思います。ロシアや中国はそんなに甘くないでしょう。アラスカは奪取されるかもしれません。

http://www.youtube.com/watch?v=u2W1Wi2U9sQ
2009/11/04 19:48URL | Stein[ 編集]


いつも わくわくしながら拝読しております。
900ドルまで下落したら金の復活の見込みは無く700ドル・300ドルへと転落するだろう・・・金には生か死しかなく中途半端な値位置は許されない、との貴殿の分析・・・大変強烈な分析でありとても興味深いです。
900ドルまでの調整の可能性は多くの専門家(?)が述べていますが、そうなってもその後は明るい見通しを立てられています。
貴殿は、現在の金はもう900ドル台にすら下がることは許されないほどの強さを持っているということだと思います。
殆どの方が、700ドル、300ドルという見通しは持っていないと思いますので、残された道は貴殿の主張どおり、金は猛烈に上に行くしかないということなのでしょう。
2009/11/04 12:25URL | アメショーの太郎[ 編集]


投資小僧様。おはようございます。

更新楽しみにしてました。一年くらい金には注目してたので、ここ最近の強さは正直すごくうれしいです。

応援してます。
2009/11/04 07:17URL | nojit[ 編集]


~「幸せと~、聞かないで~ぇ~・・・」

松田聖子自信が一番好きな歌(80年代当時)が「Sweet Memories」と聞いている。私は聖子と同い年。リアルで聖子を見ていた。ベータで保存してある聖子の映像は数知れず。「松田聖子可愛いよね?」と女の友達に聞くと返ってっ来たことばは「何、あのぶす、ぶりっこ!、泣いてるのに、涙出てないし・・・」(80年代当時)・・・・(@@!。・・・トホホ。


いま、ラジオで流れる曲は「赤いスウィートピー」がほとんど。
なぜか?

作詞は松任谷正孝。作曲は朽ちたカルト?
あれ?ちがった、呉田軽穂。
そう、彼女の本名は松任谷由実。
旧姓は荒井由実。
その昔、故鈴木ヒロミツのグループでバックコーラスを歌っていたとか。
ラジオ番組で彼は「あの女、歌はへたくそ、不細工で、センスも悪く、声も最悪だったのに、今では、あんなに売れて・・・・」と言っていた。

ユーミンと呼ばれ、親しまれ、確かに歌は下手なので「コンピュータ合成しないと聞けたもんじゃない」というのは、ライブに言った友人の弁。笑

でも、なぜ、NHKをはじめラジオでは「赤いスィートピー」しか放送されないのか?
ここでも裏があるからだ。それを言うと、北野誠になるから黙っているが・・・。

聖子の歌は、どれも好きだが、個人的には「ガラスの林檎」が大好きな曲のひとつ。
ブログにUPしてくれると嬉しい。

ペンギンズバーのキャラとCMは超大好きだった。聖子の曲がはまりすぎてて、最高だった。

サントリー。上場せずに一族が支配を続ける会社。どれほどの闇世界とつながっていることか・・・。それもキリンと合体せねばそろそろやばい。非上場会社の闇決算。キリンの運命がかかる。

そして、やばい時に動くのがGOLD。

もう、これ以上言わないことにした。
自分だけが儲かればいいと思うことにした。
自分と自分が愛するものだけが生き残ればいいと思うことにした。

今年の利益目標は5千。
来年は大台の億。

そろそろ法人化しないと税金がやばい。

今年は、聖子のデイナーショーに行きたいな。・・・アリーナ席で。

みんな~、GOOD LUCK !



2009/11/04 06:26URL | justice[ 編集]


みなさん、たくさんの気遣いの言葉ありがとうございました。あまり無理しないように頑張ります。justiceさん、お気持ちよくわかりました。私もこれ以上言うつもりはありません。これからも応援よろしくお願いします。また、いい情報あったらぜひ投稿してください。
2009/11/04 03:49URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。