市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ハイパーインフレーション


Marc Faber on CNBC (July 16,2009)

Marc Faber:there will be war and Hyperinflation





Marc Faber
>>I Am 100% Sure that the U.S. Will Go Into Hyperinflation<<
May 27,2009




Marc Faber on Bloomberg News (June 29,2009)

Buy Gold Before hyperinflation will eat up your savings







米著名投資家マーク・ファーバー博士(経済学者)が、ここ最近過激な発言を繰り返している。 「アメリカで向こう5年から10年以内に100%ハイパーインフレが起き、ジンバブエのようになる。20%のインフレが起きれば、簡単にハイパーインフレに移行する。身を守るため金に投資しなさい!」という内容だ。過激な発言だが、天地がひっくり返らない限り天文学的な借金を返せない今のアメリカの台所事情を見ると、あながちハイパーインフレも現実とかけ離れた話ではないだろう。FRBを構成する各連銀の総裁は今年に入ってから必死でデフレを心配する発言をしているが、将来的なインフレを心配して金を買う人が増えてきているようだ。







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







金価格の見通しは非常に明るく、テクニカル上、先週の上昇と今週の940ドル突破によって暴落する心配はなくなったと思う。しかし、1000ドルの壁を突破するには足元で大幅に減った実需の買いを上回るさらなる投資需要の増加が必要だろう。インドのボンベイ・ブリオン協会によると、今年上半期のインドの金輸入は61.8トンで、前年同期の139トンを56%下回った。需要低迷は明らか。さらに価格はもちあいを示唆する三角もちあいに移行しているため、950ドル前後で価格が動かなくなる可能性がある。おそらくこのもちあいを経て、価格は1000ドルを突破してゆくと思う。短期的には以下週足チャートで見ると、三角もちあいのトレンドラインとバンド上限(ボリンジャーバンド)が交差するラインが980ドルであることから、今月22日新月前後から週末にかけて目先の天井を打つかもしれない。まだ1000ドル超えるには早く、現在の上昇は970~980ドルが限界と思える。       人気 Blog RankinG




NY金週足テクニカルチャートNY金週足テクニカルチャート(クリック拡大できます)







高値に抵抗ラインがあるのと同時に下値もしっかり支えられている。NY金週足の基準線(904.6ドル)が強固な支持線であり、
ドル指数は崩壊寸前にある。     人気 Blog RankinG







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







NY金週足 一目均衡表、MACD
NY金週足 一目均衡表、MACD







ドル指数週足 一目均衡表 MACD
ドル指数週足 一目均衡表 MACD







NY金月足 2000年~
NY金月足 2000年~

ドル指数月足 2000年~
ドル指数月足 2000年~









下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖夫氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪





ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄07⁄21 00:50 カテゴリー:Gold comment(7) trackback(0)











コメント



aさん、おはようございます。



もし、破産、ハイパーインフレ、デノミがあった場合、私は個人的に金保有は役立つと思っています。人々は金に殺到するでしょう。先進国で国家による金没収や売買停止なんて行われたら、まず暴動が起きますし、産金会社や田中貴金属のような会社も抵抗するでしょう。昔より現代は金のマーケットははるかに大きくなり、一般人の金売買が自由になった今、そう簡単には以上とりあげた事はできないと思います。まして、そうせざるを得ない環境は通貨を含めてほとんどのペーパー資産が紙屑同然になっている状態ですから、最後に資産として生き残るのはやはり金でしょう。国家権力がどんなに強権政策をとろうとも、人々が金に真の価値を見出しているわけですから、国が金の売買に対してあらゆる禁止をしようとも、さらに金の価値は高まり、人々は市場通さずに、闇市場や個々の商行為で金を売買すると思います。金の絶対的価値は何があっても普遍です。これは歴史の中で戦時中や混乱時に証明しています。つまり、人々は究極の状態において金に真の価値を見出す傾向を今も昔も数千年以上備えているということです。国がすることを恐れていたらこの先何もできないと思います。どういう状態がこようとも、やはり自分の身は自分で守るしかないと考えます。ただ、あくまでもこれは私一個人の意見なので、やはり自分が一番信じられるものに資産を託すべきだと思います。



2009/07/25 11:50URL | 投資小僧[ 編集]

オバマはユダヤの操り人形?
Steinさん、こんにちは



イスラエルとイランによる戦争は十分可能性があると思います。大義名分があれば、イスラエルかアメリカが仕掛けるのではないでしょうか。オバマは、大統領選挙前、イスラエル・ロビーに対する演説でアメリカによるイラン攻撃は十分可能性としてあると発言したのはご存知ですよね。オバマにとっては内心に反してユダヤ票を獲得するための苦汁の決断だったのか、もしくは本心から言ったのかはわかりませんが、私の知る限りでは、オバマは世間が思ってるほどクリーンな人物ではないみたいです。若き無名の人物が国際金融資本家に目をかけられて大統領になった点では、カーター大統領と共通する部分が多いと感じます。オバマの資金源は、ロンドンのロスチャイルド、そしてロスチャイルド系のゴールドマン・サックスのオーナーである米上院議員ジェイ・ロックフェラーであることを考えると、どうしても彼らの意向に沿った政策を出さざるを得ない。アメリカ国内、及び海外での兵力に対しても、増強するような発言を何回もしていますので、基本的にはブッシュと変わらない感じがします。
2009/07/25 00:09URL | 投資小僧[ 編集]


お久しぶりです。
アメリカの国家破産、怖いですね。
アメリカが破産すれば米国債を大量保有しいる日本の破産は確実ですね。それでなくても借金大国なのに。
ロシア、アルゼンチン、メキシコなど実際に破産したこともありますし他人ごとに思えない。
もし、破産、ハイパーインフレ、デノミがあった場合、金保有は役立つと思われますか?
現物を買い増そうか悩みます。
2009/07/24 14:28URL | a[ 編集]


投資小僧様 こんにちわ。

そろそろイスラエルによるイラン攻撃で原油、金などの商品相場だけは暴騰するというパターンになっていくと思います。

そうなったら米国債を保有している日本も超円安と言う事になるでしょうね。

投資小僧様はイスラエルとイランによる戦争は起きる可能性を感じていますでしょうか?
2009/07/24 13:47URL | Stein[ 編集]

金、強気見通しに変化なし
チョビさん、こんにちは。



たしかに金ETFの買い残高は順調に減り続けています。私は上場来のデータをずっと見てきていますが、傾向として底打ちが近い時は減って、天井に近づくと急激に残高が増える傾向が見られるます。他の指標に比べれば、価格との相関関係は低いと言わざるを得ません。今の減り具合なら、あまり気にすることはないでしょう。おそらく、どこか特定したファンドなどが価格に影響を与えないように少しずつポジション整理しているのではないでしょうか。これは完全に私の憶測ですが。



記事にも書きましたが、短期的な予測としては、1000ドル超えるにはまだ早く調整の下げが入ると思います。まだ、上昇するためのエネルギーが足りない。下げのリバウンドで1000ドルを超えるのではなく、足場を固めた後の上昇が一番ベスト。これを読んで、決して弱気と思わないでくださいね。今の金相場はロケットのように飛んでいくため、今、発射台で最終点検に入ってる時だと考えています。まもなく点火作業に入るでしょう。私は、かなり強気です。故に、今の調整は歓迎できる下げであり、三角もちあいの中でエネルギーが完全に充電されるまで動きがジグザグの動きから静の動きになることを理想としています。今、実際にその動きになりつつありますので、理想的です。950ドルを軸として上下にしばらく動いてくれたら、完璧ですね。これから訪れる一瞬の下げは徹底して買い拾っていくべきだと考えています。ストキャスティクスを見ても、短期は調整を示唆し、中長期は国内外ともに完全に買いを示しています。これはテクニカルで見ると、下げは「買い」のシグナルだと思います。もし、今後、930~940ドルくらいの価格があればバーゲンセールみたいなものではないでしょうか。



東京金のテクニカルがはっきりと上昇波動を示唆する条件は、本日、2899円を超えて終わること。これは週足ボリンジャーバンドの中心線が2899円であるため。これをクリアできれば、波動パターンは2007年8月から始まった型と同じになる。当時は約1000円上昇したが、今回、上昇波動に入れば、そんなレベルでは終わらないと思う。本日、もしくは来週末に終値でボリンジャーバンド中心線を明確に超えれば(ローソク足は陽線であることが条件)、今後訪れる下げは全て買い場になるだろう。
2009/07/24 13:44URL | 投資小僧[ 編集]


エントリー違い失礼いたします。

民主党をもっと知りたい!!
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/159.html
是非見てくださいね!

お邪魔致しました。

2009/07/23 21:49URL | 民主党応援女子[ 編集]

金ETF
先日もコメントでお聞きしましたが、今朝の入電でも、金ETF残高が減ってたようですね。今日の夜間取引の値動きを見ていて、心配はしてはいないのですが、どのように見ておられますか?
2009/07/23 21:11URL | チョビ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。