市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








エリオット波動


週末17日のニューヨーク商品取引所の金塊先物相場は、6月の住宅着工件数、先行指標の着工許可件数がそろって2カ月連続のプラスを記録し、中心限月8月物は1オンス=937.50ドルと前日終値比2.10ドル高で終了した。再びインフレヘッジとしての見直し買いが入ったようだ。また、今週は週足チャート(一目均衡表)上で上昇圧力がかかっていたため、価格は素直に反応した。ポイントである長期上昇トレンドラインと基準線が交差する908ドルで反発したことは評価できる。今後のポイントは、三角もちあいをいつ上に放れるかだけだろう。すでにMACDやストキャスティクスなどのテクニカル指標はもちあいを示唆しており、例え940ドルの節目を今すぐ突破したとしても1000ドルを大きく超えるには日柄が必要と感じます。今しばらく待つ構えで。    人気 Blog RankinG







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







NY金週足 一目均衡表、MACD
NY金週足 一目均衡表、MACD  逆三尊形成中!!







ユーロ・ドルが示唆する金暴騰



欧州が米国と肩を並べるほど経済崩壊の危機にある中、ユーロ・ドルは過去最高値に向けての準備段階に突入。全通貨崩壊に向けての動きの中、ユーロは対ドルでは強い動きをしている。以下ユーロ・ドル週足チャートを見ると、テクニカルはトレンドを示す26週移動平均線が上昇を示し、ネックライン(ローソク足のひげは考慮せず)である1ユーロ=1.4000ドルを突破する位置にある。また、この値位置でもちあいが長く続いたため、ストキャスティクスは横向きに動き始めている。まもなく買いシグナルに変化するだろう。この動きは、今年3月、ダブル・ボトムを形成した後に生じたエリオット5波動の典型的なパターンであり、現在のように修正波である4波でもちあい相場になった時、5波で超上昇波(エクステンション)に移行することが多い。一般的にこの超上昇波(エクステンション)は株式市場ではあまり見られず、商品相場や為替市場でよく見られる。おそらくユーロ・ドルが上昇5波に突入すれば、金価格が三角もちあいを脱出し、1000ドルを超え、超上昇波に入るタイミングと重なるのではないでしょうか。    ⇒
FC2 Blog Ranking







ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線、ストキャスティクス
ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線、ストキャスティクス





エリオット波動
エリオット波動(5波動)









本日、リアルタイム市況でCFTC金先物建玉明細を更新していますので参考に。(7月14日集計分)  (毎週土曜朝に更新予定)










下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖夫氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪





2009⁄07⁄18 10:30 カテゴリー:GOLD comment(5) trackback(0)
▲pagetop












コメント


金が上昇して困るのは銀行
Dr.dooomさん、全ての相場にエリオット波動理論は通用します。エリオットは、人の感情の起伏にはある一定のリズムがあることを発見し、それを相場に応用しました。一般的に5波動の後、abcの調整波に移るのですが、現在金価格は昨年10月をスタート地点とした波動で考えると、abcの調整波が終わり、三角もちあいに移行しています。



sabuさん、こんにちは



金が上昇して一番困るのは、銀行です。銀行以外に金価格が上昇して困る人は皆無に近いでしょう。というのも、金は石油や穀物のようにどうしても生活に必要なものではないからです。生活に影響があるとすれば、婚礼時に相手側に差し出す金を必要とするインドなどが一番影響を受けます。中国人も金を好むため、影響はあるでしょう。日本なら石川県の輪島塗りとか
2009/07/18 17:57URL | 投資小僧[ 編集]


何時も更新を楽しみにして読んでいます。最近は金価格も横ばいになり投資家をいらいらさせる段階に、ユ-ロドルも上げ下げが激しようですね。1つお聞きしたいのですが「金が上がると困るのは誰なのですか。」例えば買いたい国が金を安く仕入れたいので上げては困ると思う事とか金が上がると自国の通貨に影響が出るとか、初心者でよく判りませんのでお願い致します。
2009/07/18 16:27URL | sabu[ 編集]


投資小僧さま
ありがとうございます。
以前解説されていたかもわかりませんが、ちなみに金のチャートを、エリオットにあてはめることは可能なのでしょうか?あてはまるとしたら、どの相でしょうか?
2009/07/18 16:25URL | Dr.dooom[ 編集]


Dr.dooomさん、こんにちは


ユーロドルの第5波に乗っかるということです。
2009/07/18 14:28URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧さま、金もエリオット第5波動に突入するという見立て、でしょうか?ではなくてユーロドルの第5波動に乗っかるということですよね。
2009/07/18 14:24URL | Dr.dooom[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。