市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








原子力推進サミット


まず、本日伝えられているニュースから。 北海道洞爺湖サミットで主要8ヵ国が8日採択した首脳宣言と食料に関する特別声明は、危機感の共有にとどまり、問題の根本的な原因に切り込む抜本策を打ち出すことができないままサミットは閉幕した。背景には、原因認識をめぐる意見対立がある。穀物価格高騰の原因は、バイオ燃料推進策だとする英国などと、新興国台頭による需給逼迫が主因だと繰り返す米国。原油価格高騰の原因でも、投機か需給かで見方が割れる。1975年の第一回フランス(ランブイエ)以来、国際協調はサミットの基本精神だったはず。体裁を取り繕っただけの中身に乏しい合意を世界は見透かしており、一段とサミットの存在理由が薄まりそうだ。 サミットでの先進国の成果は、日本、米国、フランスなどが実利のために、原子力を売り込む原子力推進サミットだったと批判を浴びている。          → 先物情報 Blog Ranking







現在のインフレを本気で封じ込めるためには、各国が自国の利益を犠牲にしてでも、「世界のために」という精神が必要になる。しかし、サミットでは責任のなすり合いで終わっており、インフレの根本的原因に関しては各国の対立で終わっている。おそらく、とりかえしのつかないレベルのインフレにならないと、世界の首脳は本気で動かないように思えます。サミットの警戒による商品先物市場での買いポジション整理売りは、買玉の減少により、買い余地がさらに広がることになります。これは、上昇に拍車をかける行為に過ぎず、中途半端なインフレ政策は、火に油を注ぐようなもの。現在のスーパーサイクルに突入している原油価格を天井形成させるためには、需給を完全に無視するほどの連日の暴騰の後に、突然一日の下げ幅が20ドルや30ドルといった強烈なショックを与えない限りは、これほど強い相場を終わらすのは難しいと思えます。中途半端な下げは、石油暴騰の根本的原因がわかっている買い方に買い場を与えてしまうだけでしょう。     → 金投資情報 ブログ村







サミット閉幕と共に、NY原油がテクニカル的に買われやすい時間帯に突入している。(あくまでも、私なりの均衡表の解釈なので参考程度に) 日足チャートで、一目均衡表の遅行スパン(現在価格)が、10日の夜から26日前の暴騰圧力を受け始める。26日前は、6ドル高、そして翌日は10ドル高。明日から2日間で計16ドル高と過去最も大きい上昇圧力を受けることになる。仮に、ここ2~3日以内に、原油がテクニカル上の暴騰圧力を受ける中、暴落するようであれば、天井の可能性は高くなる。逆に、10日の夜、暴騰するようであれば、今週一気に150ドルを突破してもおかしくはない。現在価格136ドルに、計算上での上昇圧力16ドルを足すと、152ドルになる。              → 投資の達人 FC2 Ranking







NY原油日足  青は25日、緑ラインは50日移動平均線
NY原油日足  青は25日、緑ラインは50日移動平均線







そして、本日7月9日(水曜日)、東京金と銀は均衡表の雲のねじれ日である変化日をむかえた。明日からの暴騰を期待したい。金、銀ともに均衡表の転換線までの下落で終わっていて、下値はかたい。仮に明日下げたとしても、しつこく買われ、絶好の買い場と思える。プラチナも一度反発する局面になるだろう。均衡表の雲の上壁で耐えており、反発しやすい状態になっている。需要が弱すぎるため、最高値更新する力は、まだないと思われるが、白金ETFの投資需要が増加傾向にあるため、下値も限定的。強気材料が出るまで様子見がよいと思える。        → 先物情報 Blog Ranking








東京金 日足






東京銀 日足






白金








ユーロ・ドル日足は、75日移動平均線・ボリンジャーバンドの中心線に支えられ反発は近い。週足で見ると、1ユーロ=1.580ドルの週末上抜けも視野に入ってきた。  → 投資の達人 FC2 Ranking







ユーロ・ドル日足  緑ラインは75日移動平均線
ユーロ・ドル日足  緑ラインは75日移動平均線





ユーロ・ドル日足  ボリンジャーバンド
ユーロ・ドル日足  ボリンジャーバンド





ユーロ・ドル週足  緑ラインは26週移動平均線
ユーロ・ドル週足  緑ラインは26週移動平均線







来週、アメリカでは金融機関の四半期決算発表が始まる。そして、FRBは再度金融危機が再燃するのを恐れている。今の金は、とにかく強い。あと数ヶ月すれば、金は金融商品の王者となるだろう。以下、フィラデルフィアKBW銀行株価指数暴落中。金融機関の信用失墜が金を強くする。           → 金投資情報 ブログ村







KBW銀行株価指数
 KBW銀行株価指数(BKX)





                

ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!



  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログへ      





  FC2 資産運用 2位  にほんブログ村 金先物 1位

  人気ブログランキング 先物 3位   
  
  応援ありがとうございま~す ♪












2008⁄07⁄09 23:50 カテゴリー:未分類 comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント



ブログ、見ていただいてありがとうございます。多少、難解なことを書いてますので、読みづらいかもしれませんが、読んでやってください。自分で考え、調べ、理解し、イメージすることによって、投資に対する信念と自信が生まれてきます。そうなれば、新聞に書かれた表面的な報道に惑わされることもなくなるでしょう!
2008/07/11 13:18URL | 投資小僧[ 編集]


はじめまして。
現在投資に興味あって勉強中です。
ブログ、時々拝見させて下さい。
どうぞよろしくお願いします。
2008/07/10 19:44URL | うまうま[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。