市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








中国の金本位国家戦略


ロイター通信(北京)の報道によると、25日に開かれた外貨・金に関するフォーラムで中国共産党・中央政策研究室経済局の李連仲局長は、ドル下落が予想されることから、中国は金塊購入を増やすべきだとの考えを示した。金塊保有拡大は、人民元の国際的役割強化にも必要だとしている。李局長はまた、外貨準備を使ったエネルギー、天然資源の調達を進めるべきだと指摘。さらに、中国にとっては、米国債を購入するよりも米国の土地を取得する方が好ましい選択肢だと述べた。李局長は「米国はドル紙幣を大量に印刷しており、こうした傾向から判断すると、経済の法則に従えばドルが下落するのは疑う余地がない。そのため金塊がより好ましい選択となるはずだ」と語った。人民元との関連については、「人民元が国際化するか外貨準備通貨となるには、中国はそれを裏付けるより多くの金塊を必要とする」とした。 ⇒詳細ニュース







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







中国の貴族の墓で発見された金板(紀元前2000年)
貴族の墓で発見された金板(紀元前2000年)/中国







テクニカルは強気!!







NY金 プライスチャンネル、MACD
NY金週足 プライスチャンネル、MACD





円建て金週足 プライスチャンネル、MACD
円建て金週足 プライスチャンネル、MACD










下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖夫氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄06⁄26 12:15 カテゴリー:ニュース comment(5) trackback(0)
▲pagetop












コメント



小僧様、みなさまこんにちは。いつも楽しみに読ませていただいております。ドル建て金価格は1000㌦1500㌦をめざすと思われますが、超円高になった場合、円建て価格は上がるのでしょうか?また、金購入を投資目的、資産保全目的で考えた場合、今後どのような展開になるのでしょうか?初心者的質問ですがよろしくご教授願います。今後も小僧様のコメント楽しみにしてます。
2009/06/28 18:10URL | gon[ 編集]

大統領令11110
いつも拝見しています。
詳しい検証で「すごいな・・・」と尊敬しています。ところで、おばまは大統領令11110を実行するため命がけで画策中らしいのですが、もし、これが実現したら、世界が変わりますね。
どうなるんだろうか・・・・?先生のご意見聞きたいです。ケネディーもきっと心から願っていると思いますが・・・。
2009/06/28 00:30URL | justice[ 編集]


NY金は微妙な位置?来月こそ1000ドル超えるか?
2009/06/27 12:10URL | aaa[ 編集]


お早うございます。小僧さんの*読み*にただただ感嘆しております。アメリカのメディアはマイケルジャクソン一色の報道です。まるで今の経済動向から目をそむけるようにしかけられているかの様にも見えます。

来週から7月ですが、来月中旬~下旬にかけて金価格が大きな跳躍を見せるのではないかと思っています。

これからも秀逸な記事を心待ちにしています。頑張ってください。
2009/06/27 05:39URL | TS[ 編集]


金太郎先生。みな様。どうもです。
やはり中国が今後の鍵をにぎってそうですね。
ワシントン協定が万が一終わっても
大量放出があれば中国が吸収してくれそうな気がします。

フィスコ代表 近藤氏の金投資コラムです
http://comweb1.sunward-t.jp/kin/
ページの作りはややウサン臭いですが
内容は非常にしっかりしています。
バックナンバーすべて無料なので
ご存知ない方は目を通してみてはいかがでしょう。
教科書的な部分も多いですが
初心者にも解りやすく書かれており
金の将来に絶対的な自信が持てます。

ブログのほうも随時更新されているようです。
地味ですが大変参考になります。
2009/06/27 04:41URL | mie_chan[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。