市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金先物入門  その一


今回、金の基礎知識を身につけたい方のために、入門編を書くことにしました。まず、金の単位から紹介しましょう。日本は、円建てのグラム単位で表示しますが、国際取引単位は、ドル建てのトロイオンスで表示されます。ニューヨークの金価格が900ドルと表示されていたら、1トロイオンス=900ドルという意味です。    そして、1トロイオンス=31.1035グラムになります。これは最低限覚えておきましょう。後々、役に立ちます。というのも、日本の金価格は、NY (ニューヨーク)金価格とドル・円(為替)さえわかれば、方程式で理論価格が計算できるからです。金は輸入品なので、為替をからめて計算するわけですが、他の銘柄と違って、実際の価格が理論価格と大きく違うことはありません。あったとしても、30円前後程度くらいになります。通常、取引期間の一番長い先物の先限価格は、理論価格より20~30円高いのが普通です。この20~30円の中には、輸入コスト、保管料、人気などが含まれていると考えてください。そして方程式は以下になります。  → 先物情報 Blog Ranking



東京金価格=NY金価格÷31.1035×ドル・円



電卓で、何回も練習してみましょう。 換算価格を自分で計算することが、金投資の第一歩です。       → 金投資情報 ブログ村



ここで、「トロイオンス」の語源について少しお話ししてみましょう。


トロイオンス(troy ounce)という呼称の由来は、フランスのトロア(Troyes)という都市の名前から付けられていると言われています。中世にこの都市で盛大な市場が開かれており、そこで利用された秤量単位がトロイオンスといわれ、イギリスでは1584年に法定され、1878年に廃止されるまで利用されていました。その後、貴金属に限って用いられる単位になったそうです。また、香水などに用いられているオンスとは違う単位になります。こちらの1オンスは約28.35グラムの量単位です。     → 投資の達人 FC2 Ranking






           メイプルリーフ金貨 20分の1トロイオンス
         メイプルリーフ金貨 1/20トロイオンス







次に本日の金市況。今日の金価格の動向を見る限り、7月9日(水曜日)の変化日に向けて、下落してゆく可能性が高くなってきました。ただ、調整は浅いものになると思えます。詳しくは、昨日の「インフレと戦う金」を見てください。今日は、商品価格全体が夜間取引で暴落していましたが、本日から始まった「洞爺湖サミット」で、原油や食料価格高騰に対して議論されることから、マーケットでは警戒感が強まったようです。また、9月4日の次回ECB理事会では、「追加利上げは遠のいた」と、マーケットはトリシェ発言から判断し、ユーロ安が進行。ここ最近、マーケットで感じることは、絶望的な状況の中で、投資家は目先の楽観論に飛びついてしまうため、マーケットは短期的に真実とは違う動きをしてしまっている点です。おそらく、サミットでは、何も解決策は見出せず、9月4日に、ECBは再び利上げするでしょう。マーケットは、楽観論が支配している間は、通常、投資家の期待感とは逆の動きをする習性があります。原油、穀物、貴金属のすべてが、サミットの終わる7月9日(水曜日)に底打ちし、再び商品暴騰・ユーロ高がスタートしておかしくありません。サミット期間の商品暴落は、商品価格の天井にはならず、さらに上昇するための買い場提供になる可能性が高いと思えます。そして、1985年からの統計では、NY原油は年間を通じて7月の上昇確率が最も高く、73.9%と突出しています。
先物情報 Blog Ranking





                

ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!



  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログへ      





  FC2 資産運用 2位  にほんブログ村 金先物 1位

  人気ブログランキング 先物 4位   
  
  応援ありがとうございま~す ♪












ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄07⁄07 23:50 カテゴリー:未分類 comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント



今の金相場に関しては、再度金融危機が起きた時、銀行の連載的な倒産が起きる可能性が高いため、金は買われる可能性が高いと思います。ただ、心配されているように、あまりにも数ヶ月一直線に上昇をし続けた場合は、金融期間やファンドなどが損失の穴埋めや、融資の際に担保金を積み上げるために、金を換金売りし、利益確定する可能性はどこかで出てくると思います。身近な例だと、今年3月に1000ドルを達成して、買われ過ぎた金の利益確定決済が大量に行われました。ファンドの決算月などは注意したほうがいいかもしれませんね。基本的に、金は長期保有でいいと思いますが、状況に応じて投資頑張って下さい
2008/07/09 07:29URL | 投資小僧[ 編集]


金はここ数年は上昇トレンドだとゆう意見が多いようです心配なのはこの秋口サプライムがらみの金融スキャンダルで資金繰りのため大量に売り物が出て暴落しないかとゆうことですそのごたごたの後に永遠の資産として高値安定で落ち着くのではと思っています
このまま長期保有で放置するか、一度売却して落ちたところで買いなおすかサプライムがらみも起こるかどうかわからないことですのでどうしたものか迷っています
2008/07/08 21:12URL | Y,H[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。