市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金の超上昇期 ~ 資源インフレ再び


5月28日の日経新聞の夕刊に、現在の状況を示す象徴的な記事が載っていました。見出しは「国際商品相場が上昇」、その下には、「米長期金利、一時、3.74%に上昇」と書かれていた。製品デフレは、まだしばらく続くと思えますが、資源レベルでの上昇はすでに始まっている。各国中央銀行が、政策金利を下げ続け、量的緩和(資金供給)をやり続けた結果、じゃぶじゃぶに溢れたマネーは、株式や金を始めとする実物資産の商品に向かい始めた。一方、国債から株式に資金は移動し、各国の長期金利は急騰、そして、ドルは暴落している。皮肉にも、現在の株価上昇はアメリカの国家破綻を早める一因となっている。これはインフレ政策によってもたらされた悪性の株価上昇であり、決して喜ぶことはできない。ブルームバーグのインタビューでポール・クルーグマン教授は次のように述べている。「米国の景気急降下局面は終わった。おそらく、金融システムへのショックという面では最悪期は終わっただろう。しかし、ドルは急落する。少なくとも大幅下落するだろう。ドル需要は金融危機によって一時的に膨張している。経済にとって良いニュースはドルにとっては悪いニュースだ。状況が安定すれば、逃避先としてのドルの需要は急減する」      ・・・→人気 Blog RankinG







日経夕刊「資源インフレ」








       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking








金の超上昇期




ファイナンシャル・アストロロジーの観点から見ると、5月27日、強いインフレを示唆する木星と海王星の会合(コンジャンクションを迎えた。次の会合日である7月10日では、さらなるインフレの波が押しよせ、9月頃まで金価格は強力な上昇を見せるだろう。これは始まりであり、今までの上昇波動の中で最大級のものになる可能性を秘めている。あらゆる力で押さえつけられていた金価格が解放される瞬間が目の前に迫っていると思えます。また、今月末で金価格のもちあい相場を引き起こした水星逆行期間が終了します。とくに東京金に関しては3カ月間のもちあいが継続されたため、今後の上昇波は大きくなることが予想されます。4000円/グラム超えは難しくなく、1982年の高値4326円を目指す動きが妥当なところでしょう。                ・・・→
FC2 Blog Ranking







東京金日足(当限) ボリンジャーバンド、MACD
東京金日足(当限) ボリンジャーバンド、MACD



東京金週足(当限) ボリンジャーバンド
東京金週足(当限) ボリンジャーバンド







NY金価格は5月24日の新月●を起点として、960ドルの節目で健全な調整が入りました。この動きにより、1000ドル超えが達成しやすくなったと感じます。米国債の10年・30年物金利チャートを見ると、テクニカルは急上昇のサイクルに入ったことを示唆しています。金上昇に拍車をかける可能性あり。後日、ジェームス・ターク氏のレポートと合わせて米国債の金利サイクルを解説予定。







米国債30年物金利週足 一目均衡表、現在4.59%
 米国債30年物金利週足 一目均衡表、現在4.59%



米国債10年物金利週足 現在3.71%
 米国債10年物金利週足 現在3.71%









私のもうひとつのブログ(⇒ SWEET MEMORIES )も、良ければ見てね!新たに始めてみましたので好きな方はどうぞ♪




  
  
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖夫氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄05⁄29 01:00 カテゴリー:ファンダメンタルズ comment(6) trackback(0)
▲pagetop












コメント


GSR
投資小僧さん、GSRかなりさがってきましたね。今晩あたりにまずは1000ドル突破といった流れになるかもですね。
2009/06/03 12:52URL | Dr.Dooom[ 編集]

お尋ね
あのう、一寸お尋ねしますがkitcoというサイトに gold rease rate とというグラフが載っています。そこの一け月物がマイナスになっていますが之は金を借りると、金がついてくることですか。
 どなたか説明していただけないでしょうか。色々調べましたが徳分かりません。全くの素人です。
2009/06/02 21:24URL | kenji[ 編集]


一休みさん、これソースは何ですか?
2009/06/02 08:52URL | 松竹梅[ 編集]

栄枯盛衰
Dr.dooomさん、こんにちは

商品関連のETFが、今後さらに上場する予感がします。これも、また時代の流れですね!



一休みさん、貴重な情報ありがとうございます。栄枯盛衰は、世の常かもしれませんね。歴史を見れば、どんなに栄えた強大な文明も権力も滅びています。強大になればなるほど、滅び去る時は、もろいもの。国際金融資本家も、その時が近づいているのかもしれません。
2009/06/01 19:47URL | 投資小僧[ 編集]


最近の北朝鮮の世界への宣戦布告ともとれる行動の裏には、アメリカのCOMEX
(ニューヨーク商品取引所)の金の先物取引が深く関係している。これは、ア
メリカの金融先物市場を潰そうとしている勢力からの情報によるものだ。

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+**+*+*+*+*+*+**+*+*


■□■【 裏で激化する金融戦争 】■□■

“米連銀”・ロスチャイルドの手中にある“イギリスの中央銀行”、この2つ
を倒産させようとしている勢力が大量の金の先物を数か月前から買い続けてい
る。それに対して、米連銀と米大手金機関が大量の金のから売りをしている。

6月になれば、その大量の金の先物取引の引渡し期日が満期になる。
その時、上記の金を買っていた勢力は米連銀とイギリス中央銀行に金の現物の
引渡しを依頼するつもりでいる。しかし、米連銀とイギリス中央銀行はそれに
対応できるだけの金を持っていない。
ドイツも、ブレトン・ウッズ会議(連合国通貨金融会議)が行われた時代に米
国連銀(Fort Knox)に預けた金の現物を返すよう要請中。また、ドバイなど石
油輸出国もイギリス中央銀行に預けた金現物の引渡しを求めている。さらに最
近になってロシアや中国など金の生産国が、全ての金の現物を輸出することを
止めた。

金の現物を渡すことが出来ない状況に陥れば、COMEXの問題が米連銀やイギリス
中央銀行の倒産に発展する。そうなれば300年間続いたロスチャイルド一派の
闇の金融支配が終わることになる。

この時、多くの人類が黒船の到来や第二次世界大戦の終わりを超えるような大
きな変化を体験することになる。そして、その時には金の価格が$1500を超える
のは間違いないだろう。

-------------------------------------------

この金融戦争の“戦地”になっている場所は他にもたくさんある。

ロスチャイルド・ブッシュ・クリントンなど(※以前“ブッシュ一派”という
呼び方をしていたが、最新の情報によると“ロスチャイルド・ブッシュ”とい
う呼び方の方が正しい)の中央銀行ネットワークを潰す為に“ロシアと中国”
そして“ロシアとヨーロッパ”や“中国と南米”などの国々の間ではドルを使
わないで国際取引をしている。ASEANの新しい金融機構もまた、ドルを使わない
ことにしている。それから、例えばイランからの石油を円で買うなど、日本の
政府も極力ドルでの取引を避けているようだ。


しかし、米連銀の連中は自国民や金融市場を騙そうと引き続き大量の米ドルを
印刷して人工的な株高を演出し続けている。また、米国政府においても全くデ
タラメな経済統計を公表し続けている。
例えば、GDPの暴落をカモフラージュする為にデータの数字が米連銀で印刷され
たドルで水増しされているし、アメリカの実質失業率は既に20%を超えているが
この数字も誤魔化されている。
そしてこの先、米国の住宅ローンのうち40%が焦げ付く見込みになっている。

NSA幹部の話によると、アメリカの倒産劇は7月中か、遅くとも今年の国際金融
資本の裏年度末である9月30日までには表沙汰になると予測されている。



■□■【 金融戦争と北朝鮮騒ぎの関連性 】■□■

この金融戦争において、ここまで追い詰められたロスチャイルド・ブッシュな
どの勢力が朝鮮半島で戦争を起こす準備をしている。

これと関係しているのが、当初“自殺”と報道された韓国のノ・ムヒョン元大
統領の死の真相。これには幾つかの裏の事情が絡んでいた。
1つはブログに書いた通り、彼が日本そしてアメリカの植民地支配に協力をして
いた国内の人物を暴いたこと。
そして、その他に北朝鮮側がノ・ムヒョン元大統領に平和条約を結ぶことを提案
し交渉したことが彼の死に深く関係しているという。朝鮮半島に緊張状態をつく
りたいロスチャイルド・ブッシュ勢力により、北朝鮮への威嚇としてノ・ムヒョン
元大統領は殺されたのだという。
それで北朝鮮がミサイルを飛ばすなどの行動にでるようになった。

そして、これを機に米軍と韓国軍がともに臨戦態勢に入っている。
アメリカ軍は全面戦争開始の一歩手前である“DEFCON2(準戦時体制)”という
体制に入った。DEFCON2が最後に発動されたのは1962年キューバ危機の時だっ
た。NSA幹部によると、朝鮮半島で戦争が始まった場合には、アメリカは核兵器
を使うことを決めたそうだ。

日本の自衛隊関係者によるものと思われるサイトのBBSである書き込みを見つ
けたので紹介しておく。これは日本の自衛隊も臨戦態勢に入っているという趣
旨のものだった。これによると、全国の予備役に赤い電報が届けられたそうだ。
また、自衛隊員の出国が禁止になったという情報が載せられていた。

しかし、ペンタゴン筋によると戦争が勃発する可能性は極めて低いという。
アメリカ軍が所有する最新兵器には、北朝鮮の軍隊100万人全員を1秒以内で
殺せる程の威力があるという。まさか北朝鮮が国家自殺をすることはないだろ
う、とペンタゴンは踏んでいるという。


結局、今回の“北朝鮮騒ぎ”はロスチャイルド・ブッシュ一派のはったりに過
ぎない。金融戦争で窮地に追い込まれた彼らが、世界に対して『武力でもって
戦争を起すぞ!』という暴走を見せた上で、抵抗勢力との交渉を少しでも有利
に行おうとしている。しかもいざとなれば、彼らにとって戦争は“儲かる商売”
であるという認識でいるのだ。




2009/06/01 08:27URL | 一休み[ 編集]


投資小僧さん、いつもありがとうございます。同じく日経より、先日のように夏にも原油ETF始まりそうですね、大証ですが。
2009/05/29 09:23URL | Dr.dooom[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。