市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ファイナンシャル・アストロロジー


現在、通貨、金価格のトレンドを長期サイクルで見た場合、ユーロ高、円高(中期)、金高のトレンドは明確だと思う。まずドル円から紹介します。 ※ブログ記載のチャートはクリックして拡大できます。







IMG_0002.jpg
   ドル円月足 緑ラインは18カ月移動平均線 1986年~







上記チャートが示すようにドル円は101円60銭付近にある重要節目(ネックラインを大きく割り込み円高方向にバランスを崩してしまっているため、円安トレンドに向かうためにはもう一度昨年12月につけた87円19銭付近、もしくは1995年につけた80円割れを試す必要があると思われる。現在の円安は自律反発にしか過ぎない。長期で見た場合、私自身いずれ1ドル=200円を超える激しい円安が来ると予想していますが、現段階ではテクニカル、サイクルどちらで見ても大きく円安に向かうことはかなり困難と予想。サイクルの中心にある18カ月移動平均線とネックラインの101円60銭に阻まれ、現在これ以上円安に進まない状態にあるのがチャートからわかると思います。金融占星術(ファイナンシャル・アストロロジー)から見ても18カ月ごとに訪れる金星逆行期間(3月6日~4月17日)が始まった日から円安がこれ以上進まなくなったのは明確であり、通常、逆行スタートから6カ月間円高に向かうため、9月6日前後が円高のピークになるかもしれない。過去30年分のデータを検証した結果、円安トレンドのシグナルと判断できるのは月末の終値が18カ月移動平均線を明確に超えた時となる。
・・・→人気 Blog RankinG







IMG_0006.jpg
       ドル円月足テクニカルチャート 2002年12月~







3月6日に書いた記事の一部を以下に再掲載しました。




ドル安円高、金高(NY、東京)トレンド開始


本日から金融占星術で言う金星逆行がスタートします。金星逆行とは、地球から見て金星が通常の軌道とは逆方向に動くように見える時期です。(3月6日~4月17日) この逆行サイクルは18カ月ごとに訪れ、逆行初期から円高トレンドがスタートすることが極めて多い。また、金価格は逆行期間中の変化日に底打ちし、過去ほとんどが約6カ月間強い上昇波動を形成している。一般的に逆行期間は、経済にとって困難かつ不透明な時期であり、FRB(米連邦準備制度理事会)が重大な政策決定を迫られることは珍しくない。前回の逆行期間2007年7月27日~9月8日の時は、8月8日から全世界にサブプライム・ショックが駆け巡り、世界同時株安につながった。FRB(米連邦準備制度理事会)は、8月17日、公定歩合を年6.25%から5.75%に緊急引き下げをしている。東京金先物価格は8月17日、2389円/グラムで底打ちし、半年後の2008年2月27日に3322円まで上昇した。天体の運行と、市場の動きの間における相関関係を調べると、全ての市場が太陽の影響を受け、とくにゴールドが太陽の影響を受けやすいことがわかる。ドル円の動き、経済活動は金星に支配されていると言える。以下、過去3回の逆行期間と期間後の金とドル円の動きのデータ。
・・・→ FC2 Blog Ranking







① 2004年5月18日~6月29日(金星逆行期間)

東京金 
6月1日 1351円 ⇒ 12月2日 1505円(+154円

ドル円
5月18日 114.7円 ⇒ 12月6日 101.9円(+12.8円)


② 2005年12月25日~2006年2月4日

東京金
12月26日 1897円 ⇒ 5月11日 2587円(+690円

ドル円
12月30日 118.2円 ⇒ 5月17日 109円(+9.2円)


③ 2007年7月27日~9月8日

東京金
8月17日 2389円 ⇒ 2月27日 3322円(+933円

ドル円
7月27日 119.3円 ⇒ 3月17日 95.8円(+23.5円)







ドル円週足 2004年5月~ 金星逆行開始からの動き(ピンク線)
金星逆行
NY金週足 2004年5月~ 金星逆行開始からの動き(赤の線)

※上記のチャートは2009年3月6日に作成







上記のデータが指し示すように、激しい円高トレンド中に東京金先物価格の強い上昇が起きている。通常、円安トレンドでは、国内金価格は下がり、円高トレンドでは国内金価格は上がる。現在、円安なのに国内金価格が上昇した理由は、金に対して全ての通貨が全面安であったことを示す。つまり、金独歩高の環境では、円安円高関係なく、国内金価格は上昇するのだ。人気 Blog RankinG







ドル円、NY金、東京金、日経平均は18カ月サイクルで動いている。月足チャートで見ると、18カ月移動平均線が波動の中心軸になっているのがよくわかる。これは、太陽の活動サイクルや金星の逆行周期と一致するサイクルであり、人智の及ばない力が市場に働いていることがわかる。そして、これら18カ月サイクルで動いている銘柄の長期トレンドは18カ月移動平均線が指し示す向きがトレンドとなる。以上、3月6日の記事・・・→人気 Blog RankinG







「通常、逆行期間はFRBは重大な政策決定が迫られることが多い」と3月6日の記事に書きましたが、結果、FRBは3月18日のFOMCで長期国債買い入れを発表し、市場関係者を驚かせた。 金価格はこの発表を受け1時間で50ドル上昇している。(⇒記事) また補足として、この逆行期間の開始日(3月6日)と終了日(4月17日)が重要であり、開始日にドル円のトレンドが変化し、逆行期間中の変化日、もしくは終了日に金と銀価格が底打ちすることが多い。結果は4月17日に金価格は200日移動平均線で反発し、小さなダブルボトムを形成している。現在長期上昇サイクル18年の中で中段もちあいのボトム(底値形成)をつける時期であり、4~5月は絶好の買い場でしょう。今後の動きとしては、5月7日~31日まで相場の動きが不安定になる水星逆行期間、5月27日、7月10日の2回にわたる木星と海王星のアスペクト(角度)が水瓶座でコンジャンクション(0度)が迫るため、強いインフレを示唆する木星と海王星の会合(コンジャンクション)は金価格に相当な影響を与えると思われる。とくに7月10日にかけては強い上昇を生みだすかもしれない。この会合は12月21日にもある。







NY金日足 200日平均線、MACD 
     NY金日足 緑ラインは200日平均線、MACD







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







次にユーロ・ドル、ドル指数の動きを見てみましょう。ユーロ・ドル(1999年~)の歴史は浅いため、欧州各国通貨の加重平均から算出したユーロ・ドル38年間分の月足テクニカルチャートを作成し以下に掲載しました。長期サイクルは明らかに欧州通貨高ドル安の流れであり、前回のユーロ安のボトム(底)は1985年と2001年になります。おおよそ16~18年サイクルで動いていると思われるため、波動パターンを見る限り、あと数回は1ユーロ=1.600ドル以上のユーロ高を演じるはず。このサイクルが維持されるなら、次のユーロ安のボトムは2017年以降となる。現在の新しい波動はまだ9年目と若い相場であるため、ユーロが暴落し相場が終わる
ことは考えにくい。







IMG_0001.jpg
      ユーロ・ドル月足テクニカルチャート 1971年~







以下、ドル指数月足チャートは、ユーロ・ドル月足チャート(38年分)に生じているトレンドをそのまま当てはめてトレンドラインを引きました。ドル安トレンドが明確であることがわかると思います。







IMG_0002_20090506123528.jpg
      ドル指数月足テクニカルチャート 1985年~







以下にユーロ・ドル、ドル指数、米国債のチャートを掲載しました。テクニカルで見てもユーロ高、ドル安、米国債価格下落、米長期金利上昇の流れは明確。







ユーロ・ドル月足 緑は12カ月平均線、ストキャスティクス 5.6
ユーロ・ドル月足 緑は12カ月平均線、ストキャスティクス 



ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線、ストキャスティクス.5.6
ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線、ストキャスティクス







ドル指数月足、ストキャスティクス
ドル指数月足、ストキャスティクス



ドル指数週足 ボリンジャーバンド    
ドル指数週足 ボリンジャーバンド    







米国債30年物価格月足 2000年~ 下落は止まらず!!
    米国債30年物価格月足 2000年~ 下落は止まらず!

 

  米国債30年物金利週足 2007年5月~ 現在4.06%
    米国債30年物金利週足 2007年5月~ 現在4.06%







全通貨に対して全独歩高の流れになっていくと思いますので、今後、ユーロ安・ドル高の環境になったとしても金が下がらなくなる時がくるかもしれない。ただ、現段階はまだ連動しているので、金高の支援材料になるユーロの動向を見守りたいです。







私のもうひとつのブログ(⇒ SWEET MEMORIES )も、良ければ見てね!新たに始めてみましたので好きな方はどうぞ♪






  
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖夫氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄05⁄06 23:30 カテゴリー:データ comment(7) trackback(0)











コメント


通貨戦争
小出さんへ

ドルと円がこのまま生き延びて、変動相場性が守られるというのが前提ですが、ドル円は、1ドル=200円どころか、360円を超える円安が将来起きてもおかしくないと考えています。理由は二つ。①円は対ドルに対して歴史的に弱い通貨であること。長期トレンドは円安であり、1ドル=80円割れあたりでダブルボトムの大底を打つ可能性大。波動は円高のクライマックスで急激な円安を示唆している②日本の財政はすでに破綻状態。GDPを超える借金を抱え、米国の事を決して他人事扱いできない。唯一の救いは国民が貯蓄を好む民族であったこと。資金の流れはアメリカほど滞らない。為替レートとは、あくまでも通貨間の力関係。各国のファンダメンタルズが直接反映されるには、それなりに時間がかかる。アメリカも欧州も日本も破綻状態と言える。その中で日本が一番ましなので、円が買われているだけ。通貨に対する真の評価は金価格や物価で読み取ることができる。それ以外に方法はないと思う。中国だけでなく、他国も、金やレアメタル、コモディティ(商品)を買い漁り、備蓄に回すのは主要な貿易決済通貨であるドルを中心に通貨に対して不信感を持ち始めている証。円より先にドル崩壊が起きれば、アメリカは早く借金を帳消しにできる。他国が一番恐れているのはアメリカの借金踏み倒しである計画倒産だから、実物資産の急いだ備蓄戦略はうなずける。アメリカは負けたふりのドル安を演じているだけで、最後の最後で新通貨に切り替えれば、ドル高に復活させることはそう難しくはない。故に中国はそのあたりを理解しているので駆け引きできるが、日本はアメリカの属国のため、通貨戦争に加わることはないはず。いずれ負けたふりのドル安から立ち直り、激しいドル高円安に向かうと思えます。
2009/05/10 21:30URL | 投資小僧[ 編集]

インフレ懸念再燃
zzさんへ       
貴重な情報ありがとうございます。夏以降は一度まとまった調整があるのでは。

市場の関心はすでにストレステストから今晩の米雇用統計に。

米経済指標の一時的な回復は株価上昇だけでなくインフレ懸念を再び誘発させる状態にある。通常、5月はファンドの決済が入りやすい月であるが、アノマリーの常識が、異常な市場環境で常に通用するとは限らない。現在、金融危機再燃なら、資金逃避から金が買われやすい状態にあり、逆ならインフレ懸念で、金、商品などが買われやすい。何れにせよ、時間の経過と共に金が買われやすい状態にあると言える。このような状態を受け、現在ファンド筋が金相場への関心を強め、買いも中心限月の6月限だけでなく、長期の限月にも買いを入れだしてるという。先行き強気の表れであり、市場の関心も目先の一時的なデフレでなく、0金利、量的緩和継続による副作用としての株高、インフレに移っている。現在の株高は景気回復による株高ではなくインフレ政策による副作用と捉えるべき。昨日、欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で政策金利を0.25%引き下げ、年1.0%とした。通貨供給量を拡大する量的緩和と銀行の不良債券を買い取る政策は、依然、米国同様維持されるため、インフレ勃発環境は続く見通し。ここまで来たら、もう後戻りはできないでしょう。やり続けるしかない。
2009/05/08 09:21URL | 投資小僧[ 編集]

金独歩高?
金欲万さんへ

金鉱株は、まだ安値圏なので今も買いだと思います。金鉱株の買いは為替で決めるより、鉱山会社の見通しや金鉱株指数で判断するのがいいかと。残念ながら、日本には買えるような魅力的な会社はないと感じます。買えるとしたら住友くらいかと。ただ、住友は金品位の高い菱刈鉱山を持ってますが、金での収益率は低いですから金高騰の旨味は少ないと思います。松藤さんのジパングも昔はかなり注目していましたが、今は何とも言えません。やはり、中国の紫金鉱業や外国の鉱山会社に狙いを定めるのがいいかと・・ ドル円と金の相関性は、通常、ドル高円安になれば、ドル建て金は売られます。逆にドル安円高は買われます。これは金本位が停止されようとも、金が通貨としての力をまだ持っている証です。しかし為替レートというのはお互いの力比べを数字化したものなので、今みたいに通貨の刷り過ぎで、全ての通貨が価値の低下へ向かうと、通貨間の強弱はあっても金に対しては全ての通貨が弱いという方向に進みます。そうなると、6通貨に対しての加重平均指数(6通貨に対する平均的な評価)を示すドル指数が高くなっても、金は上昇し続けることになります。今後、ドル指数とドル建て金価格の相関関係を常にチェックするようにすれば、私の言っていることがわかっていただけると思います。今後、2通貨間の為替レートは判断材料にならなくなる可能性あり。為替変動に関係なく金は動くかもしれません。
2009/05/07 06:52URL | 投資小僧[ 編集]

こんばんわ~
小僧さんお疲れ様です。北海道もやっと桜も満開で、今日ストーブ片つけました(*_*)
素人質問ですいません、今はドル高~金安?で将来らドル高、円安~金高?なんですか?そう切り替わりというか流れを教えて欲しいのですが?
って事は円高80台まで来てから金鉱株を買っても遅くないって事ですかね?
2009/05/06 23:42URL | 金欲万[ 編集]

資源価格再高騰
Dr.dooomさん、Steinさん、紫金鉱業は私も注目しています。株式投資としても長期保有する価値のある会社だと思います。金鉱株指数の長期上昇サイクルは依然続いているので、これから楽しみですね!都市鉱山についておもしろい話があります。経団連から視察が来るほど注目されている会社で横浜金属というリサイクル会社があるんですが、携帯電話1トンから金150グラムを取り出すことができるらしいです。世界の鉱山の平均金量が3~5グラムであることを考えるとこれはすごい数字です。アメリカからの圧力があろうとも日本政府は金やレアメタルの国家備蓄を早急にする必要があると感じます。

Steinさん、すでにCRB指数や各資源価格のチャートにも兆しがありますが、すでにほとんどが底打ちしていると思います。昨年、原油を筆頭にゴールドマン・サックスなどの投資銀行によって金鉱株も含め彼らの投げ売りでとことん価格は破壊されてしまいましたが、現在上昇傾向は明らかです。ユーロ高がさらに価格を押し上げると思います。今週、ベネズエラの政府高官が中央銀行の金備蓄を増やすという発言をしていましたが、各国がドル崩壊に備えて金や資源の政府備蓄を急いでる流れも明確になってきました。どこの国もドルや米国債と心中はごめんだ!ということでしょうか。目先の株反発で株へ資金が一部流れていますが、各国政府の動きは明らかにドル崩壊、株式下落、資源価格高騰前提になってきているように感じます。

aさん、同じ見方であることはとてもうれしく思います。ドル円は100年位の長期チャートを見ると円安トレンドは明らかで、今、修正波の円高波動と見ています。一部、エコノミスト達の中には1ドル=50円くらいまで円高に進むと言う方達もいらっしゃいますが、各通貨の波動を見ていると、とてもそのようには感じせまん。通貨の動きに関してはファンダメンタルズだけで予測できるほど簡単なものではないとの認識です。仮に1ドル=50円くらいまで円高に進めば、日経平均は1000円くらいまで下がって日本経済が壊滅的になってしまうのでは・・ 円高が進んだとしても75~79円くらいで止まり、巨大なダブルボトムが形成されるシナリオになるように見ています(80円台で止まる可能性もあり) 全通貨に対して金は独歩高の流れに入りつつありますので、猛烈な円安とNYの金高が同時に起こる環境もこの先十分考えられ、楽しみです。1ドル=80円割れの水準はドルと日本株の買い場だと見ています。


2009/05/06 21:49URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様 こんばんわ。

ユーロ高となると原油や鉱物資源、穀物も上がる前触れと考えてよさそうですね。
2009/05/06 18:11URL | Stein[ 編集]


私はFXトレーダーですが、同じ見方です。ドル円は来年か再来年に75円前後をつけ、40年間のドル安円高トレンドが終了し、長期で300円方向に。
ユーロドルは2.0は超えそうですね!
金は現物を保有しています。
これからも更新楽しみにしています!
2009/05/06 15:39URL | a[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。