市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








覇権を握る中国


4月24日、中国の新華社電は、国家外貨管理局の胡暁煉局長(胡暁煉は中国人民銀行[中央銀行]の副総裁と国家外貨管理局の局長を兼務している)が、中国の金準備高は2003年の600トンから454トン増加し、現在1054トンとなったことを発言したと伝えた。(※増加分は国内生産のものによる) この発表と同時に国際通貨基金(IMF)が保有する3217トンの金塊を買い取りたいと要求するような発言もしている。中国のアメリカに対するドル不信は相当なものなのだろう。今回の発表はドル崩壊に備えて金をこれからも備蓄し続けるという強い意志を、金融市場に伝えることを目的とします。中国は、金を国際的な金融計画(ドルにかわる貿易決済通貨に発展するかもしれない新通貨の計画 ) の重要な部分とみなします。 中国のアメリカに対する通貨戦争は今後激化することが予想され、金価格に与える影響も小さくはないはず。外貨準備金に対する金塊の保有率を高め、脱ドルの動きは明確だ(⇒記事)また、中国のHou Huimin氏(中国金協会の副総書記)は、中国政府は5000トンまで金準備を増やすべきだと述べ、中国国内の多くの経済学者達は外貨準備金を米国債ではなく金で運用すべきだと答えている。現在、外貨準備金2兆ドルに対しての金塊保有率は1.55%、仮に金塊を5000トンまで増やした場合、金塊保有率は7.35%となる。米国75%、ドイツ62.5%、フランス50.2%、イタリア50.2%、スイス40.8%と比べれば、中国の金塊保有率は著しく低い。積極的に金を買い増しているロシアも保有率はまだ3~4%程度であり、ドル崩壊が迫る中、今後さらに買い増すことが予想されます。・・・→人気 Blog RankinG







     1994 CHINA GOLD COIN







現段階では、中国は世界一の米国債保有国であり、米国債の急いだ売却はドルと国債価格の暴落を助長させ、自分の首を絞めることになる。ゆえに中国人民銀行の胡暁煉副総裁は、3月23日の記者会見において、「信用リスクが比較的低い米国債への投資は外貨準備の運用における重要な一部分であり、こうした投資は今後も続ける」と、価格を維持する為に今後も米国債を継続的に買い続けていくという事を名言しました。しかし、今買っている米国債は短期債であり、長期債は買っていない。中国では、金融危機により輸出の急速な減少に伴って、外貨準備が既に頭打ちとなっているようで、胡暁煉副総裁も「中国では大規模な資本流出は起きていないが、1~2年の大量の資本流入は減速している」と認めています。米国債を購入する外貨準備の頭打ち状況が続けば、米国は自国で国債を購入する以外に選択肢が無くなります。FRBが3月に自国の長期国債を買うという禁じ手を発表したのはこのためでしょう。しかし、自国が債券を購入するという構図は、債券の信用度にとって良い事とは思えません。他人が欲しくないものを自分で買い取ると言うのは、信用度が低いと見られてしまうのは当然だからです。国債が国の財政を支える中において、国債の信用度の低下は、国自体の信用度を低下させる可能性があります。また、 中国人民銀行の周小川総裁は3月23日、金融サミットG20(4月2日)を控え、現在の米ドル中心の国際通貨体制の見直しを求める論文を発表しました。総裁は「基軸通貨国だけでは十分な流動性の提供と通貨の安定を両立することはできない」として、ドル基軸体制の限界を指摘。周総裁は解決策として国際通貨基金(IMF)の準備資産である特別引き出し権(SDR)の役割を向上させるべきだと主張。SDRを構成する通貨の比率について国内総生産(GDP)に応じた見直しを求め、人民元を構成通貨に加えるべきだとの考えを示した。具体的な内容は、人民元、ルーブル、金をバスケット通貨であるSDRの構成通貨として新たに追加するというもの。中国とロシアが急いで金塊を買い増している理由としては、まさに新通貨誕生のための準備と言えるでしょう。→
FC2 Blog Ranking







gold-bars.jpg









ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







今日は臨時で書きました。月末にかけて少しずつ更新を再開していきます!






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖男氏の金復活は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  


      

  応援ありがとうございま~す ♪   

  




ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄04⁄26 23:40 カテゴリー:ニュース comment(6) trackback(0)
▲pagetop












コメント


ブログ更新再開します
きのう、やっと一息ついたところです。お待たせしました。コメントの返信も遅れてすいません。今から情報収集してブログの更新をしたいと思いますのでもうしばらくお待ち下さい。いろいろ情報は入っています。もしよければ、更新するまでの間、私のもうひとつのブログ「Sweet Memories」をのぞいてやってください。半年ほど前に松田聖子さんの動画をユーチューブで見て感動したのでファンになりました。それがきっかけで松田聖子さんの良さを伝えたいと思いブログを作成。昔は全く関心なかったんですが、今になって彼女の曲は心に響いています。⇒http://seiko77.blog26.fc2.com/

株投資JAPANさんへ お返事遅れました。お気に入り・リンク集の相互リンク集に追加させていただきました。

相互リンク募集中!!

まめさんへ
まめさんは、もしかして豆長者さんですか?

プニさんへ
金融アストロロジーはサイクルを見る上では非常に重要かつ有効だと思います。サイクル理論は軽視されがちですが、いろいろな現象にはやはりサイクルが存在します。1年の中に春夏秋冬があるように。金融アストロロジーはこれの延長であり、特別なことではありません。自然界のサイクルの応用です。ドル円は明らかに金星逆行開始から上値は重たくなり、徐々にですが、ドル安円高に崩れる戻り天井を形成中。18ヵ月ごとに訪れる逆行開始から通常6ヵ月間は円高・金高の方向に動くため、今年の9月初旬が円高・金高のピークになると思います。本日、ドル指数は天井形成するまであとわずかということを確認できていますので、まもなくドル崩壊はスタートすると思います。同時に円指数の下落も起きるかもしれませんが、ドル円は月末に月足で18ヵ月移動平均線(今月は101円61銭)を超えるのはほぼ無理でしょう。今、FXならドルのいい売り場ではないでしょうか。戦略は月末に18ヵ月移動平均線の価格でストップロスの設定をして、ドル売りのポジションを積み上げる時期だと思います。全ての判断は月末のレートで決めています。金は、4・5月の安値が買い場。1000ドル超えないうちに買うことを強くお勧めします。ブログで詳しく紹介しますが、現在の波動パターンを見る限り、次1000ドル超えた後は二度と1000ドル以下にならない可能性があります。ゆえに今買うべきです。NY金週足チャートを見るとダブルトップを思わせる形を描いていますが、このパターンは形成されないはず。なぜなら、1000ドル超えのトップ間の時間がかかりすぎているからです。これはダブルトップではなく、強い上昇波動中に現れる珍しいタイプの逆三尊であり、時間をかけて巨大な足場をつくり、上に大きく放れる動きになるはずです。まず、1000ドル超えた後は1300ドル超えが目先の目標になるとみています。歴史的な22年サイクルの中の細かい波動サイクルを見ても、やはり今は金を積極的に買っていく場面です。まだ本格的な上昇には入っていません。今はまだ足場を固めている最中であり、瞬間の安値は拾うのみです。

ぶうりんさんへ
気遣いありがとうございます。さらに質の高い情報提供を目指してがんばりますので応援よろしくお願いします。国家が金を保有するということ自体、国家が金を国を守るための重要な資産であると認めていることの証です。それ故、金に関する情報は国家機密レベルであり、マスコミ通じて国民に真実を語るはずがありません。真実を伝える時は意図的な戦略です。今の中国のように。国民には伝えない主義と見ていいでしょう。故に外部に情報が漏れると、陰謀論扱いして、もみ消そうとします。歴史的に見ても、国というのは財政破綻寸前になると国民に平気で嘘をつき、裏切ります。やはり私達の財産は自分で考えて守るしかないというのが私の考えです。特に今の世の中は、銀行の支配者層が政府を動かす特権を持っているため、私利私欲を追求する彼らと私達の戦いがこれからも続くと思います。

金萬福さんへ
金はプロの鉱山会社であっても1トンあたりの鉱石から平均5グラムの金しか採掘できません。(世界最高品位の鉱山は、鹿児島県にある住友金属鉱山所有の菱刈鉱山で平均金量40グラム) つまり莫大なコストが金採掘にはかかるということです。砂金掘では数千人が動いても、コストに見合うだけの量を確保するのはほぼ絶望的だと思います。現時点では日本はレアメタル(希少金属)や金をリサイクルして輸出にまわしていました。しかし、リサイクル関係法が準備されていることに政府の考えが読み取れますが、輸出ではなく備蓄に動こうとしています。日本は世界一の都市鉱山を持っていますので、政府は今のうちに備蓄を計ろうとしています。この動きは中国を中心にしてインド、ロシア、日本と全世界に広がりを見せています。またレアメタルパニックになるかもしれません。中村繁夫氏の著者「レアメタル・パニック」は参考になります。結論としては、世界各地の都市鉱山は金の備蓄にまわり、金鉱山での生産は銀行の融資ストップと鉱山の品位低下によるコストアップから慢性的な供給減は必至です。これはレアメタルも同じでしょう。

金さん銀さんへ
上に放れるためにエネルギーを蓄えている今に期待しましょう。動かない期間が長いほど、相場は強くなります。
2009/05/04 20:11URL | 投資小僧[ 編集]


上がらないっすね 金
2009/05/03 18:54URL | 金さん銀さん[ 編集]


投資小僧様

復活ありがとうございます。
今後とも楽しみにしています。
所でサブプライムローン関係の失業者が
砂金堀をはじめ、今では4000人を越える
作業者が川に群がっていると言うニュースを
聞きました。
金の流通量が大幅に増えると価格は
下がると思いますが、
その辺ってどうなんですかね?
私個人の見解では、パソコン機器、精密機器のリサイクル関係法が準備され、
日本国内でも、金やプラチナの確保に
躍起になっており、市場としては
供給不足ぎみなのだと、解釈しています。
つまり価格破壊は起こらないと思うのですが、どうでしょうか?
2009/04/30 13:11URL | 金萬福[ 編集]


久し振りに覗いてみましたら更新されていてビックリしました。
いつも有益な情報をありがとうございます。
本業に支障をきたさない程度に更新していただければ大変嬉しいです。
楽しみにお待ちしています。
2009/04/28 16:18URL | ぶぅりん[ 編集]


投資小僧様

金融アストロジーは、不思議に当たりますね。
4月18日の最安値で、地金買い増しできました。
有難うございます。
ドル円も101.44で当面天井をうちそうですし、アナリストが円安予想者が増えてますから夏に向けて 円高かな。

人の歩かぬ道に真実あり。

どうなりますか?
2009/04/27 23:04URL | プニ[ 編集]


久々に来たら書き込みが
いよいよ復活ですね。
徐々にとのコトですが楽しみにしています。
それでは!
2009/04/27 21:52URL | まめ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。