市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








崩された金価格 


今回、私の予想は大きくはずれ、NY金の短期テクニカルは、調整局面を示している。日足で短期上昇トレンドラインを割り込み、一目均衡表の雲を下抜けた。さらに節目の880ドルを割ったため、1000ドル超えまでは少し時間を要すると思います。800ドル台は維持し、200日移動平均線付近で揉み合う可能性あり。中期~長期見通しは強気に変化はなく、昨年7月末~10月末のような暴落する環境にもあらず。昨年と現在の大きな違いは、昨年、ドル指数と米長期国債は暴騰し、ユーロ、商品価格は全面安の環境であったが、今は逆。NY連銀などが金価格を売り崩そうとしても、ほぼ不可能に近いと思う。なぜなら、金価格に連動する指標が金買いを示す他、ここ数ヵ月で米国が刷ったドルの量は200年かけて刷った量をはるかに超えており、全通貨で見ても、通貨供給量の急激な増大は確実に通貨インフレを引き起こしている。ある日、突然、デフレからスーパーインフレにシフトしてもおかしくない環境にあり、金価格も指数関数的に上昇し始める芽がある。おそらく、今回の金価格下落の後に来る上昇は劇的なものになることが予想されます。安値は買うしかないと考えます。今回、G20の声明はインフレ覚悟の大規模な財政出動の発表であり、株高、商品価格全面高と素直に反応。金のみ狙い撃ちされたように下落しましたが、カラ売り筋がG20のタイミングを狙って、売り崩したとしか考えられず。IMFの金売却合意報道に弱気になる必要もない。403トンの売却は、昨年決定した合意の再確認であり、市場には一切放出されない。また、今後いかなる追加売却があろうとも市場には放出されない予定とのこと。買い手は各国の中央銀行であり、話はついている。  
⇒4月5日付けのウォール・ストリート・ジャーナル参照。







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







NY金日足 青は75日、緑は200日平均線、ストキャスティクス
NY金日足 青は75日、緑は200日平均線、ストキャスティクス

NY金週足 ボリンジャーバンド、RSI
NY金週足 ボリンジャーバンド、RSI

ドル指数週足 ボリンジャーバンド
ドル指数週足 ボリンジャーバンド

米国債30年物価格週足 ボリンジャーバンド
米国債30年物価格週足 ボリンジャーバンド

ドル円月足 緑ラインは18カ月移動平均線
ドル円月足 緑ラインは18カ月移動平均線







おわび : 勝手ながら諸事情により、4月末までブログの更新、コメントの返信を停止します(ETF残高のみ更新) 引き続き応援よろしくお願いします。







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  






2009⁄04⁄08 07:32 カテゴリー:データ comment(14) trackback(0)
▲pagetop












コメント



ブログ更新止めるのですか?
それは残念、
しかし、ビッグニュースがあったときは
すぐに、知らせてください。
楽しみにしています。
2009/04/11 11:50URL | ひつまぶし[ 編集]

金本位制
4月9日、ファイナンシャル・タイムズ・ロンドン版に、米国が金本位制を復活させるためには、金価格を最低、1オンス=6000ドル、日本、中国も参加した場合、9000ドルまで価格を引き上げる必要があると出てたぞ!ダボス会議でも金本位のことは話し合われていたそうな。ソースは自分で探してくれ
2009/04/10 07:05URL | クリス北村[ 編集]

投資小僧様
世界で国債乱発で長期金利は上昇してきました。
今は株高の季節ですがやはり8月以降の下半期が本格的なゴールド高ではないでしょか?
2009/04/09 17:24URL | てつ[ 編集]


以下の、亀井さんの4月8日付けのブログ(資金供給いよいよ枯渇化の可能性)は、信憑性あるんじゃないでしょうか。

http://blog.goo.ne.jp/msi021112/e/4a964fe7d638f477babb98a40d0311ff

GMも6月以降はかなりヤバいらしいので。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090408-00000018-jij-int


2009/04/09 13:24URL | きつねうどん[ 編集]

ソロス
ジョージ・ソロスは今年の初め850ドルで金を買ったと聞いたから、850ドル以下に下がったら買いではないかい?なんでも、ソロスはソロスチャートなるものを開発して、インフレの度合いをよく理解しているから、金投資にはめっぽう強いとのウワサ。ポンド売り、金買いで過去大勝利してる。850ドル割れ希望。買い増しのチャンス
2009/04/09 06:36URL | ゴールドマン[ 編集]

連銀を倒せ
イーグルヒットは、あまり好きじゃない。自分は小僧派


こう~なったら、皆で力を合わせてNY連銀を倒すしかない! 下げたら、金を買って買って買いまくるのみ。



以下はロスチャイルドの息がかかったGFMSのニュースだよ


金相場、年内に1100ドル突破も=GFMS(ロイター8日)

英金属調査会社GFMSは7日発表したリポートで、金相場がインフレ懸念、ドル安、金融不安を背景に、年内に1オンス=1100ドルを突破する可能性があることを指摘した。それによると、「投資家主導で1000ドルを優に上回る水準に上昇する公算はかなり大きく、1100ドル突破の可能性も否定できない」という。同リポートは「財政・金融策の導入に伴う先行き不安が、資金の逃避先の性質を持つ安全資産の追い風になる見通しだ」と説明。一方、「これが最終的にドル相場に与えうる影響も無視できない」としている。ドルの下落は通常、それに代わる資産として買われることも多い金にプラスとなる。インフレについては、「依然としてデフレの地域があるかもしれないが、状況が変わる可能性は十分にある」と指摘した。また、GFMSのクラプウィク会長は、2009年の世界の金投資額が400億ドルに急増する可能性があると予想した。宝飾需要で見込まれる2ケタの減少による影響を補う勢いだとしている。同社のリポートによると、08年の世界の金投資額は260億ドルと、07年の140億ドルから急増した。
2009/04/08 23:54URL | クリス北村[ 編集]

小出某のブログ
横槍を入れるようでわるいですが、書いていることが支離滅裂で精神のまともな人が書いているとは思えません。一時ロスチャイルドの一味風を醸し出していましたが結局ソースはほとんど新聞やネットの記事です。やたらともこ某という人のブログも参照していますが、同一人物もしくは同じ穴の狢では?金融危機になると藁にもすがりたくなるものです。投資小僧さん、その他の皆さんも一度読まれてご意見いただければ幸いです。
2009/04/08 22:04URL | Dr.Dooom[ 編集]


以下「ともこの不景気奮闘日記」も一つの仮説として紹介します。

http://ameblo.jp/fukeiki01/

このブログの本日4月8日付け記事には、デビッド・ロックフェラー(現在93歳)死去以降に、米ドル崩壊→ロックフェラーVSロスチャイルドの抗争本格化→金(ゴールド)価格暴騰などの流れが予想されています。

また、イーグルヒットG1(小出宏美氏のブログ)では、ソロスはロスチャイルド側の代理人なので、ソロスの発言が「あたかも予言のような口ぶり」であるのは、「予言」ではなく「あくまでロスチャイルド側の明確な意思に基づいた実行計画である」という認識が必要だ、とのことです。

あくまでこれも一つの仮説に過ぎませんが、ご紹介します。

2009/04/08 19:21URL | きつねうどん[ 編集]

お願い
金に関する最新ニュースや情報などがあれば、ぜひコメントして下さい。お待ちしております。
2009/04/08 13:24URL | 投資小僧[ 編集]

ドル円
記事の追記。ドル円に関して。記事記載のドル円月足チャートでは、今月、18ヵ月移動平均線が102円39銭。現在のサイクルを見る限り、移動平均線の向きは円高であり、月末終値が移動平均線を確実に超えない限り、円高トレンドに変化なし。ドル指数はすでに崩壊しているため、まだ円高トレンドは継続するものと考えます。まもなく、自律反発の円安は終わる見通し。FXのドル売り場が近いのでは。目標値は、1ドル=70円台。ストップロスは月末終値が18ヵ月移動平均線を超えた時。ドル売り再開が明確になれば、金も弱気から強気モードへ。
2009/04/08 12:53URL | 投資小僧[ 編集]


aさん、年内1500ドル超え、私も信じています。

金萬福さん、ありがとうございます。応援引き続きよろしくお願いします
2009/04/08 12:50URL | 投資小僧[ 編集]


ZZさんへ 返事が遅れました。今月最後のコメントとします。ご質問の件ですが、金価格下落操作の張本人はFRBです。FRBは、アメリカ政府の機関ではなく、ユダヤ国際金融資本家の私利私欲のために1913年に設立されました。FRBはドル紙幣を発行し、米国政府に貸し付け、莫大な利子を受け取っています。その利益は年間、兆単位の額になると言われています。米国人の血税が外国金融資本家に搾取されているわけです。これは完全な犯罪です。その利益はFRBの株主であるJPモルガンやゴールドマンサックス、シティバンク、その他ロスチャイルド系の銀行の懐に入る構図です。通貨発行権は彼らの手中にあります。彼らはFRBの中心となるニューヨーク連邦銀行(中央銀行)に指令を出し、必要とあらば、ロンドン貴金属市場協会(LBMA)でブリオンバンク(JPモルガンなど)によって決められているゴールド金利GOFOを操作し、金リースレートを巧みに利用します。連銀が保管する地金、もしくはIMFから借りてきた地金を投資銀行やファンドにCOMEXでカラ売りをさせるわけです。彼らの主張は、バーナンキをはじめとして、ドルを支えるために市場操作をして何がいけないのか?と開き直っています。金鉱山会社の労働者や投資家が投資銀行の餌食になっていることに対して、彼らは何ら罪の意識はありません。ただ、アメリカ政府の議員の中には、ロン・ポール氏のように、これらのことを世間に暴露し戦っている人達もいます。現在、ロン・ポール氏は、連銀所有の8000トンの金塊を公開せよと政府に強く要求しています。実際は、金のカラ売りのし過ぎで、金地金保管庫には、金はほとんどないとの疑いがあるためです。いずれにせよ、FRBは近い将来追い詰められるはず。過去、彼らは「金の戦争」で負け続けています。近い例では、1979~1980年の金大暴騰。ロスチャイルド系であるデルバンコ一族と中東の政府が金を買いまくり、FRBの株主は破綻寸前まで追い込まれました。救ったのはIMFと言われています。次は2000年の時。JPモルガンとチェース・マンハッタンが金のカラ売りに失敗し、合併しました。彼らを追い込んだのはロスチャイルドと言われています。今度の戦いは、FRBの真実を知りつつある全世界の国民、そしてドル基軸通貨体制を終わらせようとする各国政府、対FRBの戦いです。とくに中国、ロシア、湾岸諸国は、バスケット通貨に金を組み込むことをしたたかに狙っています。FRBに勝ち目はありません。
2009/04/08 12:09URL | 投資小僧[ 編集]


失礼しました。4月末までです。本文訂正済み
2009/04/08 12:08URL | 投資小僧[ 編集]


こうなれば円デモ相当下がってもらって
買い増したいですね。
ところで、小僧さん、ブログ更新やめるのは4月末迄ですよね。


2009/04/08 11:59URL | 24[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。