市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








G20で金売却合意


2日、ロンドンで開かれたG20の共同声明では、景気回復に向けて協調路線が示された。その一部として、各国が2010年末までに総額5兆ドル(500兆円)の財政出動をすることを決定。また、IMF債券、SDRなどを通じてIMFの融資能力も大幅に強化。大規模な財政出動は景気を刺激するが、同時に通貨の価値を著しく下げ、インフレを加速させる。これらの報道を受け、株、ユーロ、商品価格は全面高、ドル指数と円は暴落した。本来なら、金は買われるべき環境であったが、商品の中で金のみ下落。これは金売却論に反応したものであり、G20では最貧国支援の資金繰りのため、保有金403トン売却する案をIMFに要請することが合意された。ただ暴落が懸念されていた割には、NY金価格は18.8ドルの下げにとどまり、SPDR金ETFの買い残高には変化なし。個人的には唯一金価格を大きく押し下げるだろうと思われていた悪材料が出尽くしたことにより、下げは絶好の買い場と感じます。また、G20での金売却合意は最終的な決定ではなく、IMF定例会議で加盟国の代表者185人のメンバーのうち85%の多数票が得られなければ、売却はできない。アメリカは一カ国で17%の投票権をもつため、アメリカ議会が承認しなければ、他国が全て賛成しても売却できないため、アメリカは事実上の拒否権をもつ。現在までアメリカ議会は反対し続けている。仮に今後売却が決定したとしても、ロシアや中国などが市場を介さず買い手となるのは必至であり、IMF金売却論は脅威ではない。おそらく、一時的な下げ要因だろう。







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







G20金融サミット ロンドン
G20金融サミット ロンドン 2009年4月2日







ドル指数日足(ドルインデックス)
ドル指数日足(ドルインデックス)

ユーロ・ドル日足
ユーロ・ドル日足







NY金日足 緑線は75日平均線、ストキャスティクス
NY金日足 緑ラインは75日移動平均線、ストキャスティクス







NY金日足チャートでは下値不安を若干感じさせる動きをしているが、円建てチャートを見る限り、下値不安は少ないと思う。以下チャートの日足均衡表では、もちあいを上放れる直前の動きをしている。目の前に厚い雲があり、そろそろ上に放れると予想。週足の均衡表でも、雲のねじれを上に抜ける位置にあり、転換線の上昇圧力をまもなく受けるはずだ。押し目買いの流れ変わらず。







sc_20090403121145.png
 円建て金日足(NY金÷円指数) 一目均衡表 スローストキャ







sc_20090403121036.png
 円建て金日足(NY金÷円指数) 一目均衡表 MACD






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪





2009⁄04⁄03 07:43 カテゴリー:ニュース comment(16) trackback(0)
▲pagetop












コメント



今日は反発してますね。このまま、880以上で引けてほしいところ。年内1500ドルは達成してほしいですね!
2009/04/08 00:48URL | a[ 編集]


投資小僧様
いつもblog楽しく拝見させていただいています。
有難うございます。
この所の予測のズレはある意味事故です。
僕は金の価値を信じていますし、
あなたの予想にも大方理解しています。
勝てば官軍!
きっと勝ちましょう!

2009/04/07 22:17URL | 金萬福[ 編集]


探検隊さん、更新遅れていることをお詫び申し上げます。最近、更新があまりできないので、忙しい時はコメント欄に書くようにしています。正直なところ、私自身が本業を続けられるかどうかの瀬戸際に今いるため、ブログを続けられるかどうかもわからない状態です。極力書くようにしますので、もうしばらくお待ちください。今回の私の予測は大きくはずれましたが、昨年の7~10月におこなわれた連銀による大規模な価格操作の時と今は全く環境が違います。当時はドル指数と米長期国債は暴騰し、ユーロ、コモディティは全面安の環境。それに対して、今は全く逆です。NY金のチャートはバランスを崩し、1000ドルを超えるのに少し時間がかかるかもしれませんが、安値は買いです。おそらく今回はカラ売り筋が主導権を握るのは難しいと思います。チャートは崩されましたが、ファンダメンタルズは相当強気。マネーサプライの増加はここ3~4ヵ月間に異常と言えるほど伸び、過去最高を記録しました。通貨インフレは日増しに高まり、結果、金価格を強く押し上げることになると思います。880ドル割れで、しばらく弱い動きをするとみていますが、円独歩安で国内はもちあい継続になりそうです。
2009/04/07 12:26URL | 投資小僧[ 編集]


てつさん、24さん、返事が遅れました。すいません これだけ短期間に大規模な財政出動したことにより、いずれ金価格に与える影響は絶大なものとなるはずです。


IMFの金売却合意のタイミングはカラ売り筋に利用されたような印象を受けます。追加売却ではない上、買い手として各国政府が名乗り出ているため、市場に金が放出されるわけではありません。あくまでも心理的な作用でしょう
2009/04/07 12:05URL | 投資小僧[ 編集]


はじめまして。
880ドルもあっさり割れちゃいましたね。
850前後まで押すかどうか・・・・
いずれ、今週は買い場探しと思ってます。

それにしても相場が下降するとブログの更新がストップするのは困ります。
投資小僧様の立場を考えるとやむを得ないのかもしれませんが。(^^;)


2009/04/07 10:25URL | 探検隊[ 編集]


Dr.dooomさん、情報ありがとうございます。
2009/04/06 12:49URL | 投資小僧[ 編集]

投資小僧さん
一説には、ドル売り金買いの大博打をはったファンドがドル高(円安)で大損をしてポジションクローズしだしているとか。
2009/04/06 12:41URL | Dr.dooom[ 編集]


aさん、プニさん、ゴールドウーマントランペットさん、金以外の金融市場の動きは予想していたような動きになりましたが、金は意外にも短期上昇トレンドラインを割り込みました。まだ下値不安はあり、強い支持線である880ドル付近を維持できるかがポイントだと思います。基本的には900ドル以下の価格は買いだと思いますが、動きが不自然なため注意が必要。ここ数ヵ月間は、900ドル割れではETFと現物の買いが見られるため、反発を期待しましょう。インドは2月と3月は輸入0。5月から婚礼シーズンに入るため、業者は4月の安値は買ってくると思います。今、ドル指数は下落中ですが、円はさらに暴落中。そのため、各国の通貨建ての金価格は円建てが一番下がりにくくなっています。


ぶぅりんさん、今回の金下落は違和感を感じさせる動きをしています。ドル指数下落、ユーロ高、コモディティ全面高、そして銀と白金も強い。G20ではインフレ覚悟の500兆円規模の財政出動宣言、全ては金買いのシグナルになると見ています。ただ、唯一、金のみ大きく下落しました。本日も夜間取引急落。G20直後、昨年承認されたIMFの金売却403トンに追加する形でまた400トン近くの金売却が合意されたと一部市場は捉えていたようです。しかし、週末、G20の出席者は否定。今回の合意は昨年承認されたことを再確認しただけのものであり、本来なら金下落の材料にはなりません。ただ、G20が開催される数日前からユーロ高・コモディティ全面高に逆行する不自然な金の動きは少し気になりました。下げの要因としては再び投資銀行主導によるカラ売りが考えられます。金のリースレート1ヵ月物のみ3月中旬以降、マイナス金利になっています。リースレートの方程式は、LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)-GOFO(ゴールド・フォワード・レート)となります。つまり、JPモルガンやゴールドマン・サックスなどのブリオンバンク(貴金属取引をする銀行)がLBMA(ロンドン貴金属市場協会)で決められているGOFOを操作している疑いがあります。投資銀行のドル調達コストより金調達コストのほうが高くなればリースレートはマイナス金利になり、金の借り手はコスト0で金塊を借りることが可能になります。こういう状態になると、短期的にはCOMEXでは売り圧力がかかります。しばらく、彼らの売りを感じない動きでしたが、今、明らかに金のみ下げているところを見ると注意したほうがよさそうですね。ただ、大きく下げる局面は買いだと思います。
2009/04/06 12:14URL | 投資小僧[ 編集]


怒涛の下げ!
2009/04/06 10:32URL | a[ 編集]


安い時に買うだけです。

要は、私に購入資金があるか否かだけ (ToT)

2009/04/05 20:36URL | [ 編集]

NY金価格
NY金は売り方のアメリカ政府と買い方の一般投資家(ロックフェラー、ロスチャイルド系除く)の仕手戦ではないでしょうか。だとするとCOMEXを手中に収めている売り方が有利ではないでしょうか。IMFの金売却のアナウンスもあり、しばらく(買い方が投げるまで)は上がらないような気がします。
2009/04/04 14:33URL | ぶぅりん[ 編集]


上がりませんね~なかなか
2009/04/04 00:55URL | ゴールドウーマントランペット[ 編集]


実物資産の王であるゴールドの押し目買いの
好機と捉えたいです。

出来れば、一時的にでも$800位にならないかな。。

2009/04/03 21:54URL | プニ[ 編集]


今回の下げは前回の長い髭を試し、二番底を形成すると見ています。
2009/04/03 19:39URL | a[ 編集]

投資小僧様
あまり下げませんでしたね!上昇トレンドには変化はないです。
これだけ全世界で財政出動を行えば後が怖いです。
2009/04/03 19:17URL | てつ[ 編集]


ゴールドだけ上がらずというのは非常にガッカリでした。
IMFは市場を通さずに売却するというし、下げ要因にならないのじゃないか、
と思っていただけに。。
NY金日足はあっさり雲に突入しましたし、
悪材料でつくしとはいえ、さらなる下落も心しときます。
2009/04/03 17:50URL | 24[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。