市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








新基軸通貨構想(新SDR)


どうやら、4月2日のロンドンで開かれるG20後、マーケットの雰囲気が一変しそうな気配がある。チャートのテクニカル、フアンダメンタルズを見ても、金を中心とした商品価格全面高の流れに入る兆しがあります。前回、私がしたシュミレーション通り、3月27日の新月前後に金価格が最高値更新をしていれば、4月の前半はG20後、大幅に下落する可能性があると見ていましたが、金価格の選んだ方向は18日のFOMC声明後、横に価格が移動するもちあいに変化。これにより、上昇エネルギー蓄積の三角もちあい形成に入り、金価格の見通しはさらに強気の見通し。もちあいを放れた後は、1オンス=1200~1300ドルをまず目指すと思われます。FRBは最後の切り札である国債買い取りのカードを使い果たし、もはや打つ手なし。すでに中国やロシアは、米国債の暴落、ドル減価、インフレは避けられないとの見通しから、金と資源の政府備蓄を増やし、ドル暴落の備えに入っている。金の世界的なアナリスト、ジェームス・ターク氏が予測する「金価格は、4月以降、1000ドル以下になることは永久にない」、この予測に近いことが近々実現すると思えます。目先の下げは強気で買っていくポイントでしょう。
・・・→人気 Blog RankinG  







まず、G20を前にして、はっきりしたことは、今回のG20で中国とロシアが中心となり、ドルにかわる新世界基軸通貨の提案をするということ。提案される内容はバスケット通貨であるIMFの特別引き出し権(SDR)を新しいシステムへ変更するというものである。現在のSDRは通貨バスケットとして、ユーロ、日本円、英ポンド、米ドルで構成されています。これに対して、今回、中国とロシアが要求している新SDRは、これに、ルーブル、中国元、金を加えるというもの。現在、中国とロシアが外貨準備金に対する金の保有を積極的に増やしている理由はこれらを実現させるためのものと考えられるでしょう。アメリカは、これら提案に対して断固拒否の構えですが、短期国債を中国に買ってもらっている現状を考えると、中国を怒らせた場合、長期債だけでなく全ての国債を自分で発行して、自分で買い取るという禁じ手を使わなければならなくなる。いずれにせよ、今回のG20は決裂の可能性が高いと見られていますが、ドルに代わる金を組み込んだ新世界基軸通貨の提案が出される意味は大きい。・・・→
FC2 Blog Ranking







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







 NY金日足 スローストキャスティクス
テクニカルチャート
 NY銀日足 スローストキャスティクス







  NY金日足 一目均衡表、ウィリアム%R
NY金日足 一目均衡表、ウィリアム%R

NY銀日足 一目均衡表、ウィリアム%R
  NY銀日足 一目均衡表、ウィリアム%R







東京金週足(当限) ボリンジャーバンド
東京金週足(当限) ボリンジャーバンド

東京銀週足(当限) ボリンジャーバンド
東京銀週足(当限) ボリンジャーバンド







  円建て金日足(NY金÷円指数)一目均衡表
円建て金日足(NY金÷円指数)一目均衡表

円建て銀日足(NY金÷円指数)一目均衡表
  円建て銀日足(NY金÷円指数)一目均衡表







CRB指数週足 ボリンジャーバンド、MACD
  CRB指数週足 ボリンジャーバンド、MACD

NY原油週足 ボリンジャーバンド、MACD
  NY原油週足 ボリンジャーバンド、MACD

NY銅週足 ボリンジャーバンド、MACD
  NY銅週足 ボリンジャーバンド、MACD

Agricultural Commodities Index (GKX) 農産物指数週足
  農産物指数週足 Agricultural Commodities Index (GKX) 






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位  

  人気ブログランキング 先物 3位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄30 05:00 カテゴリー:ニュース comment(6) trackback(0)
▲pagetop












コメント



はじめまして。いつも携帯から楽しみにしてます。昨日は押し目買いのチャンスでしたね~ 迷ったあげく買いませんでした。ここのコメントには気がつかなくて…
またここぞというときに頼りにしてます!
2009/04/01 10:43URL | ウサコ[ 編集]

金の謎
はじめまして。未だ知られざるゴールドの壮大なストーリーですか。そうゆう話、大好きです。是非続けて下さい(^^)
2009/04/01 04:57URL | 少佐[ 編集]

神々の指紋
このブログをきっけに、金のことは全て調べてやろうと思い、数々の調査・研究をしてきました。しかし、未だ壁にぶちあたっているのが、どうして、ここまで人々は金に魅了され、古代文明に至るまで、金は特別な金属として扱われてきたのか?ここが大きな謎。しかも、金をめぐり権力者達が数千年争い続けている。一般的なイメージとしては、腐食しないし、希少性が高い、そして、輝きが特別美しい、加工しやすいからと様々なことが言われている。しかし、もっと特別な何かがあるような気がしてなりません。現在、世界最古と言われている黄金文明は今から7000年前のトラキアの黄金文明(ブルガリア)。これはエジプトの黄金文明よりはるかに古い。しかし、最近の考古学や地質学などの調査では、科学的な検証の下、エジプト文明は7000~1万年前という説が有力になってきました。歴史の教科書はいずれ書き換えられるということになります。神々の指紋でベストセラー作家になったグラハム・ハンコックは新鋭の考古学者であり、彼の説では12500年前にエジプト文明は発祥したと唱えている。これ以前の話になると、まるで有り得ない話の展開になりますが、20万年続いたアトランティスの超古代文明が氷河期や地殻変動により滅び、彼らの生き残りが12500年前、エジプトに辿り着き、彼らの高度な科学や人類の叡知をエジプト人に伝えたとハンコックは語っています。疑いたくなるような話ですが、確かにエジプトの文明は天文学や数学などを見ても数千年前のものとは思えないくらい発達している。ヨーロッパでは17世紀の中世の頃は、地球は丸いと言っただけでキチガイ扱いでした。今からわずか数百年前の話です。しかし、エジプト文明の天文学は。惑星の公転周期など、小数点の単位まで誤差のない数値を計算できるほど高度なものでした。これだけの高等数学が使えるなら、もっと以前に高度な文明があったことは十分考えられます。人類は高度な文明が成熟するたびに地球を定期的に襲う地殻変動で滅びてきたのかもしれないと最近思ったりする。さて、話は金に戻りますが、このエジプト文明だけでなく世界各地の数々の文明に出てくる神々の神話では、金は万物の王、神の金属として扱われています。通貨としての金、それより以前は、神聖なる神の金属として扱われていたわけです。もしかしたら、本当に金は数万年前から、神聖なる金属として使われていたのかもしれない。まだ未知なる領域ですが、金にはまだ誰も知らない壮大なる歴史のストーリーが刻まれているように感じます。数万年以上、人類が金と共に歩んできた道のりが人々のDNAの奥深くに刻まれているのでしょう。つづく・・
2009/03/31 20:05URL | 投資小僧[ 編集]

訂正
下記のコメントにある包み足は間違いです。正しくは、はらみ線。失礼しました。通常、はらみ線は信頼性の高い買いシグナルと言われています。
2009/03/31 17:08URL | 投資小僧[ 編集]

金に強気する時
ここ数日、国内商品アナリスト達の金価格の見通しは、かなり弱気。それに対し、欧米のアナリスト達の間では、2500~5000ドル説が定着しつつある。私も強気派。各国による紙幣ばらまきがインフレリスクを増大させるというのが彼らの主張。景気を刺激することにより、雇用が増え、株価は上昇するかもしれないが、副作用としてマネーの激しいインフレを生み出す。デフレ環境に慣れきった日本人にはピンとこないのかもしれない。現在のもちあい相場は、強い上昇波を生み出すためのエネルギー蓄積期間であり、中期8年サイクルが昨年3月に終わり、10月にボトムを形成している。そして、現在、再び新しい8年の上昇サイクルがスタートしたばかり。昨日、東京金先物価格は日足チャートで大陰線を形成しましたが、転換線と基準線に接触していたため、買い線である。本日は昨日の安値2974円を割らない包み足(買い線)を形成中。弱気になる指標は見当たらず、週足チャートで見ても、パラボリック2974円と雲の下壁に支えられ、押し目買いのポイントでしょう。気になる点はIMFの金売却論。昨日も資金調達のため売却は濃厚と報道されていましたが、金価格はあまり反応せず。G20で合意されても、最終的にアメリカ議会の承認を必要とするため、売却決定まで数ヵ月は要する。既に金売却報道は価格におり込み済みかもしれない。商品価格は、ほとんどの銘柄が大底を打ち、買いシグナルが出ているため、G20前の下落は金を含め、買いのポイントでしょう。今は強気する時。マネーのインフレ加速は止まらない。
2009/03/31 16:46URL | 投資小僧[ 編集]


ナカシマさん、心配かけました。気遣い、ありがとうがとうございます。
山崎さん、近い将来、ブログを書籍化できればと考えています。超古代文明から始まる金の壮大なストーリー、マネーの本質など盛り込んだ興味深い作品にしてみたいですね 出来上がった時はぜひ読んでやってください。
てつさん、G20を前にして各国がかけひきをしています。基軸通貨をめぐり、しばらく戦いが続きそうですね 今回のG20はアメリカの拒否から決裂の見通し。
Dr.doomさん、やはり一部は一生物として保有し続けたいですね
2009/03/30 10:39URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。