市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








FOMCで米国債の買い取り決定


日本時間19日3時15分、米国で開催されていた米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の据え置きと米国債の買い取りが発表された。詳細は、今後半年間で中長期の国債を最大3000億ドル(約29兆円)を買い取る予定。6日、ニューヨーク連銀のダイドリー総裁は「現時点で長期国債を買うのは金融市場の混乱を和らげるのに最適とは言えない。時期尚早」と長期国債の買い入れに慎重な考えを示していただけに今回の決定は市場に驚きを与えたようだ。また、FOMC声明により、ドル指数は暴落、ユーロと金、米長期国債価格が激しく暴騰している。今月はスイスが通貨の切り下げ(フラン売りの介入と利下げ)を行い、英国と日本が長期国債の買い取りを実施した。流れは世界の主要国が通貨の切り下げに動いていて、金に対して全通貨が下落する長期トレンドに入っている。FRBによる米国債の買い取り決定は、ある意味パンドラの箱を開けてしまった重大な出来事とも言えるでしょう。禁じ手を使わないといけないほど米国は資金調達が困難な状態にあり、中国頼みの国債発行乱発も限界に近づきつつある。NY金のテクニカルも17日から始まった上昇圧力に本日反応し始めたため、年内1500ドル超えの足場は固まったと言えるでしょう。本日、激しい円高のため、国内金価格はあまり上昇しませんが、金星逆行初期の特徴であり、次第に円高に負けない国内金価格の上昇加速が見られると思いますので、今はじっくり待つのみ。
・・・→人気 Blog RankinG







世界最大の金ETF(SPDR GOLD SHARES)の買い残高が再び過去最高を更新。前日比+15.28トンの1084.33トンとなった。また、スイスでは先週G20前の12日にスイス国立銀行(SNB)がフラン売りの介入を行ったことにより、スイス国内では金買いが殺到。スイスのプライベートバンク、ジュリアス・ベアが発行する金ETFの買い残高は一週間で20%増加した。17日時点での買い残高は27.3トン。スイスには、チューリッヒ・カントナルバンク(ZKB)の設定する金ETFもある。(スイス最大)
・・・→
FC2 Blog Ranking







金









ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







NY金日足 一目均衡表 スローストキャスティクス
 NY金日足 一目均衡表 スローストキャスティクス







ユーロ買いが加速している。トレンドはすでにユーロ買いに変化しているが、夏までに1ユーロ=1.500ドルを突破し、年内、史上最高値の1ユーロ=1.600ドル付近も試す可能性あり。本日、ドル指数は大暴落したが、ダブルトップの天井完成は近い。流れは、金・ユーロ買い、ドル売りに変化なし。米国債価格の上昇は短期的なものと予想。・・・→人気 Blog RankinG







ドル指数日足(ドルインデックス)
ドル指数日足(ドルインデックス)

米国債10年物価格日足
米国債10年物価格日足

ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線、ストキャスティクス
ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線、ストキャスティクス






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   





ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄19 08:30 カテゴリー:ニュース comment(5) trackback(0)











コメント



投資小僧さん、早速のご返答有難うございました。^^
投資小僧さんの仰る事、凄く良く分かります。
相場の反応も、理に叶っていますし、今回も金の価格はセオリー通りでした。
「金の価格の上昇は、凄く理に叶っている。」
だからこそ世界中多くの投資家も、金ETFも大量に買いあさっています。
投資系の雑誌も金投資で賑わい始めています。
しかし、私はふに落ちないのです。
私の方こそが勝手な推測をしている愚か者なのかもしれません。^^;
いずれにしても、未来が答えを出しますから良い経験として確かめてみたいと思います。^^

2009/03/20 07:55URL | CLOUD9[ 編集]

悪性インフレの芽
CLOUD9さん、私の勝手な憶測なんですが、ここ二日程、金だけ妙に弱く、それに対してユーロが強かったので違和感を感じていました。今朝、一時880ドル近くまで下げた時も、下げ方が不自然であり、ユーロや他の指標は金買いを示していたのにどうしてだろうと・・考えていました。そこで、なんとなく意図的なカラ売りではないかと思い始めました。FRBは、今回のFOMC声明で金価格は暴騰すると最初から理解していたので、できる限り、高値を押さえ込むために声明発表ぎりぎりまで徹底的に金価格を暴落させようとしたのではないかと思います。勝手な憶測ですいません。しかし、今回のFOMC声明は歴史に残るほどの内容の濃いものだったと見ています。ついに来たかと。ハイパーインフレ覚悟の最後の切り札を使ったと私は捉えています。
2009/03/19 20:00URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧さん、こんにちは。

何だか嫌な感じがします。
何がって、今回のプライスアクションが振り落としたのが、むしろショートでなければ良いのですが・・・。
私の目標値は、今回の安値のまだ下にありましたが、ここからもし迎えに来られるとちょっと嫌ですね。^^;
この動きでは、セオリー通りであれば本来、調整の完全終了を示唆しますが、割ってはいけない所を再び割り込み始めましたので、もう少し様子を見てみます。
希望も含めまして、このアクションをやってしまったら、もう迎えに来ないでこのまましっかりして上げて欲しいですね。^^
2009/03/19 14:00URL | CLOUD9[ 編集]


Yさん、金融アストロロジーの画像はソフトではなく、たまたま画像保存していたものを使用しました。詳しくは「芳垣宗久のアステロイド占星術」のサイトでお借りした画像になります。

24さん、再び長期金利が急騰する日が来ると思います。そんな遠くないうちに・・
2009/03/19 12:34URL | 投資小僧[ 編集]


上昇圧力が一日遅れで訪れたと言うことですか。
なるほど空売りはまだ続いているのですね。
27日まで続く(という)上昇が楽しみです。

国債をFRBが引き受けると国債自体が希薄して、金利は上がるのかと思いましたが、正反対の動きでした。
小僧さんの「一時的」という見方は納得できます。
2009/03/19 10:26URL | 24[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。