市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








FEMA、ESTA ~ 米国民の奴隷化


FEMA_logo_svg.png
FEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)







FEMAによる米国民奴隷化計画




現在の金融恐慌の進行に伴い、米国クーデター部隊FEMAによる、「反抗的市民の逮捕・監禁作戦」の実行が画策され始めている(逮捕状・裁判無し⇒米国民は裁判を受ける権利が剥奪された)。2009年に実施されるアメリカ政府による何らかの計画により、国民の暴動が起こるのを想定して、アメリカ各州に、FEMA、軍人の配備、そして死体を入れるプラスチック製の棺がブッシュの手により50万~100万個注文された。現在その棺はジョージア州にある。そして、強制収容所、移動用の強制収容所トレーラーの建設が急ピッチで進んでいる。つづきは・・・→人気 Blog RankinG







ペンシルベニア州の中部、アパラチア山脈のアランウッドに、50万坪もの巨大なFEMAの強制収容所がある。周りを取り囲む3メートルの高さの有刺鉄線 が「収容者」の脱走を阻んでいる。収容可能人数は1万2000人。現在の収容者「数」はアランウッドだけで1000人弱である。もちろん全員裁判も受けず、非合法に拘束されている。同様のFEMA運営の強制収容所が以下の場所にある。







アリゾナ州フローレンス。
カリフォルニア州ツールレイク。
オクラホマ州エルレノ。
ウェスト・バージニア州ミルポイント。
ウェスト・バージニア州アンダーソン。
ウェスト・バージニア州レイスバーグ。
サウス・カロライナ州グリーンビル。
アラバマ州モンゴメリー。
アリゾナ州ツーソン。
フロリダ州アボンバーグ。
アラスカ州メルエンドーフ。







各収容所には、毒ガスによる市民の大量虐殺用のガス室と、断首台を備えた巨大火葬場が隣接しており、FEMAは独自に全世界の数百万人分の人間の処刑、 拘束予定者リストを作成している。また、陸軍とは別に、FEMAの傭兵を使った全米各都市での「市民の強制収容」の実戦訓練が、作戦名「REXアルファ 84」「ナイトトレイン84」として繰り返されている。「ナイトトレイン84」は深夜、FEMAが、市民の自宅玄関の扉を蹴破り、突然急襲し、強制連行し、列車で強制収容所に連れ去る、という計画である。一夜明けると、ターゲットにされた者の家族全員が「こつ然と」姿を消し、警察も捜査せず、永久に住んでいた街から姿を消す事になる。どうやら、ロンドンを拠点とする「統一世界政府ワン・ワールド」を目指す国際金融資本家達はアメリカ合衆国を完全に崩壊させたがっているようだ。また、これらの狂ったような計画・法律改正はブッシュの手によっておこなわれた。つづきは・・・→ FC2 Blog Ranking







ESTA(米国入国制度変更、電子渡航認証システム)





2009年1月12日以降、、米国の法律により、米国ビザ免除プログラムを 利用して飛行機または船で米国に渡航する全ての渡航者に対して、 搭乗・乗船前に電子渡航認証(ESTA)の取得が義務付けられます。 申請・取得を行っていない渡航者は搭乗を拒否されますので、 必ずご出発72時間前(3日前)までに取得が必要です。米国乗り継ぎでカナダ・中南米など他国へ渡航される方も ESTAの事前取得が必要となります。





米入国審査:「ネットで事前申請」忘れると「搭乗不可」に



米国にビザを持たず短期滞在(90日以内)で入国する場合、2009年1月12日から、一部を事前にインターネットで申請して承認を受ける制度が導入される。しかし、この事前手続きが旅行者らにあまり知られていないため、空港に来て旅客機に搭乗できないなどのトラブルが続出することが懸念されている。国も積極的に広報しておらず、国内航空会社でつくる「定期航空協会」は成田空港でPR活動を行う。現在は薬物所持や逮捕歴などについての質問が書かれた「査証免除用フォーム」と呼ばれる紙に機内などで回答し、入国審査の際に手渡している。米国は、テロリストらの入国を防止するため「米国電子渡航認証システム」(ESTA)を導入。こうした犯罪歴などにかかわる質問の一部について、事前にインターネットのサイトで回答し、米当局から承認を受ける手続きが必要になった。具体的な申請方法は、米国土安全保障省の専用サイト(⇒ESTA)=日本語版もあり=にアクセスし、パスポート番号や過去の逮捕歴など約20項目の質問について入力する。パスポートが有効期限内なら、承認は2年間有効。米当局は搭乗の72時間(3日)前までに手続きするよう求めている。航空各社は搭乗手続きの際、承認されているかをパスポートからチェックし、出発時間までに承認がない客は搭乗させない方針。成田空港にはインターネットに接続できる端末が一部には用意されてはいるが、航空各社は現時点では事前申請のために新たな端末は置かない方針。出発直前の申請では認められないケースも出るとしており、「空港で客とトラブルになる可能性もある」と懸念する。日本航空と全日空は7月から順次、自社のホームページでシステムの説明をしている。







FEMAの動き、そしてESTAの導入、1月20日のオバマ新大統領就任式前の動きが慌ただしい。2009年、米政府による何らかの大きな計画に合わせた準備と思えます。このブログを見ている在米日本人・これから米国へ入国しようとしている方は十分注意してください。







  New World Order FEMA Coffins For American People 
  Martial Law 2009-2012 (1,000,000 Plastic Coffins)
 
  ※Coffins・・・死体を入れる棺






 FEMA Trailer Workers Speak Out
 
  ※FEMA Trailer・・・強制収容所トレーラー







       FEMA TRAIN
       FEMA TRAIN(強制収容所列車)







FEMA トレーラー
FEMA Trailer(強制収容所トレーラー)







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   







2008⁄03⁄15 21:57 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。