市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








クリスマス前後は買いのラストチャンス


NY金2月限日足 緑ラインは200日移動平均線
NY金2月限日足テクニカルチャート
NY金2月限日足 赤ラインはダウントレンドのチャンネル







上記チャートを見ると、現在200日移動平均線と赤のダウントレンドのチャンネルラインが交差したところで反落している。先週、買われ過ぎのシグナルが出ていたので、想定内の反落と思う。日柄で見ると、下げても24日のクリスマス前後まででしょう。買い方にとっては安値で買える最後のチャンスになるのでは。反発のカギとなるのは、以下ドル指数の動きを見れば一目瞭然。12月11日以降のドル指数暴落は過去最大規模のものであり、FRBによるファンダメンタルズを無視したドル買い介入の劇的な反動でしょう。現在のドル指数反発は売られ過ぎた反動の単なる戻しにしか過ぎない。戻しても短命で再び売り叩かれるのみ。現在のドル崩壊のスピードを見る限り、ここ2~3カ月以内にオバマ新大統領は通貨に対して大きな改革をせざるを得ないと思う。これだけ激しいドル崩壊の中ではアメリカはもちこたえられないと感じます。また、ドル指数日足の一目均衡表で見た場合、ドル指数はすでに雲を下に突き抜け、今度は雲の下壁が抵抗体になっている。週足のMACDは売りシグナルが出たばかり。ドル指数の崩壊がスタートした中、ドルの戻り反発は最大の金買い場でしょう。・・・→人気 Blog RankinG







ドル指数日足 一目均衡表 12月19日 81.12
  ドル指数日足 一目均衡表、MACD 







ドル指数週足 一目均衡表、MACD
  ドル指数週足 一目均衡表、MACD







ドル指数日足
ドル指数日足

NY金2月限日足 
NY金2月限日足







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄03⁄15 21:58 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。