市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金、まもなく、真の強気相場に突入


Gold May Spike to $2000 - Johann Santer.13.11.2008








11月13日、香港在住のスーパーファンド・ファイナンシャルのアナリスト、ヨハン・サンテール氏がCNBCテレビで、金価格は今後3カ月以内に、1オンス=1500~2000ドルに到達し、原油は4~5年以内に、1バレル=300ドルになると発言した。理由としては、緊急支援策を理由とした莫大なドル資金供給は深刻な2桁を超えるインフレ(ハイパーインフレ)を必然的にもたらし、それがドル建ての商品価格を押し上げるというものだ。また、重要と供給のバランスを見た場合、今後、重要は再び増加し、供給は著しく減少、そして、非常に強気の環境だと答えた。→人気 Blog RankinG







GOLD BAR LIST
 Citigroup sees $2000 gold next year (Citi FX)   







今月に入り、アナリストによる強気の金価格予想が相次いでいる。彼らに共通しているのは、深刻な米財政悪化がドルの価値を切り下げ、ハイパーインフレは避けられないという見方だ。しかも、それは目前に迫っているという。現在のドル負債額、収入、負債の増加率を冷静に見てもドル回復確率は0である。シティグループの出したレポートは金価格が来年2000ドルを超えるとみている。シティがこのようなレポートを出したということは、おそらく恐慌を引き起こした銀行家達は、今後、ドルを買い支え金を売るのを止めるだろう。シティのレポートはどう見ても、白旗をあげたと言わざるを得ない内容だ。この1カ月ほどのFRBの動きを見ても、借金を踏み倒す(ドルの平価切り下げ)方向に政策を切り替えたとしか思えないような行動をしている。とにかく、ドルを無尽蔵に刷りまくっている。アメリカが助かる道はドルをわざと暴落させ、ハイパーインフレを引き起こすしかない。そろそろ、銀行家達が最後の仕上げをする時が近づいていると思う。おそらく、近いうちに歴史的な金価格の暴騰が始まるはず。つづきは・・・→ FC2 Blog Ranking







金リース市場の劇的な変化




11月20日と21日、1999年の9月以来9年ぶりに金リースレートがLIBOR(銀行間短期取引金利)を上回った。これは金の超強気相場が迫っていることを意味する。通常、鉱山会社やファンドなどが利用する金リースレートとは別に中央銀行がブリオンバンク(バークレイズ、JPモルガン、シティバンク、バンク・オブ・アメリカ、UBS、ゴールドマン・サックス)に金を貸し出す金利としてGOFO(Gold Forward Rate)がある。 この金利は毎日LBMAのホームページに掲載されている。(⇒LBMA) 田中貴金属で金を購入したことがある人は知っていると思いますが、LBMAとは、ロンドン金市場の登録認定機関「ロンドン地金市場協会」のことであり、田中貴金属は公認審査会社として認められた数少ない世界の5社のうちの1社です。(⇒公認審査会社) つづきは・・・→人気 Blog RankinG




       LBMA




GOFO(Gold Forward Rate)がマイナス金利になると中央銀行が金を貸す意味がなくなる。つまり、貸し出すことにより金利を得るどころか金利を取られてしまう。GOFOが急激に低下していることから数週間前に欧州の中央銀行は金リースの停止を宣言した。




Gold Lease Late = LIBOR-GOFO






金リースレートが銀行間取引金利LIBORを上回ることは、貸し手の中央銀行内で保有金に関してパニック的なことが起きていると捉えていいだろう。現在の金を取り巻く環境は1970年代後半のインフレ時と1999年の金リースレート急騰時と非常に似ている。今回は劇的な金価格急騰につながる可能性がある。以下は1999年と現在のGOFOのデータ。 つづきは・・・→ FC2 Blog Ranking







LONDON  GOFO 1999









LONDON GOFO (1999年):%




                1カ月物         2カ月物
 9月28日       +0.8700       +0.9100
 9月29日       -4.5300       -3.7800
 9月30日       -1.1300       -1.1100
10月 1日       +0.3900       +0.5400







金リースレートの上昇で破綻寸前(金キャリートレードの損失拡大)まで陥ったJPモルガンとチェース・マンハッタン銀行は9月11日に合併し、JPモルガン・チェースとなった。9月26日、欧州中央銀行15行は金の売却とリース量に制限を設けるワシントン合意を発表した。そして、9月29日と30日にGOFOはマイナスを記録。金価格は2週間で27%暴騰した。これが金価格長期上昇トレンドスタートのシグナルとなった。







      goldlease_convert_20081129194503.png







11月21日、金価格は50ドル近く急騰した。ニューヨーク、ロンドン市場ともに20日~21日にかけてGOFOがマイナスを記録。そして、金鉱株も暴騰。これは1999年9月の時と全く同じ環境だ。これらは金価格の強気のシグナルとなるでしょう。ブリオンバンクであるシティグバンクが破綻寸前まで陥ったのも21日~23日にかけてであり、23日に事実上の国有化となった。そして、26日にシティFXが金2000ドルレポートを出した。偶然ではなく、これらの一連の動きは全てつながっている。歴史は繰り返され、そして金は力強く輝くこととなる。







NEWYORK GOFO (2008年):%




                1カ月物         2カ月物
10月10日       +2.17857      +2.17143
10月20日       +1.70714      +1.70000
10月30日       +0.85714      +0.91429
11月10日       +0.54167      +0.55000
11月20日       -0.08000      -0.04500
11月21日       -0.08000      -0.04500
11月27日       +0.23833      +0.23857







LONDON GOFO (2008年):%




                1カ月物         2カ月物
11月19日       +0.08286      +0.01571
11月20日       -0.08000      -0.04500
11月21日       -1.11667      -0.07429
11月24日       -0.03667      
+0.03857
11月25日       +0.24000      +0.26667
11月28日       +0.26333      +0.26000
 






LIBOR AND GOFO








   ①金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG


     





   ②金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG







下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。アメリカの住宅ローン問題の深刻さが理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄12⁄01 00:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。