市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金の比価


GOLD/OIL Ratio
 GOLD/OIL Ratio (金価格÷原油)







現在、金の比価は15.15です。2007年1月に記録した直近の高値12.0を超え、金買い・原油売りのトレンドは明確になってきている。これは、金そのものが通貨としての意味合いが強くなってきている証でしょう。現在、デフレですが(まだ続くと思う)、これからの金価格はドルの欠陥と将来のドル平価切下げによるドル資産のハイパーインフレを織り込んでいくと思います。金の比価は30を大きく超えてもおかしくありません。現在まで、産油国は原油という実物資産を裏付けとして発展しました。その産油国が本気で金を買おうとしています。自国を守るために。恐慌により、一次産品の価格は著しく暴落し、需要は激減。生産者は壊滅的になるほど追い込まれているのです。これは、農業、鉱業、水産、林業、他すべて同じです。アメリカの投資銀行やファンドにより、金融テロを受けたと言っても過言ではないでしょう。このつけはいずれ必ず来ます。生産者は供給を著しく減らし、ドルに見切りをつけるでしょう。すでにその動きは起きつつあります。→ FC2 Blog Ranking






ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄03⁄19 04:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。