市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








G20、秘密の非公式会合


ワシントンで行われた20カ国・地域(G20)による緊急首脳会合(金融サミット)が15日閉幕。各国首脳は口をそろえて成果を強調したが、市場では課題解決に向けた即効性を疑問視する声が多い。サミットは、世界経済の成長回復や世界の金融システム改革に向けて協調することで合意するとともに、「必要なあらゆる追加的措置の実施」を盛り込んだ首脳宣言を採択した。宣言では内需刺激のための財政政策の活用のほか、金融政策による支援にも言及。監督・規制当局による国際連携の強化や国際通貨基金(IMF)、世界銀行など国際金融機関の機能強化を含めた金融市場改革の原則を確認し、実行の工程を明示した行動計画をとりまとめた。JPモルガン・チェース銀行・チーフFXストラテジストの佐々木融氏は「サミットでうたわれた透明性および説明責任の強化や健全な規制の拡大、公正性の促進などは、先行きに向けた理想論。サミット宣言は総花的だ」とし、現在の問題は、「今をどうするか」だ。その観点から言えば、サミットは何もなかったに等しいと厳しい評価を示している。(ロイター15日)・・・→人気 Blog RankinG







G20 ワシントン 11月15日
 G20 ワシントン 11月15日







The G-20's Secret Debt Solution by Larry Edelson (11/13)



私はG20の会合で、膨れ上がる負債を解決する手段として金を再評価し、全く新しい通貨制度を誕生させる議論が非公式になされると思います。もし、これらの議論がなければ驚きであり、財政危機のスピードは加速する。G20後、かなり控え目に行っても金の目標価格は1オンス=2270ドルだろう。・・・→人気 Blog RankinG







        The G-20 may propose devaluing all currencies, including the U.S. dollar and the euro.







G20では、米ドルとユーロを含むすべての通貨の平価を切り下げようとする提案があるかもしれません。それは、全世界の全ての債務負担を減らす戦略です。 同時に全ての通貨・・・の価値を下げて、全ての資産価格を再びつり上げることによってインフレを引き起こすのです。アメリカが世界最大の債務国である時から、これらは簡単な取引でありません。しかし、負債は世界中で悪化しています。また、ベン・バーナンキFRB議長、ポールソン財務長官、ブッシュ大統領、オバマ次期大統領、中央銀行総裁と政治家は世界中で新しい通貨制度が必要なことに同意しています。
つづきは・・・ → FC2 Blog Ranking







1933年、フランクリン・ルーズベルト米大統領は大恐慌を終わらすために、金本位制を廃止しました。大統領命令で国民の金を没収して、69.3%金の公定価格を切り上げ、ドルの平価を41%切り下げました。しかし、今回のG20ではアメリカは自国の通貨の平価切り下げだけを提案しないでしょう。なぜなら、現在、世界の通貨制度はあまりにも密接につながっています。その代りに世界同時の通貨切り下げを提案するでしょう。今度は国民の金没収をしません。もし、すれば、いや・・・「する提案がある」と言っただけで、世界中で暴動が起きるでしょう。しかし、今度は金没収をする必要はありません。一つのシナリオとして、中央銀行の全ての金販売を止めて、その代わりに世界の未払い債務のうち何割か貨幣化することによって、1オンス=42.22ドルの米中央銀行公定金価格を引き上げます。(金本位制の下での公定価格とは、政府が保証する金と通貨の交換価格である)→人気 Blog RankinG







そして、今度はドルが基軸通貨でとどまる代わりに新準備通貨として、新ドル、新ユーロ、新アジア通貨の3つがG20で設定されるはずだ。(中国の元は4つ目の通貨として生き残るかもしれません) ただ、新通貨は負債を数十分の一にする代わりに、私達の資産もたちまち数十分の一にしてしまうのです。国際通貨基金(IMF)は1944年の設立時から、通貨制度に関して非常事態計画があったことを心にとめておいてください。これは新しい固定為替相場の通貨体制であり、金価格を引き上げればすぐに新しい固定為替相場制は再導入されます。G20では過去起きたデフレ大恐慌の繰り返しを避けるため、強いインフレ政策を打ち出すでしょう。
FC2 Blog Ranking







IMF
  The IMF would be at the center of the new monetary system.
  






G20で、金価格に関してどんな同意をするかはここで言えないが、アメリカが負債を100%貨幣化しようとすれば(通貨の切り下げをし借金を0にする)、金の公定価格を1オンス=53000ドルに引き上げる必要があります。



50%貨幣化するためには、26500ドルまで引き上げが必要



20%貨幣化するためには、10600ドルまで引き上げが必要



10%貨幣化するためには、5300ドル以上まで引き上げが必要



つまり、アメリカの借金をわずか10%減らし、これ以上借金を増やさないために新金本位制度を導入するとなると、最低、金価格を1オンス=5300ドル以上に引き上げる必要があるのです。ただ、これらの数字はアメリカの負債に基づいて計算したものであり、ひどくなる世界全体の負債を考慮していません。G20では各国がアメリカの負債に基礎を置くと思われますが、どれくらいの負債が貨幣化(通貨の切り下げ)するのか?と問われたら、私は少なくともアメリカの借金を基準として20%の切り下げがあっても驚きません。その場合、金価格は簡単に1オンス=10000ドル以上になります。







      GOLD BAR
     If the G-20 monetizes at least 20% of the U.S. debt 
               markets,gold could easily hit $10,000 an ounce







これらのことは、大統領命令で金価格1オンス=10000ドルを公定価格とすると宣言すれば、たちまち債務の負担を減らし、目的が達成できるのです。当然、金地金を持つ人々は中央銀行に金を売るでしょう。そして、その金を中央銀行が積み上げるのです。同時に金に資産価値を見出した投資家は1オンス=10000ドルになっても売却しないでしょう。しかし、この金本位制導入で最も重要なのは人々に与える精神的なショックと通貨の切り下げです。これからみなさんが備えるべきことは、投資可能な資産のうち25%程度は金で所有してください。







上記の Larry Edelson 氏のレポートは衝撃的な内容だと思います。私は金と新通貨の完全(100%)兌換はないと思います。というのも、金の市場価格が公定価格よりも少しでも高くなれば、人々は金兌換紙幣を金と交換するでしょう。ただし、その需要を満たすだけの金が世界にはありません。これは新通貨システムを導入することにより逆効果を与えてしまうため、実現は不可能です。では、どうすればいいのか?20%程度の部分兌換であれば、人々は新通貨を金と交換しない(交換したら損する)と予測できますので、これにより中央銀行の金流出も防ぐことができます。金を軸とした21世紀型の新しい通貨システムの実現は近いでしょう。







   ①金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG


     





   ②金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG







下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。アメリカの住宅ローン問題の深刻さが理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄11⁄16 19:20 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。