市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ドル指数の崩壊と金価格の暴騰


下記チャートは米ドルLIBORと1988年以降のドル実効レート(ドルインデックス、ドル指数)の月足チャートを示す。前代未聞の金融危機により、銀行の貸し渋り・貸しはがしはひどくなり、銀行間短期取引金利の指標である米ドルLIBORは異常極まるところまで上昇していましたが、金融緩和政策でドルがじゃぶじゃぶになるまで供給され、現在米ドルLIBOR6カ月物で2.5950%まで低下。皮肉にも銀行の貸し渋りが強烈なドル需要を生み出し、ドル不足からドル高になるという現象が起きてしまった。ドルの信用が強くて起きたドル買いではなく、決済通貨としてドルが必要だったから起きたドル買いであったことは明白。現在は手元におくドル買いもある程度進み、この動きも一巡したように思う。それでは次に何が起きるか?世界中の国々が紙切れになるかもしれない米ドルで商売をするのは危険と悟り、決済通貨をユーロや円など他の通貨に変えようとする動きが日増しに高まっている。他の通貨で商取引をするようになれば、企業もドルを手当てする必要がなくなるからドルは売られることになる。新通貨構想も、やはりドル離れの動きであり、とにかく一日でも早くドル中心の取引をやめようとする動きが世界中で高まるでしょう。となると、次のステージはドル安、インフレは避けられない。夏場から起きた一連の総売りは世界恐慌初期のショック状態にしか過ぎず、ショックがある程度おさまった現在、これから市場の進んでいく道は、買われるべきものは買われ、売られるべきものは売られるという本来の姿に戻ると思います。また、下記ドル指数月足チャートではボリンジャーバンドのバンド上限まで現在上昇している。ドル買いの理由がドル手当てであったことを考えると、バンド上限の抵抗に強く押し戻され、今後ドル暴落につながる可能性は高いと思えます。→ FC2 Blog Ranking







米ドルLIBOR 6カ月物  2.5950%
米ドルLIBOR 6カ月物  2.5950%



ドル指数月足  1988年~
ドル指数月足  1988年~







以下、ドル指数日足のボリンジャーバンド中心線は現在86.31 このラインを割り込めば、ダブルトップの天井形成も視野に。また、以下に一目均衡表の遅行スパンをピンクのラインで以下に書きました。(遅行スパンは終値を結んだもの) 







ドル指数日足 2
ドル指数日足







snap_sunsetmoon2020_200811523526.jpg
  ドル指数日足の遅行スパン(ピンクライン) 黒ラインは予想







以下はドル指数日足とNY金日足の相関チャート。ドル指数が天井打てば、さすがに価格操作団も完全に追い込まれるでしょう。Xデーは近い。







ドル指数日足
ドル指数日足

NY金12月限 日足
NY金12月限日足







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄03⁄19 11:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。