市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








元FRB議長アラン・グリーンスパンの大罪


11月14日付のブルームバーグの記事の中で、1990年代後半にデリバティブに対する規制を求める 米商品先物取引委員会(CFTC)関係者達の声を無視し続けた元FRB議長グリーン・スパンのことが載っていましたので紹介します。アラン・グリーンスパンと言えば、FRB議長になる前、歴史に残る名論文「金と経済的自由」を発表した金本位制信望者である。今でも彼は折りに触れて、金本位制が現行の「制度なき制度」に比べていかに優れており、安全なものだったかについて、懐かしそうに本音を漏らしている。グリーン・スパンはまた「金融システム全体の崩壊」について、繰り返し警告していた。そして、「いつでも大災害につながり得る金融システム全体の崩壊は、実は金本位制の規律の下では決して起こりえないし、金を売却する中央銀行は愚かだ」と言っている。過去、イングランド銀行が金の売却を発表した後にも、彼はこんなコメントを発表している。「アメリカは金準備を維持するべきである。金は依然として世界の究極の支払い手段なのである。ナチス・ドイツは1944年になっても物資を調達できたが、それも金で支払っていたからである。非常時には誰も不換紙幣を受け入れないが、金は常に受け入れられるのだ」・・・ 私はグリーン・スパンの言葉をを信じていたが、現実は言っていることとやっていることは完全に真逆であり、彼こそが今の金融危機を促した張本人だと確信した。彼はFRB議長を退任してから、金融機関や市場の欲望がとんでもない金融危機を引き起こしていると批判していたが、その欲望にブレーキをかけず、むしろ推奨したのがグリーン・スパンなのです。彼は1999年の米議会で金のデリバティブに規制をかけないように声明を出している。そして、中央銀行の金リースを促し、FRBの株主の期待に応えるように積極的に金価格抑制政策を推進した。CDSというデリバティブにも規制をかけさせないようにしてきた。金利を下げ、住宅バブルを引き起こしたのも彼である。とにかく、市場自由放任主義であった彼の大罪はあまりにも大きいと思う。現在、アメリカではグリーン・スパン批判はかなり多くなっている。→ FC2 Blog Ranking







アラン・グリーンスパン 現在、ドイツ銀行のシニア・アドバイザー
アラン・グリーンスパン 現在、ドイツ銀行のシニア・アドバイザー 







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄03⁄19 10:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。