市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








血も涙もない投資銀行


今週の金価格は投資銀行による金キャリートレードとヘッジファンドによる清算売りで一時680ドルまで暴落した。22日までは、アジア市場が買い支え、COMEX金先物市場で米投資銀行やヘッジファンドがNY時間10時前後にカラ売り攻撃を執拗にしかける流れだった。しかし、23~24日にかけては株式・為替市場が暴落し、今まで耐えていたアジア勢が買いを投げ売りする動きに。この暴落を利用して、COMEXではカラ売り筋による2日連続買い戻しの動きが見られました。カラ売り筋の筋書き通りだったように思えます。アジア勢の投げ加速でオーバーシュート(行き過ぎ)した安い価格をCOMEX金先物市場が買い戻したことにより、目先の底は打ったと感じます。つづきは・・・ →人気 Blog RankinG







NY金スポット価格  22日~24日 NY時間10時に注目
NY金スポット価格(22日~24日) NY時間10時前後に注目







下記載チャートはNY金30分足。一時680ドルまで下げましたが、705ドル、730ドルの節目をぶち抜き、弱気の落とし穴と呼ばれる大底サイン点灯。さらなる上昇により、買いが加速しやすくなります。







NY金12月限 30分足
NY金12月限 30分足







しかし、意図的に買い方を追い込むこの行為は本当に許せませんね。いずれCOMEXは訴えられるのではないでしょうか。海外のサイトでも批判の嵐です。銀行は貸し渋り・貸しはがしで企業を倒産に追い込むだけでなく、個人投資家に対しても血も涙もない行為を繰り返している。銀行は国民の血税を注入されて生かされているのに、一般企業は救済の手すらない・・・ ひどいものです。しかし、朗報もあります。それは現物と先物の激しい価格差によりCOMEX金先物市場の納会日を意識して今後大きな変化がありそうだということです。いまだに海外金現物価格はオークションの入札で1トロイオンス=900ドル以上でスタートし、落札価格は1000ドル以上という状態。(⇒現物オークション) 地金は入手が困難になっており、人々は金融不安から金だけでなく実物資産である銀貨やプラチナコインにも手を伸ばしている。銀やプラチナも品薄になり、ついにアメリカとカナダ造幣局は販売だけでなくプラチナコインの製造さえ中止した。とにかく貴金属全ての需要が強すぎて買い殺到のパニックに陥っている。金だけでなく、GATAの情報では銀の価格操作の疑いもあるとのこと。現在、現物市場で手に入らないと判断した投資家が中心限月であるCOMEX金12月限に照準を合わせて、安値の現物を引き取る投資家が今後殺到すると予想されています。(12月納会日は12月29日) 以下、WGCの豊島逸夫氏のコメントも参考に。







プロの目で注目点は、コメックス12月限の大量現引きの可能性である。700ドル台で現物はとにかく世界的に品薄状態でプレミアムが付いている。そこで先物買い契約を現引きすれば、手っ取早く儲かる。とくに先物取引所の現物在庫など量的には知れたものだ。銀行預金の取り付け騒ぎならぬ、先物取引所での現物スクイ―ズ(玉締め)が起こるかも…。(豊島逸夫氏) ⇒25日号外記事







スクイ―ズとは、空売り(ショート筋)が現物の引き渡し用の手当てができず、締めあげられる現象のことを言う。今、現物の金を借りようにもリースレートは暴騰中。その結果、現物価格が先物価格を大幅に上回る極端なバックワデーションという事態が加速中だ。こうなると足元みられたショートは リンチでボコボコにされるような状況になる。最後は売り方の息の根が止まるまで暴騰し続け、大相場になることもありうる。一番近い例では、1グラム=7000円を超えるまで暴騰し続けたプラチナ。現物は品薄状態になり、リースレートは急騰。先物価格は逆さやが続いた。そして、南アの電力問題をきっかけに大相場に発展した。金の市場環境も同じようになりつつあります。つづきは・・・ →人気 Blog RankinG







10月24日(金)


金リースレート6カ月物  2.5025%(+0.00142%)

米ドルLIBOR6カ月物  3.5275%(-0.00250%)





Gold Lease Rates 2.5025%(+0.00142%)
Gold Lease Rates 2.5025%(+0.00142%)





米ドルLIBOR 6カ月物 3.5275%(-0.0025%)
米ドルLIBOR 6カ月物 3.5275%(-0.0025%)







以下ニュースは国内メディアが伝えない海外サイトの記事です。







金価格暴落でゴールド・ラッシュ(2008年10月24日 UAE)




10月24日、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビとドバイの金地金店で金買いが殺到した。この日、ニューヨークのCOMEX金先物価格は暴落し、人々はこの機会を逃すまいと真夜中まで並んで金を買ったという。店の主人の話では、この日通常の4倍の売り上げがあったという。「できれば、あと一週間この安値が続いて欲しい」と語っていた。購入者は「8月の暴落時に買い遅れたので、今日は千載一遇のチャンスと思って買いに来た」と語っている。







UAE(アラブ首長国連邦)で金買いが殺到
UAE(アラブ首長国連邦)のアブダビで金買いが殺到







国内でも、田中貴金属のホームページで、「お詫び」という形で金貨・プラチナコインの一部販売停止のコメントを載せている。⇒田中貴金属 おそらく、来年のどこかで金・銀・プラチナの現物を手に入れることは非常に難しくなるように思えます。とくに金はかなり入手は困難に。







   ①金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG

     





(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 3位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   

  




ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄10⁄25 23:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。