市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








週刊レポート


5月29日、米商品先物取引委員会(CFTC)と英金融サービス庁(FSA)は、エネルギー先物市場の監視を強化すると発表。6月3日からローマで開かれる「食糧サミット」でも食糧価格高騰の元凶として投機資金の問題が取り上げられることは避けられそうにもない。週末、これらのニュースで原油を筆頭に商品は激しく下げた。今後、これらの報道により一時的に商品下落があるかもしれない。ただ、現在の商品価格上昇の根本的な原因は、先進国の需要減退を越える新興国の爆発的な人口増加と需要増加にあり、人類が初めて味わうレベルの供給不足にある。そして、現在サブプライム問題を抱えるアメリカはドル安とインフレ政策はセットであり、原油と金の高値を維持しなければならない事情がある。(詳しくは、明日に紹介したいと思います)  まだ商品価格は天井を打つ環境にはなく、短期的な調整であり、とくに金は850ドルに近づくほどいい買い場に思えてならない。さて、本日の市況。NY金8月限は、前日比+9.8ドルの891.5ドルで終わった。ドル指数の下落と原油の反発から重要節目890ドルを回復した。29日に890ドルを終値で割れたことと、週足で陰線ローソク足で終わったことから、見通しは強気から中立に変化。水星逆行期間に突入していることも加えてNY金で846~950ドル、東京金で2880円~3141円のレンジ相場(もちあい相場)が続くと思われる。現状、下落場面は買い場と思われる。29日は、20ドルを超える下落にも関わらず、SPDRの金ETFは前日比+6.13トンの597.73トン。出来高は238966枚と急増。日足でスローストキャスティクスは19.8%まで下がり短期反発しやすい状態。一目均衡表で見ると目前にぶ厚い雲があるため、下落圧力にどう反応するかが注目ポイント。現在価格が26日前の価格を上回れない状態では本格的な上昇はありそうにもない。(遅行スパンの陽転) そして、今回の投機資金規制の発言がどれほどの影響があるか原油価格と商品価格の指標であるCRB指数の動きを観察することが重要だと思います。



CRB指数
CRB指数日足、アセンディング・トライアングル(三角もちあい)
緑のラインは75日移動平均線    重要節目は422


            
           p_triangle.gif

     アセンディング・トライアングルのブレイクアウト


上記のチャートで見ると、CRB指数はアセンディング・トライアングルをブレイクアウト(上放れ)した後、再び節目422を29日に終値で割り込んだ。警戒シグナル点灯。しかし最終的には緑のラインである75日移動平均線を下抜けしない限りは商品価格の上昇トレンドは継続である。本日は、前日比+4.29の422.17とかろうじて422を維持した。前回の高値422を越えた後、再び422を割ってさらに75日移動平均線を下回ることを「だましのブレイクアウト」または「強気の落とし穴」と言う。これは、強力な売りサインとなる。通常ブレイクアウトで買い上昇後に急落した時は、節目のすこし下でストップロスの注文を入れておくのが基本(逆指値で損切りの注文)。現在のような節目で警戒シグナルが出た時は、動きがはっきりするまで新たに買わないのが良いだろう。ゴム、一般大豆も同じく節目を割れたため注意。とうもろしは、ぎりぎり節目で耐えている。



コーン7月限
シカゴコーン7月限日足、緑のラインは75日移動平均線



シカゴコーンは、上昇トレンドライン、75日移動平均線、一目均衡表の雲の上壁、全てが576.6セントに集中。この価格を明確に割り込めば、売りシグナル点灯。その場合、500セントあたりが目標になりそう。本日は、一時579.6セントまで下げたが前日比+17セントの599.2セントで終わった。以上のように各市場で上か下かの瀬戸際。一時、静観が良いと思われる。市場間分析は後日紹介します。





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログへ      




  FC2 資産運用 3位  にほんブログ村 金先物 1位

  人気ブログランキング 先物 29位   
  
  応援ありがとうございま~す ♪
 









ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄05⁄31 23:50 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。