市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








マーケット速報


マーケットに大きな変化が出た。強気見通しであったが、要警戒の動きに。昨晩、米商品先物取引委員会(CFTC)は商品投資に対する規制強化を打ち出した。一過性と思われるが、ドル高と重なり商品全銘柄暴落。アセンディング・トライアングルを上にブレイクアウトし順調な上昇を維持するかのように見えたCRB指数だが、本日終値は、前日比-10.12の417.88。アセンディング・トライアングルの上壁422を終値で割ったため、「強気の落とし穴」と呼ばれる売りシグナル点灯。再び上昇トレンド再開を確認するためには、最低限2日連続の終値ベースでの422越えが必要となる。トライアングルの下壁を抜けたわけではないので、今しばらく動きを観察することが必要だと思えます。新たに中心限月となったNY金8月限は前日比-23.3ドルの881.7ドル。終値で890ドルの岩盤を割ったため、今しばらく850~940ドルのレンジ取引が続きそうである。金に限っては、LIBORが米欧ともに上昇中であることから、下値は限定的だと思われる。商品下落を牽引しているドル高も26週平均線である1ドル=105.66円のポイントまできているため、一方的な商品下落は考えにくい。要静観。




  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログへ      





  FC2 資産運用 2位  にほんブログ村 金先物 1位

  人気ブログランキング 先物 26位   
  
  応援ありがとうございま~す ♪





2008⁄05⁄30 08:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。