市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金価格、年内1100ドル突破?


正直、ここまで金融システムが壊滅的な状況になると、年内どこまで金価格が上昇するかはわからない。しかし、1000ドルは越え1100ドルあたりは最低狙うのではないでしょうか。場合によってはそれ以上の価格も十分あり得ると思う。すでに金市場は次元の違う世界に突入している。NYダウの動きはもう当てにならない。何回も同じ話をして申し訳ないですが、金融危機の発火点は、金融機関が資金を融通し合うインターバンク市場(国際指標はLIBOR)と債券破綻保険のCDS市場にある。ここがパニック状態に陥っている。人の体で例えると、血管に血が流れなくなり、ポールソン財務長官とバーナンキ議長が必至で心臓から血を流そうとしている。つまり、現状心臓が止まった状態であり、電気ショックで心臓を彼らが動かそうとしている。心臓が蘇生しなければ、人口心臓を使うしかない。しかし、時間の経過と共に組織は腐りつつある・・・ 彼ら米政府が一番恐れていること、それは世界中の人達の不安心理が絶頂に達しパニックになることです。彼らのとれる政策は、「心配しないで!大丈夫」と強く語るのが精一杯。銀行は預金者の全てが解約すれば、一夜にして倒産です。例え今日までAAAの格付けであっても。→ FC2 Blog Ranking







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 3位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 2位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄04⁄01 00:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。