市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金とドルの戦い


9月15日・・満月○  16日・・FOMC(米連邦公開市場委員会)



ドル指数、金、米国債の動き、米金融関連ニュース 
マーケット速報(9月15日 22:25更新)




今、米政府は目の前に迫るアメリカ合衆国崩壊をくい止めるために、あらゆる手を尽くそうとしている。しかし、ウォール街のユダヤ金融資本が金融工学を利用して作ったデリバティブ(金融派生商品)は世界中にリスクを細部まで深く組み込み過ぎたため、もはや手遅れ。超バブル崩壊の時期をずらす時間稼ぎが精一杯であり、現状、NYダウが11000ドル割れを防ぐために米金融当局が手段を選ばない行動をとっている。今回問題になっているCDO(資産担保証券)は住宅ローン債券を何本も束ねて組成した合成債券であり、米住宅公社2社だけで530兆円の債券が破裂しそうになっている。しかし、これだけでは済まない。合成債券市場には、CDOの他にCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)という4600兆円というとてつもなく大きな市場がある。今回の米住宅公社の影響がCDS市場にも飛び火することは必至と言われ、そうなれば混乱などという言葉では済まされないという。詳しくは、ジョージ・ソロス著の「ソロスは警告する」を読んでいただければ理解していただけると思いますが、まだ表面化していない大きな問題が山積みになっており、天文学的な借金を米国は抱えているということなのです。3月のベアー・スタンズ証券に対する公的資金注入をきっかけに今回の住宅公社2社、リーマン・ブラザーズの救済、そして、現在GMを始めとする米大手自動車会社(ビッグスリー)が倒産の危機にあるため、政府に約2.7兆円の特別融資を求めている状態。そして、一昨日の報道では貯蓄貸付組合(S&L)最大手ワシントン・ミューチュアルの株価が2ドルを割り込み倒産の危機にあるという。あまりにも危機に直面している大手の会社が多すぎるため、公的資金注入を一度民間に対して認めてしまえば、うちの会社も助けて欲しいと求めるのは当然のことであり、モラルハザードの連鎖が始まろうとしているのです。→ 金投資情報 ブログ村





モラルハザード・・・不道徳、倫理の欠如という意味。もともと保険用語であり、一般的な例として、工場経営者が古くなった工場を建て直したいために、新たに火災保険に加入した直後、古くなった工場に自分で火をつけて保険金をだまし取る行動。







現在の金市場は、本来買われるべき指標が出ているにも関わらず、ドル指数の上昇のみに過剰反応するような動きをしている。NY連銀の金売り介入などの噂が出るほど、誰もが経験したことがないような金融システムの崩壊がアメリカ及び世界に差し迫っているのは確かであり、各市場の動きも今後混乱極まることが予想されるため、短期的な動きは乱高下が激しくなると思われます。ただ、金価格の長期的見通しは一貫して強気に変わりなく、現状、ドル指数、米国債、米財務省の動きを観察してゆくことが短期的な動きの手がかりとなりそうです。→ 金投資情報 ブログ村







①つづきは、以下にて  4つの中のどこかに金情報があります。



  金投資情報 ブログ村       金投資情報 ブログ村
  
  金投資情報 ブログ村       金投資情報 ブログ村       






②つづきは、以下にて  4つの中のどこかに金情報があります。



  金情報 Blog RankinG        金情報 Blog RankinG
  
  金情報 Blog RankinG        金情報 Blog RankinG







下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。アメリカの住宅ローン問題の深刻さが理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログへ  



      

  にほんブログ村 先物 2位  商品先物 2位 

  人気ブログランキング 先物 2位     

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位




  応援ありがとうございま~す ♪   







ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄09⁄15 00:30 カテゴリー:未分類 comment(4) trackback(0)
▲pagetop












コメント



暴騰キター!
2008/09/18 02:26URL | [ 編集]


ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!
2008/09/16 20:21URL | サトシ[ 編集]


Hoさんへ コメントする時の数字は表示される物をそのまま打てばOKです。Hoさんの作戦は非常にいいと思いますよ!短期的な動きに惑わされず、長期的な視野で見ていきましょう!
2008/09/15 01:08URL | 投資小僧[ 編集]


Yo41・・・さん、貴重なご意見ありがとうございます。またなにか情報ありましたらよろしく。
2008/09/15 01:04URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。