市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金売りブーム


最近、町中で「金、プラ買い」という看板や広告が目につくと思います。あまりにも金やプラチナを売る人が多いので貴金属販売業者だけではなく、他業種からの参入も多いとのこと。そして、こういった現象が起きている背景には、業者から言わせると「すごく儲かるからやってます」とのこと。しかも、顧客は法外な安値でも買い取らせてくれるので業者にとっては笑いが止まりません。そして、集められた金やプラチナは品不足で困っている外国に輸出されるわけです。はっきり言って金の地金を買う時も売る時も法外な手数料を取っているのは世界広しと言え日本だけです。そして、それに対して怒らないのも日本人だけです。つまり、金に対しての相場感や感覚は、他国の人に比べると0に等しく、業者に騙されても気づいてないわけです。もし、地金を買う時、ブランドにこだわるなら、田中貴金属や三井、住友で直接買えばいいと思います。手数料にこだわるなら、先物取引で現物を引き取ればいいと思います。その場合、東京工業品取引所で引き取れる金はブランドはどこのものになるかわかりませんが、世界一純度の高い99.99%(フォーナイン)の地金が引き取れます。ブランドの中には、もちろん田中貴金属や三井金属、住友金属も含まれ、スイスの名門銀行、カナダ、イギリス、オーストラリア、アメリカ、様々な国の最高品質の金地金が受け渡し供用品として用意されています。→ 金情報 Blog Ranking








(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログへ  



      

  にほんブログ村 先物 2位  商品先物 2位 

  人気ブログランキング 先物 2位     

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位




  応援ありがとうございま~す ♪






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄04⁄06 00:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。