市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金価格の動向


NY金60分足は、直前の高値835ドルを夜間取引の60分足終値でブレイク・アウト。上昇体制に突入している。売り込まれ過ぎているだけに反動の上昇も大きくなることが想定されます。







NY金12月限 60分足 A
NY金12月限 60分足







東京金価格は、アイランド・ボトムが形成されつつあります。本日、窓をあけて、島が形成されたため、明日再び窓をあけて上昇すれば、強力なボトム完成です。ただし、東京金が底打ちする時、かなりの確率で、ダブル・ボトムを形成することが多いので注意しましょう。つまり、ここ数日以内に再び、昨日の安値2823円を割らない程度に一瞬の暴落が来る可能性があるということです。2823円を割らないことの確認作業をしてからの、上昇というわけです。来るかどうかは、わかりませんが、ダブル・ボトムを形成されたほうが、その後の上昇は強くなる傾向があります。昨年、8月17日の状況に似ているため、過去チャートを参考に一度研究してみて下さい。金相場の特徴として、上に行きたくてもエネルギー不足の時は、一度真っ逆さまに暴落して、下壁に強く体当たりして、その反動を利用し、下げた幅の最低倍返しは上昇するという傾向が見られます。






     ダブル・ボトム
ダブル・ボトム







金 C







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログへ  



      

  にほんブログ村 先物 2位  商品先物 2位 

       


  応援ありがとうございま~す ♪




 







2008⁄04⁄22 14:18 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。