市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金の波動分析、そして先物で勝つために


まず、2000年以降の金の波動分析から。



東京金は、2000年~2005年6月(1500円/グラム)までは、年間100円のペースで上昇を続けてきました。そして、2006年6月以降、NY金価格は500ドルの壁を突破すると、売り手であった各国の中央銀行や鉱山会社は買い手に変貌。2006年6月~2008年7月(3363円/グラム)までは、年間620円のペースで上昇を続けています。この期間、75日移動平均線を波動の中心線(重心)として、振動しながら上昇中。少し話しはそれますが、音波や光波は直進する時、振動しながら安定を保ち直進します。相場も同じであり、この世界で起きている物理学的な現象は、ほとんどの物が電子や原子レベルで振動することによって安定を保っています。そして、その振動の大きさ、周期によって、色、音色、性質、特徴などに違いが出ます。水は、固体→液体→気体と変化するにつれて、分子の振動が激しくなります。金も、熱エネルギーを加えると、原子の振動が激しくなり、固体→液体→気体と変化していきます。
金投資情報 ブログ村








なぜ、こんな話をしたかと言いますと、投資にはリスクが必ず伴う以上、リスクを受けいれられるだけの準備がないと負けてしまうからです。逆に準備をすることにより、強い意志と勝利を生み出します。投資全般に言えることですが、リスクはあって当然と考え、先物は追証はかかるものだという前提でしないと勝つことはできないでしょう。追証かかってから、入金というのはリスクを想定していないということになります。300万預けて、50万証拠金として使うなら、残りの250万も投資金の一部として考えるべき。先物でリスクコントロールは十分可能です。そして、回避する準備ができていれば、私は勝ち続けることはできると思います。その手助けとして、金の特徴、波動の習性を知ることによって、リスクをある程度計算することができます。いくらの金額で、どれだけ上昇したら、いくら儲かるというイメージしか自分の中になければ、底値で売って、天井で買うというパターンに陥ることが多いのです。なぜなら、人は心理的に安心できる方向にポジションを作ることが多く、暴落している時に買ったり、暴騰している時に売りを作ったりするのは心理的に恐怖を感じるため、買い方なら、なかなか底値で買うことができません。結果として、様子を見ているうちに上がりきったところで買ってしまうことになるケースが多いのです。→ 金投資情報 ブログ村







現在、2005年6月以降の金の波動には、小天井打ってからの下げ幅には、大きな差はほとんどありません。現在の調整を含めた過去9回の下げ幅は以下になります。






  ①    -325円
  ②    -508円
  ③    -354円
  ④    -324円
  ⑤    -304円
  ⑥    -350円
  ⑦    -276円
  ⑧    -442円
  ⑨    -285円(確定していません。3363円→3078円)






②と⑧だけ下げ幅が大きくなっていますが、共通点は、この下げの直前にエリオット5波動の1000円を超える上昇があったために、調整の下げが大きくなっています。→ 金投資情報 ブログ村







現在の調整を含めず、過去8回の平均下げ幅は360円、②と⑧を含めず計算すれば平均下げ幅は322円。現在、波動のレベルは2005年6月以降、まだ変化はないので、最大リスク値を買い値から-508円に設定し、過去の平均下げ幅に近いところで買えば、かなり、リスクを軽減できるでしょう) → 金投資情報 ブログ村





(注意)このデータは金特有のものであり、他の銘柄に通用するかどうかはわかりません。一度関心ある銘柄で調べてみてください。あくまで、このデータは底値で買うための確率を高めるものにしかすぎず、100%の保障はできません






ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログへ  





  FC2 資産運用 2位  株式・投資・マネー 3位 

  人気ブログランキング 先物 8位

  にほんブログ村 先物 2位  商品先物 2位 

       


  応援ありがとうございま~す ♪











ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄08⁄08 12:00 カテゴリー:未分類 comment(9) trackback(0)
▲pagetop












コメント



北海道のイメージは、夏も涼しいと思ってたんですが、日本全国どこにいても暑そうですね。大阪は暑いだけではなく、湿気が多いので、夏は死にます。北海道は食べる物がおいしくて、美人が多いので憧れの土地ですよ。景色もいいし、言うことなしですね o(^-^)o 金と金鉱株は最後に勝ちますよ。エリートが金融工学を駆使して作ったペーパー商品の時代は、もう終わりです。
2008/08/09 17:27URL | 投資小僧[ 編集]


小僧さんおはようございます。
北海道もかなり暑いです。。年々暑く
なりますね。7月から8月頭は東京、大阪より
暑い日が続きます。。。しかもエアコン
まだ主流じゃないんです(笑)
昨年、神戸大阪行ったときも今時期だったのでかなり死んでた記憶があります(笑)
でも北海道はお盆すぎたら秋に転換しますよ!
金も金鉱株も盆明けから転換じゃないでしょうか?ってそれを期待してます。

2008/08/09 11:41URL | 金欲万[ 編集]


金欲万さんへ たしかにおっしゃる通り、日本のバブルがはじけた時の円高と似ていますね。ただ、根本的には、1971年のニクソン・ショック以降、アメリカによるドル安政策による影響が、円高の直接的な原因です。つまり貿易に関しても、今まで米自動車会社ビッグスリーなどが輸出競争力を高めるために、円高誘導をアメリカ政府に圧力をかけ続けていました。世界はアメリカの都合で、アメリカ中心で動いてきたわけです。現在のドル不足による手当てのドル買いが一巡すると、またドル安は始まると思います。今度は、かなりきついのがくると思います。111円台→80円割れを想定しています。ところで、大阪は気温が35℃を超え、毎日暑いですけど、北海道はどうですか?
2008/08/09 08:30URL | 投資小僧[ 編集]


ホシさん、ありがとうございます。まー 今の私のレベルでは、まだまだ無理ですけど、相場のことは研究し続けたいと思ってます。そして、金の本当の上昇はまだスタートしていませんから、夢はこれから大きくもてそうですよ がんばってください
2008/08/09 08:14URL | 投資小僧[ 編集]


日本もバブル崩壊して株安の時って
円高だったから、アメリカもドル高に
なるんかな??ドルか不足していくって
事??
2008/08/08 21:21URL | 金欲万[ 編集]


投資小僧さんが大学の教授だったらいいのに…。なんとかもぐり込んで講義を受けたいです…。
このグラフのここが!とか指してくれるんです。
もし今回の動きの果てに少しでも勝てたら、また予め決めてある金額で今回の倍の量に行けるところを見極めて買いたいと思います。気が長すぎますか…?

2008/08/08 20:46URL | ホシ[ 編集]


ご丁寧にありがとうございますm(__)m

2008/08/08 20:39URL | 初診者[ 編集]


通常ならドルは売られますが、欧州中央銀行(ECB)が、昨晩、金利を据え置いたことから、ユーロ安・ドル高になったことと、米中古住宅販売指数が予想に反して上昇したことなどが好感されて、ドルが買われたとニュースでは言われています。ただ、私の個人的な見方では、現在のドル高は、資金繰りに行き詰まった銀行や企業が、融資の際に融資先から担保金の積み上げを迫られているため、一時的なドル不足がアメリカのビジネスでは生じているようです。そのドルの手当てによる一時的なドル買いと見ていいのでは。しかし、この不都合なドル高も、そろそろ終わりそうな兆しがあります
2008/08/08 19:16URL | 投資小僧[ 編集]


お疲れさまです。
為替のことはよくわからないのですが、昨夜ダウ暴落したのに
なぜドル高が進んでるんですか?
あんまり関係ないんですかね?
2008/08/08 15:49URL | 初診者[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。