市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








NYダウ崩壊、ドル暴落、金暴騰が迫る


7月29日22時頃、5月の米20都市圏住宅価格指数(ケース・シラー住宅指数)が発表された。前月比‐0.9%、前年比‐15.8%



スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラーが29日発表したデータによると、5月の主要20都市圏の住宅価格動向を示す指数は前月比0.9%低下した。前年比では15.8%の低下となった。  ロイターがまとめたエコノミスト予想は前月比1.0%の低下、前年比16%の低下だった。 主要10都市圏の価格動向を示す指数は前月比1.0%低下、前年比では16.9%低下した。5月の国内1戸建て住宅価格は、前年比での下落率が過去最大となった。20地域すべてで2カ月連続の前年比マイナスとなった。(ニューヨーク 29日 ロイター)→ 金投資情報 ブログ村








上記の米経済指標の内容は、アメリカでは最悪の事態が刻々と迫っていることを意味する。米住宅価格が下げ止まらない限り、米住宅公社2社の負債額は減少する見通しはなく、公的資金注入、国民負担は避けられなくなりつつある。世界金融恐慌につながる問題だけに、米住宅関連の経済指標には注目しておく必要があると思います。NYダウは、11000ドルの節目を完全に割れると、崩壊する危険性がある。現在、11250ドル付近で持ちこたえているが、崩壊は時間の問題でしょう。また、一時的なドル不足から金融機関や企業によるドル需要が発生しているため、ドル買いが続いているが、月足で18カ月移動平均線までの戻りが限界であり、あと数週間~2か月程度で、NYダウの崩壊、ドル暴落、金の一人勝ちが始まると思う。世界金融恐慌が目前に迫る中、今こそ金をしっかり買っておくべき時だと思う。金の一時的な下落は最良の買い場でしかない。今年に入ってから、各国中央銀行は外貨準備金に対する金保有の比率を大幅に上げてきていると聞く。とくに、中国、ロシア、中東、アフリカの中央銀行による金買いは加速していると予想され、NY金価格が再び1000ドルを越えれば、世界の金買いは加速するでしょう。→ 先物情報 Blog Ranking







NYダウ月足
NYダウ月足 緑ラインは12カ月移動平均線 1988年~







ドル・円月足 青は12カ月、緑ラインは18カ月移動平均線
ドル・円月足 青は12カ月、緑ラインは18カ月移動平均線







国内金価格は、本日も、ほとんど動きはなく、前日比3円安の3241円で終わった。上昇するためのエネルギーを蓄積する横への動きであり、一度20円ほどの下落が欲しいところ。その後の反発が理想的。3194円~3363円の範囲で、しばらくもちあうことが予想され、3200円前後の価格はぜひ買い拾ってみたいポイント。NY金日足チャートは、一目均衡表で8月1日に雲のねじれ日にさしかかる。8月1日は、新月●、米雇用統計の発表、そして、均衡表の変化日と重なるため、重要な節目に当たる。7月31日には、現在の価格(遅行スパン)は26営業日前の31.5ドル上昇した暴騰圧力を受けるため、早ければ30日の夜あたりから反応し始める可能性もある。今、商品価格全体が調整ムードのため、雰囲気から金を買い辛いかもしれませんが、金=商品としてではなく、通貨の代替品として見れば、やはり、今の金の下げは魅力的な買い場でしょう。→ FC2 Blog Ranking







金 7月29日







NY金8月限日足 青は50日、緑ラインは75日移動平均線
NY金8月限日足 青は50日、緑ラインは75日移動平均線







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログへ  





  FC2 資産運用 2位  株式・投資・マネー 4位 

  人気ブログランキング 先物 5位

  にほんブログ村 先物 3位  商品先物 2位 

  先物ポータルブログランキング 1位  
  


  応援ありがとうございま~す ♪














ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄07⁄29 23:52 カテゴリー:未分類 comment(1) trackback(0)
▲pagetop












コメント



低いリスクで金投資を挑むなら、安値を徹底して買う戦略でいいと思います。がんばってください!
2008/07/31 13:11URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。