市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金価格、2000ドルへの道


まもなく、金価格は新しいステージへ突入すると思う。おそらく、1000ドル以下はもう二度と出会うこともなく、三桁の価格が最後となる日は近づいているだろう。現在、ドルの独歩安、金高の流れは明確になり、各指標はサイクル通り順調に動いている。本来、ユーロ圏、英国は史上最悪と言えるほどの経済環境にあるため、通貨が買われる環境にはないが、全ての通貨が金に対して量的緩和の影響で弱くなっているため、為替レートは弱い者同士の力比べの結果となっている。金のチャートを見ると、現在960ドルの節目に到達したので利食いの調整が入りやすいポイントでしょう。しかし、1000ドル以下で留まっている時間はほとんど残されていないように感じます。長期18年サイクルの中間点である新9年上昇サイクルのスタート地点にいる今、1000ドル突破は始まりにしか過ぎないでしょう。金を取り巻くファンダメンタルズにも大きな変化あり。5月21日、アメリカ議会の上院は棚上げされていたIMFの金売却を承認した。しかし、金価格は上昇。これで悪材料は出尽くしたと言える。翌22日、スパイダー金ETFの買い残高が急増。前日比+13.14トンの1118.76トンとなった。米CFTCの報告でもCOMEX金先物において買いの取り組みが急増していることから、1000ドル超えの発射台は固まりつつあります。ここは強気で買いを入れてゆくポイントでしょう。     ・・・→人気 Blog RankinG







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







以下にNY金価格のテクニカルチャートをPDFとして掲載しましたので参考に。週足チャートを見ると、まもなく逆三尊が完成するのがわかる。(1000ドル超えで完成) 現在、右肩を形成中。この逆三尊が完成すると、波動パターンの定石では金のファンダメンタルズを全く無視したとしても、下落(-352.9ドル)の倍返し1386.8ドルは達成することになる。波動が強ければ、3倍返しの1739.7ドル以上も十分視野に入るだろう。今年達成するかどうかはわからないが、遠くない未来に2000ドルは最低目標ラインとして達成可能だろう。     ・・・→人気 Blog RankinG









NY金週足 スローストキャスティクス、MACD
 NY金週足 スローストキャスティクス、MACD







NY金日足テクニカルチャート
NY金週足テクニカルチャート







ドルは、もはやロシアの主要な準備通貨ではない(5月19日)





ロシア中央銀行の報告書によれば、ドルはロシア中央銀行の基本的な準備通貨の地位を失っており、外貨準備資産のうち、ユーロの占める割合は2009年1月1日時点で47.5 %の水準まで増加し、ドル資産は41.5%まで減少したというこことだ。(昨年はユーロ42%、ドル47%だった) ロシア中央銀行は、英ポンド、日本円、金も買い増している。      ・・・→人気 Blog RankinG






  
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖男氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   




スポンサーサイト


ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄05⁄26 01:00 カテゴリー:テクニカル comment(6) trackback(0)









| HOME |



Copyright © 2009 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。