市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








新基軸通貨構想(新SDR)


どうやら、4月2日のロンドンで開かれるG20後、マーケットの雰囲気が一変しそうな気配がある。チャートのテクニカル、フアンダメンタルズを見ても、金を中心とした商品価格全面高の流れに入る兆しがあります。前回、私がしたシュミレーション通り、3月27日の新月前後に金価格が最高値更新をしていれば、4月の前半はG20後、大幅に下落する可能性があると見ていましたが、金価格の選んだ方向は18日のFOMC声明後、横に価格が移動するもちあいに変化。これにより、上昇エネルギー蓄積の三角もちあい形成に入り、金価格の見通しはさらに強気の見通し。もちあいを放れた後は、1オンス=1200~1300ドルをまず目指すと思われます。FRBは最後の切り札である国債買い取りのカードを使い果たし、もはや打つ手なし。すでに中国やロシアは、米国債の暴落、ドル減価、インフレは避けられないとの見通しから、金と資源の政府備蓄を増やし、ドル暴落の備えに入っている。金の世界的なアナリスト、ジェームス・ターク氏が予測する「金価格は、4月以降、1000ドル以下になることは永久にない」、この予測に近いことが近々実現すると思えます。目先の下げは強気で買っていくポイントでしょう。
・・・→人気 Blog RankinG  







まず、G20を前にして、はっきりしたことは、今回のG20で中国とロシアが中心となり、ドルにかわる新世界基軸通貨の提案をするということ。提案される内容はバスケット通貨であるIMFの特別引き出し権(SDR)を新しいシステムへ変更するというものである。現在のSDRは通貨バスケットとして、ユーロ、日本円、英ポンド、米ドルで構成されています。これに対して、今回、中国とロシアが要求している新SDRは、これに、ルーブル、中国元、金を加えるというもの。現在、中国とロシアが外貨準備金に対する金の保有を積極的に増やしている理由はこれらを実現させるためのものと考えられるでしょう。アメリカは、これら提案に対して断固拒否の構えですが、短期国債を中国に買ってもらっている現状を考えると、中国を怒らせた場合、長期債だけでなく全ての国債を自分で発行して、自分で買い取るという禁じ手を使わなければならなくなる。いずれにせよ、今回のG20は決裂の可能性が高いと見られていますが、ドルに代わる金を組み込んだ新世界基軸通貨の提案が出される意味は大きい。・・・→
FC2 Blog Ranking







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







 NY金日足 スローストキャスティクス
テクニカルチャート
 NY銀日足 スローストキャスティクス







  NY金日足 一目均衡表、ウィリアム%R
NY金日足 一目均衡表、ウィリアム%R

NY銀日足 一目均衡表、ウィリアム%R
  NY銀日足 一目均衡表、ウィリアム%R







東京金週足(当限) ボリンジャーバンド
東京金週足(当限) ボリンジャーバンド

東京銀週足(当限) ボリンジャーバンド
東京銀週足(当限) ボリンジャーバンド







  円建て金日足(NY金÷円指数)一目均衡表
円建て金日足(NY金÷円指数)一目均衡表

円建て銀日足(NY金÷円指数)一目均衡表
  円建て銀日足(NY金÷円指数)一目均衡表







CRB指数週足 ボリンジャーバンド、MACD
  CRB指数週足 ボリンジャーバンド、MACD

NY原油週足 ボリンジャーバンド、MACD
  NY原油週足 ボリンジャーバンド、MACD

NY銅週足 ボリンジャーバンド、MACD
  NY銅週足 ボリンジャーバンド、MACD

Agricultural Commodities Index (GKX) 農産物指数週足
  農産物指数週足 Agricultural Commodities Index (GKX) 






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位  

  人気ブログランキング 先物 3位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   




スポンサーサイト


ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄30 05:00 カテゴリー:ニュース comment(6) trackback(0)
▲pagetop








Zeitgeist Addendum


  Zeitgeist Addendum 日本語字幕 パート1   
 







パート2、近日公開予定。ネットが繋がる環境になりましたので、ブログの更新明日致します。







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:マネー

2009⁄03⁄28 23:30 カテゴリー:動画 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








資源インフレ再来


  Marc Faber on gold and commodity prices :March 16
 







3月16日、マーク・ファーバー博士はCNBCのインタビューで、世界的な景気回復が始まる時、商品価格は再び力強く上昇すると強気のコメントを述べた。また、通貨が崩壊しかけている現在、金を買うことを推奨している。・・・→人気 Blog RankinG






18日に発表されたFOMC声明が市場に与えた衝撃はあまりにも大きい。これを境にして、デフレからインフレへ大きく転換する可能性がある。まず、今回発表された追加資金投入総額は、1兆1150億ドル(110兆円)規模になる。内訳は中長期国債が3000億ドル、MBS(住宅ローン担保証券)が7500億ドル、エージェンシー債(政府機関債)が1000億ドル。これら債券の買い取りにより、FRBのバランスシート(賃貸貸借表/負債)の総額は4兆ドル(380兆円)規模まで膨れ上がる見通しだ。急激に膨張するきっかけとなった項目は、中長期国債が3000億ドル、MBS(住宅ローン担保証券)が1兆2500億ドル、エージェンシー債(政府機関債)が2000億ドル、17日からスタートしたTALF(自動車やクレジットカードなどの市場向けの資金供給)が1兆ドルとなる。
・・・→人気 Blog RankinG







FOMCが開催される直前までは、「TALFの効果を見極めてから長期国債の買い取りをするかどうかが決定されるだろう」と市場関係者の間でささやかれていた。ところが、アメリカが直面している問題は緊急事態であり、市場はFOMC声明をサプライズとして受け止めている。政府は事実上、インフレとドル安を容認したと言っても過言ではないでしょう。・・・→
FC2 Blog Ranking







TALF(ターム物資産担保証券貸出制度)・・・自動車ローン、カードローンなどの個人向けローンと、中小企業向けのローンを裏付けとした資産担保証券を担保に、ニューヨーク連銀が金融機関などに資金を供給する制度







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







今朝、NY原油が終値で1バレル=51.61ドル(前日比+3.47ドル)となり、50ドルの節目を超えた。テクニカルでは50ドルを超えたら買いシグナルが点灯。CRB指数もあともう少しで買いシグナルが出る状態にあり、これから再び資源インフレが始まる見通し。非鉄、穀物、貴金属、エネルギー、他すべての項目で買いシグナルが出ている。昨年高騰時の経験から、人々は価格の上昇と共に在庫をストックする買占めを今後各地で行うと思う。すでに中国ではレアメタル(希少金属)の買占めの動きが少しずつ見られ、景気後退下の悪性インフレ(スタグフレーション)に移行する可能性が高い。ただ、世界的にアメリカを中心とする大規模な財政出動はそれなりの効果があると思えるため、今後、世界全体で消費は少し回復傾向になるかもしれない。その副作用として、通貨の価値が下がるため、突然、どこかの地点で急激な物価上昇に見舞われるだろう。・・・→人気 Blog RankinG







NY原油週足 ボリンジャーバンド
NY原油週足 ボリンジャーバンド







CRB指数週足 ボリンジャーバンド、MACD
 CRB指数週足 ボリンジャーバンド、MACD







今朝、ドルの崩壊、ユーロ高、金高はさらに加速し、NY金価格は1オンス=958.8ドル(前日比+69.7ドル)で終わった。一目均衡表(日足)の基準線946ドルを終値で明確に超えたため、買いシグナルが点灯。三尊天井を思わせるチャートの形状はダマシに終わり、月末に向けて史上最高値を更新する動きに入ると思えます。今後の動きとして、まだはっきりしないのが4月以降の動き。4月2日に開催されるロンドンのG20緊急首脳会議では、非公式で「IMFの金400トン売却」と「新機軸通貨の構想」が話される見通しだ。金投資家にとってこのG20は注意しなければならないイベントであると思えますが、今朝もSPDR金ETFの買い残高は再び過去最高を更新。買い残高は18.96トン増え、1103.29トンとなった。この勢いなら、400トンの売りは簡単に飲み込んでしまうだろう。年金、ファンド、SWF(政府系ファンド)、個人投資家などにも、この「IMFの金400トン売却」のニュースはすでに知れ渡っていて、それを承知で大量に買い向かっている形跡がある。もしかしたら、「IMFの金400トン売却」が仮に決定したとすれば、最大の弱材料出尽くしで金価格は暴騰する可能性もある。金の日足チャートでは4月1日~14日まで下落圧力を受けるが、価格が1007ドル以上を維持するのであれば、この圧力は受けなくなる。また、週足チャートでは、昨日880ドル付近を試したことにより、ボリンジャーバンド中心線付近できれいに反発している。今週、ローソク足は線陽引けで終わりそうだ。4週間にわたる調整は終了したばかりであり、通常なら今後3~4週間の上昇が見込めることになる。その場合、4月中に1100ドルは達成するだろう。4月の動きはまだはっきりしないので、今はG20前後の動きを見極めてみたい。
・・・→
FC2 Blog Ranking







NY金日足 一目均衡表、スローストキャスティクス
 NY金日足 一目均衡表、スローストキャスティクス







NY金週足 一目均衡表、MACD
 NY金週足 一目均衡表、MACD







NY金週足 ボリンジャーバンド
 NY金週足 ボリンジャーバンド







ドル指数週足 緑ラインは26週移動平均線
ドル指数週足 緑ラインは26週移動平均線

ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線
ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄20 11:50 カテゴリー:未分類 comment(9) trackback(0)







FOMCで米国債の買い取り決定


日本時間19日3時15分、米国で開催されていた米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の据え置きと米国債の買い取りが発表された。詳細は、今後半年間で中長期の国債を最大3000億ドル(約29兆円)を買い取る予定。6日、ニューヨーク連銀のダイドリー総裁は「現時点で長期国債を買うのは金融市場の混乱を和らげるのに最適とは言えない。時期尚早」と長期国債の買い入れに慎重な考えを示していただけに今回の決定は市場に驚きを与えたようだ。また、FOMC声明により、ドル指数は暴落、ユーロと金、米長期国債価格が激しく暴騰している。今月はスイスが通貨の切り下げ(フラン売りの介入と利下げ)を行い、英国と日本が長期国債の買い取りを実施した。流れは世界の主要国が通貨の切り下げに動いていて、金に対して全通貨が下落する長期トレンドに入っている。FRBによる米国債の買い取り決定は、ある意味パンドラの箱を開けてしまった重大な出来事とも言えるでしょう。禁じ手を使わないといけないほど米国は資金調達が困難な状態にあり、中国頼みの国債発行乱発も限界に近づきつつある。NY金のテクニカルも17日から始まった上昇圧力に本日反応し始めたため、年内1500ドル超えの足場は固まったと言えるでしょう。本日、激しい円高のため、国内金価格はあまり上昇しませんが、金星逆行初期の特徴であり、次第に円高に負けない国内金価格の上昇加速が見られると思いますので、今はじっくり待つのみ。
・・・→人気 Blog RankinG







世界最大の金ETF(SPDR GOLD SHARES)の買い残高が再び過去最高を更新。前日比+15.28トンの1084.33トンとなった。また、スイスでは先週G20前の12日にスイス国立銀行(SNB)がフラン売りの介入を行ったことにより、スイス国内では金買いが殺到。スイスのプライベートバンク、ジュリアス・ベアが発行する金ETFの買い残高は一週間で20%増加した。17日時点での買い残高は27.3トン。スイスには、チューリッヒ・カントナルバンク(ZKB)の設定する金ETFもある。(スイス最大)
・・・→
FC2 Blog Ranking







金









ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







NY金日足 一目均衡表 スローストキャスティクス
 NY金日足 一目均衡表 スローストキャスティクス







ユーロ買いが加速している。トレンドはすでにユーロ買いに変化しているが、夏までに1ユーロ=1.500ドルを突破し、年内、史上最高値の1ユーロ=1.600ドル付近も試す可能性あり。本日、ドル指数は大暴落したが、ダブルトップの天井完成は近い。流れは、金・ユーロ買い、ドル売りに変化なし。米国債価格の上昇は短期的なものと予想。・・・→人気 Blog RankinG







ドル指数日足(ドルインデックス)
ドル指数日足(ドルインデックス)

米国債10年物価格日足
米国債10年物価格日足

ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線、ストキャスティクス
ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線、ストキャスティクス






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   





ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄19 08:30 カテゴリー:ニュース comment(5) trackback(0)









| HOME | next >>



Copyright © 2009 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。