市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金の果てしない戦い


そろそろだと思う。大規模な市場操作を行ったカラ売り筋の息の根が止まるのが。COMEXの買い方は団結して戦う姿勢を示しているため、チャート上でテクニカルが陽転すれば、相当な上昇が考えられる。NY金日足チャート一目均衡表では、変化の時間を示す雲のねじれが目前に迫り、転換線の748.95ドルを終値ベースで超れば、上昇しやすい状態になるでしょう。また、金・銀ともにCOMEX指定倉庫在庫は連日減少(実物市場へ流出)を続けており、売り方は日々追い込まれつつあります。・・→人気 Blog RankinG







NY金日足 青は75日、緑ラインは200日移動平均線 29日
NY金日足  青は75日、緑ラインは200日移動平均線







以下 Kitco社の金スポット価格チャートを見ると価格操作らしき足跡がはっきり見られる。24日~27日にかけてはアジア時間(香港、東京、シドニー)で急落し、ロンドン、NY時間で急騰した。ロンドン、NY時間に関しては売り方の買戻しと考えられます。ただ、28日のようにアジア時間で急騰した場合は、価格操作をする者達が徹底してロンドンとNY時間で売りたたいている。この動きは連日続いている。しかし、28日のCOMEXでは現地10時以降、価格が上昇しているため、買い方が優勢になりつつあります。
つづきは・・・→ FC2 Blog Ranking







Gold Spot 28日
NY金スポット価格  24日~27日





Gold Spot 29日
NY金スポット価格  26日~28日







以下チャートは、NY金月足チャート(今月の足は描かれていない) 理想は今月末にトレンドライン上の18カ月移動平均線である818ドルを超えて終わること。今の金なら十分可能でしょう。市場操作をされても、抵抗するだけの力が金にはある。→ FC2 Blog Ranking







NY金月足  緑ラインは18カ月移動平均線
NY金月足  緑ラインは18カ月移動平均







   ①金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG

     





(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   



スポンサーサイト


ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄10⁄29 06:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








GOLD RUSH




Gold & Money (Gold Image Vido)








Ron Paul's Gold Rush Revolution 2008年1月24日 Gold Rush 21







2008年1月24日、ロン・ポール米下院議員の呼びかけでゴールド・ラッシュ21の会議が開かれた。ゴールド・ラッシュ21とは、ユダヤ金融資本が実権を握る中央銀行による金価格操作に対する反トラスト行動委員会(GATA)の会議である。この歴史的な会議は中央銀行による金市場の操作を暴露し、ドーソン宣言、国際人権の問題としては貴金属市場の解放のための宣言をした。この会議には、ゴールド・マネーの創設者ジェームス・ターク氏とチューリッヒ・ロスチャイルド銀行の設立に関わったフェルディナント・リップス
も参加している。 つづきは・・・→人気 Blog RankinG










Peter Schiff says $5000 Gold By 2012







ロン・ポール米下院議員の経済アドバイザーであり著名投資家であるピーター・シフ氏が2008年5月、アメリカのニュース番組で「$2000 Gold in 2009 - $5000.00 Gold By 2012 -Dollar Never Recovers - Game Over - Gold is Money」 と述べた。(ゴールドは2009年に2000ドル、2012年までに5000ドルになる。ドルは二度と復活しない。終わりだ。ゴールドはマネーなのだ) ピーター・シフ氏は、2002年くらいから「連銀が市場に人為的な操作をしている」と指摘しつづけていて、いわゆる「ドルの崩壊」を主張し続けているのですが、今回の金融危機で注目されるようになっています。彼はアメリカが借金大国であり、連銀が価値のないドル紙幣で市場を資金だらけにして消費をあおり過ぎていることを指摘しています。よって、アメリカ国民がやらなければならないのは、借金をせずに働いて貯金をし、それを実物経済への投資にまわすということになります。また、アメリカの怪しい金融システムをつぶせば世界経済は救われると主張している。政府が行う救済案にも徹底的に反対の立場であり、完全なリバータリアン(→リバタリアニズム)ぶりを発揮しております。会社をつぶさずに救済するのは火にガソリンを注ぐようなものと警告していますね。印刷機でペーパーマネーを刷り続けている連銀の政策を批判しています。 よって、彼がロン・ポール氏にしているアドバイスというのは、「ドルは紙くずになるから金や銀などの貴金属類や外国の通貨に投資しなさい」ということみたいですね。→ FC2 Blog Ranking







   ①金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG

     





(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 3位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄10⁄28 00:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








COMEXと戦う人々 ~ 買い方の勝利は近い


海外のメディア・アナリスト・投資家によるCOMEX批判がさらに激化してきた。某海外紙の報告書では、「ブリオンバンク(金の売買を行う投資銀行)を打ち倒せ!そして、COMEXから金・銀を奪い取ろう!」というタイトルで記事が書かれていたので、以下掲載します。この報告書では、いかにして手に入れることのできない金地金を入手するかにも触れている。つづきは・・・→人気 Blog RankinG








ブリオンバンクを打ち倒せ!



人々はとても金銀を欲しがっている。 スポット価格よりはるかに高いお金を支払っても構わないと思っています。しかし、彼らは買うためにどこに行っても金銀の現物を見つけることができません。全くばかげた話だ。物理的な不足状態であるにも関わらず、貴金属の価格は下落している。これは、正常な経済学理論に反することである。 通常、不足が起こると、価格は不足に見合うレベルまで上がるはずです。 また、上昇している価格はそれをかぎつけ、結局、鉱山会社に対して生産と設備投資を促します。不足に答えて。しかし、いつでもそうなるとは限りません。今起きていることは空前の需要がある中、貴金属スポット価格が非常に安いため、生産者がより良い条件を求めるため、鉱山を閉鎖し、労働者を一時解雇して、うずくまることを引き起こしています。 これは通常の倍に達しているという。このままでは数ヶ月で全ての鉱山が閉鎖され、物理的な金の不足、特に銀については伝説のものになる見通しだ。(原文簡略) 







COMEXで金銀金属を買う方法



金・銀を安く手にする物理的な方法があります。それは価格操作が行われているCOMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所の市場)で手にすることです。COMEXでカラ売りをしかける悪党ブリオンバンク(投資銀行)から現物を引き取ればよいのです。現物を引き取りたい先物長期契約者は金・銀ともに12月限に集中しているという。その量は異常なほど大量である。しかし、実勢価格とのカイリから、COMEX金・銀指定在庫の現物は実物市場に大移動中。異常に多くの長期契約所有者が12月に金と銀の両方をCOMEXで買い取るというのが貿易業界の中でいつまでも消えない噂であります。 そのもっともな理由があります。 貴金属商は現物を購入したい顧客注文に応じるため、絶望的な量の金・銀を必要としています。COMEXは12月限に対してどう対処するのか?(原文簡略)







上記の記事だけでなく、多くの海外紙がとりあげている問題になりつつあります。以前、ニッケル相場もヘッジファンドによるキャリートレードの結果、指定在庫は空っぽになり、大相場になりました。FRB、COMEX、ブリオンバンク(投資銀行)は年末までに、世界の人々をだました洗礼をあびるでのではないでしょうか。彼らは間もなく追い込まれます。激しい需要の中、一部の市場だけ下がり続けることはありえず、このギャップは後に猛烈な暴騰を生み出す原動力になるでしょう。また、上記の記事を書いた筆者は一般投資家向けのレポートの中で「私は商品取引所の大量の金・銀カラ売り筋と戦争をはじめる」と強く発言しています。 → FC2 Blog Ranking









ニッケル 現物価格5年チャート 2003年~
 ニッケル 現物価格5年チャート 2003年~







金のETF、需給データ





Gold-ETF-Holdings.jpg
Gold-ETF-Holdings(世界の金ETF買い残高)







Historical-Identifiable-Gold-Demand-by-Application.jpg
金の需要







Gold-Production-Profile.jpg
金の生産 current mines(現在の鉱山) project(新鉱山計画)







さて、これからさらに重要なお話をします。近いうちに(いつ起きてもおかしくない)、おそらく金市場にとてつもないことが起きる可能性があるということです。海外から入ってくる情報では、COMEXの価格操作の一件で、米国に見切りをつけた政府系ファンド(中東という噂)が数百トン単位の金地金を購入したとか、ある金地金取引では1トロイオンス=1200ドルで成立したとか、信じられないような噂が世界中をここ数日飛び交っている。COMEXの関係者も逮捕される可能性があるとのこと。おそらく、COMEXの価格は世界の指標でなくなる可能性が高く、取引所自体が閉鎖に追い込まれる可能性もあるみたいだ。米国のBNN・ビジネス・ニュース・ネット・ワーク(10月21日放送)のコモディティ・レポートで、ファンド・マネージャーであるジョン・エンブリー氏(John Embry)は、COMEX金先物12月限のロングポジション側(買い方)が現物引渡しを要求する事となり、おそらく現物不足となることから、「不可抗力」と称して、取引停止になる可能性があると発言。「金先物市場で下落操作をするのであれば、対抗して12月先物で、現物引渡し要求を皆でしよう」と言う動きになっている。⇒BNN・ビジネス・ニュース・ネット・ワーク(ジョン・エンブリー氏の発言は11分経過してから)







とにかく、今言えることは、あまりにも価格操作の黒幕達は露骨にカラ売りをし過ぎたということですね。気づいたら、COMEXだけが取り残されていた状態に。ユーロ圏も、新ブレトン・ウッズ体制により金を裏付けとした新ユーロの導入(金本位制)が検討されていますし、COMEXを追い出して新しい世界の金取引所を作ろうという動きもあるとのこと。近いうちにカラ売り筋の強烈な買い戻しが入るのは避けられないと思います。投資家をだました罪はあまりにも大きい。アメリカとユダヤ金融資本の最後が近いことを示唆しているのかもしれません。







   ①金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG

     





(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄10⁄27 00:00 カテゴリー:未分類 comment(1) trackback(0)
▲pagetop








血も涙もない投資銀行


今週の金価格は投資銀行による金キャリートレードとヘッジファンドによる清算売りで一時680ドルまで暴落した。22日までは、アジア市場が買い支え、COMEX金先物市場で米投資銀行やヘッジファンドがNY時間10時前後にカラ売り攻撃を執拗にしかける流れだった。しかし、23~24日にかけては株式・為替市場が暴落し、今まで耐えていたアジア勢が買いを投げ売りする動きに。この暴落を利用して、COMEXではカラ売り筋による2日連続買い戻しの動きが見られました。カラ売り筋の筋書き通りだったように思えます。アジア勢の投げ加速でオーバーシュート(行き過ぎ)した安い価格をCOMEX金先物市場が買い戻したことにより、目先の底は打ったと感じます。つづきは・・・ →人気 Blog RankinG







NY金スポット価格  22日~24日 NY時間10時に注目
NY金スポット価格(22日~24日) NY時間10時前後に注目







下記載チャートはNY金30分足。一時680ドルまで下げましたが、705ドル、730ドルの節目をぶち抜き、弱気の落とし穴と呼ばれる大底サイン点灯。さらなる上昇により、買いが加速しやすくなります。







NY金12月限 30分足
NY金12月限 30分足







しかし、意図的に買い方を追い込むこの行為は本当に許せませんね。いずれCOMEXは訴えられるのではないでしょうか。海外のサイトでも批判の嵐です。銀行は貸し渋り・貸しはがしで企業を倒産に追い込むだけでなく、個人投資家に対しても血も涙もない行為を繰り返している。銀行は国民の血税を注入されて生かされているのに、一般企業は救済の手すらない・・・ ひどいものです。しかし、朗報もあります。それは現物と先物の激しい価格差によりCOMEX金先物市場の納会日を意識して今後大きな変化がありそうだということです。いまだに海外金現物価格はオークションの入札で1トロイオンス=900ドル以上でスタートし、落札価格は1000ドル以上という状態。(⇒現物オークション) 地金は入手が困難になっており、人々は金融不安から金だけでなく実物資産である銀貨やプラチナコインにも手を伸ばしている。銀やプラチナも品薄になり、ついにアメリカとカナダ造幣局は販売だけでなくプラチナコインの製造さえ中止した。とにかく貴金属全ての需要が強すぎて買い殺到のパニックに陥っている。金だけでなく、GATAの情報では銀の価格操作の疑いもあるとのこと。現在、現物市場で手に入らないと判断した投資家が中心限月であるCOMEX金12月限に照準を合わせて、安値の現物を引き取る投資家が今後殺到すると予想されています。(12月納会日は12月29日) 以下、WGCの豊島逸夫氏のコメントも参考に。







プロの目で注目点は、コメックス12月限の大量現引きの可能性である。700ドル台で現物はとにかく世界的に品薄状態でプレミアムが付いている。そこで先物買い契約を現引きすれば、手っ取早く儲かる。とくに先物取引所の現物在庫など量的には知れたものだ。銀行預金の取り付け騒ぎならぬ、先物取引所での現物スクイ―ズ(玉締め)が起こるかも…。(豊島逸夫氏) ⇒25日号外記事







スクイ―ズとは、空売り(ショート筋)が現物の引き渡し用の手当てができず、締めあげられる現象のことを言う。今、現物の金を借りようにもリースレートは暴騰中。その結果、現物価格が先物価格を大幅に上回る極端なバックワデーションという事態が加速中だ。こうなると足元みられたショートは リンチでボコボコにされるような状況になる。最後は売り方の息の根が止まるまで暴騰し続け、大相場になることもありうる。一番近い例では、1グラム=7000円を超えるまで暴騰し続けたプラチナ。現物は品薄状態になり、リースレートは急騰。先物価格は逆さやが続いた。そして、南アの電力問題をきっかけに大相場に発展した。金の市場環境も同じようになりつつあります。つづきは・・・ →人気 Blog RankinG







10月24日(金)


金リースレート6カ月物  2.5025%(+0.00142%)

米ドルLIBOR6カ月物  3.5275%(-0.00250%)





Gold Lease Rates 2.5025%(+0.00142%)
Gold Lease Rates 2.5025%(+0.00142%)





米ドルLIBOR 6カ月物 3.5275%(-0.0025%)
米ドルLIBOR 6カ月物 3.5275%(-0.0025%)







以下ニュースは国内メディアが伝えない海外サイトの記事です。







金価格暴落でゴールド・ラッシュ(2008年10月24日 UAE)




10月24日、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビとドバイの金地金店で金買いが殺到した。この日、ニューヨークのCOMEX金先物価格は暴落し、人々はこの機会を逃すまいと真夜中まで並んで金を買ったという。店の主人の話では、この日通常の4倍の売り上げがあったという。「できれば、あと一週間この安値が続いて欲しい」と語っていた。購入者は「8月の暴落時に買い遅れたので、今日は千載一遇のチャンスと思って買いに来た」と語っている。







UAE(アラブ首長国連邦)で金買いが殺到
UAE(アラブ首長国連邦)のアブダビで金買いが殺到







国内でも、田中貴金属のホームページで、「お詫び」という形で金貨・プラチナコインの一部販売停止のコメントを載せている。⇒田中貴金属 おそらく、来年のどこかで金・銀・プラチナの現物を手に入れることは非常に難しくなるように思えます。とくに金はかなり入手は困難に。







   ①金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG

     





(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 3位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   

  




ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄10⁄25 23:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME | next >>



Copyright © 2008 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。