市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ドル崩壊は、定められた運命


現在のドル崩壊の根本的起源は、1694年のイングランド中央銀行設立までさかのぼる。イングランド銀行は、ユダヤ人によって設立された銀行であり、彼らは、国家に融資することが一番安全に利益が上がると考えていたようだ。ユダヤ商人は、イングランド政府に金貨で融資し、その融資の見返りとして政府にイングランド銀行を設立させ融資した金額と同等の銀行券発行権を認めるよう要求し自由にその銀行券(紙幣)を使えるようにしたという。つまり、中央銀行設立はユダヤが金を生む特権を獲得するためのものであった。イングランド銀行設立後4年でユダヤ人によるイギリスの通貨供給支配は急速に進み、彼らは国内に大量の通貨をあふれさせ、政府に多額の借金をさせた。わずか4年で1280%も借金が増えた。ユダヤ人の目的は何なのか?答えは、融資などを通じてポンド紙幣を大量に刷ることにより、インフレが発生する。大量の通貨が出回ったために、一般の人々がもっていた貨幣の価値が単純に下がったわけである。この経済を作りだしたのは中央銀行だ。一般市民の所持金の価値が下がれば、銀行に行って借金をしないと事業が立ちゆかなくなる。そして、人々が借金に苦しんで破産するのをただ黙って待つだけである。これで銀行は、事業や資産といった真の富をてにすることができる。しかも、ユダヤ人は、ほんのはした金で。インフレが中央銀行に影響を及ぼすことは決してない。むしろ、インフレで唯一得をするのが中央銀行だ。金=紙幣なら、通貨不足を装って、いくらでも印刷することができる。そして、米国にて歴史は繰り返される。つづきは ・・・ →人気 Blog RankinG







当時、イングランド銀行設立に関わり、政府に融資していたユダヤ商人ウィリアム・パターソンという人物は、「銀行は金という金から利益を得ており、その金もみな無から作ったものだ」と言っている。・・・ →人気 Blog RankinG







ちなみに、現米連邦準備制度理事会(FRB)は、ロックフェラー、ロスチャイルドのユダヤ金融資本が設立した中央銀行である。(1913年設立) 日本銀行のように政府が株式を所有していない。ロスチャイルド系、ロックフェラー系財閥などの国際金融資本が、現在に至るまで最大の株主となっている。1913年、ユダヤ人は国民からの支持を得るため、中央銀行だけがインフレと不景気を抑制できると訴えた。しかし実際は、中央銀行というまさにその考えの目的は、貨幣供給を操作し、インフレと不景気を引き起こすことにあった。ロスチャイルドを中心としたユダヤ金融資本は、戦争と経済混乱を利用し、国家相手に金を貸す「究極の金貸し」である。1913年12月23日、連邦準備法が可決された時、チャールズ・リンドバーグ下院議員は次のように述べている。「連邦準備法は、世界で最も巨大な信用を規定するものだ。大統領がこの法案にサインすれば、金融特権という見えない政府が合法化される。この銀行制度と通貨に関する法案によって、世紀の重大な犯罪が準備されることになるのだ」・・・ →人気 Blog RankinG







米連邦準備銀行(FRB)
米連邦準備制度理事会(FRB)







さて、本題は、現通貨・中央銀行制度は不安定になることが前提でユダヤ金融資本によってつくられたものであるということ。戦争と経済混乱は金貸しにとっては、儲け時である。そして、1929年に始まった大恐慌は、FRBが1929~1933年の間に貨幣の流通量を三分の二に引き締めたことにより、引き起こされた。1929年4月、ロスチャイルド家は、友人であるロックフェラー、モルガン、ケネディ、バルークに「株価の暴落と不況を計画している」という手紙を送った。彼らは、ロスチャイルドの警告に従い、株式市場の大暴落直前に株式市場から完全に手を引き、資産を現金とゴールドに替えた。この恐慌で、ロスチャイルドをはじめとするユダヤ金融資本は巨万の富を得た。・・・ → FC2 Blog Ranking







      ロスチャイルド財閥の創始者 マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(1744~1812年)
      ロスチャイルド財閥の創始者 
      マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド
      (1744~1812年)

      ロスチャイルド家の紋章
       ロスチャイルドの紋章

                   
                  




現在は、どうだろう・・ またFRBを通じてのロスチャイルド家による破壊なのだろうか? 真相は・・・ また書きます。いずれにせよ、円と金地金を持つことが私達の唯一の抵抗手段でしょう。この金融危機が、計画的にされているものなのか、もしくは彼らの手に及ばない状況にあるのか・・・ → FC2 Blog Ranking

 







過去の中央銀行設立の経緯を見れば、やはりドル崩壊は運命付けられているように思える。ユダヤ人がどんなに世界を支配しようとしても、いずれマーケットのコントロールができない状態に達し、中央銀行制度はいずれ崩壊すると思う。そして、金が通貨の中心的存在になると思う。金の絶対的価値は、彼らでさえも支配はできない。彼らが300年近くかけてつくりあげた信用市場は、完全崩壊するだろう。でもやっぱり、苦しむのは何も知らない私達一般市民なのです・・・ → FC2 Blog Ranking









「世界は裏の世界を知らない、世間一般の人々が想像しているものとはずいぶん違った人物によって動かされているのだよ」 

                    ベンジャミン・ディズレーリ英国首相







       ベンジャミン・ディズレーリ英国首相
  ベンジャミン・ディズレーリ英国首相 (1868年,1874年~1880年)







「ラ・ヴィエーユ・フランス」によれば、ビスマルク(プロイセン王国の首相)は、ディズレーリ(英国首相となったユダヤ人)のことを「ロスチャイルド家の道具でしかなく、大きな内戦を起こしてアメリカを分割しようと考えたのもロスチャイルド一族とディスレーリだった」と評した。 ・・・ → FC2 Blog Ranking








チャートとサイクルから見るドル崩壊



以下チャートでは、ドル円月足は18カ月移動平均線を中心に振動し、1ドル=80円割れを目指して崩壊中であることがわかる。18という数字には意味がある。商品相場のサイクルが18年、そして、コンドラチェフの波が54~55年年(18×3)、太陽活動のサイクルは11年(22年)→11×5=55年(ほぼ、コンドラチェフの景気サイクルと一致する)。すべては、太陽活動のサイクルとつながっている。そして、NYダウのサイクルは12カ月移動平均線を中心に動いている。12=6×2、18=6×3、666という数字は不吉な数字として、思われがちだが、6=自然界の特別な数値らしい。ちなみに、1744年発祥のロスチャイルド家(金貸し業を営む両替商)の掲げていた赤い六芒星の看板は、666という意味らしい。この六芒星という図形は、これから二世紀後、ロスチャイルド家の命令でイスラエルの国旗に配された。・・・ → FC2 Blog Ranking







太陽黒点の活動サイクル(磁極転換サイクル)    22年周期

クヅネツク・サイクル(景気長期循環サイクル)     22年周期

米中西部干ばつサイクル                  22年周期

国際的戦争サイクル                     22年周期

金価格サイクル                     20~22年周期

リグルマンの景気建築循環サイクル       17~18年周期

商品相場、為替サイクル               17~18年周期

米不動産、結婚、移民、株価サイクル          18年周期

コンドラチェフ景気超長期循環サイクル   54年周期(18×3)

金利、銅、小麦、株価、卸売商品サイクル        54年周期

11年×5=55年、18年×3=54年となるので、上記の全てのサイクルはどこかの時期に一致することになる。







Kondratieff Wave
コンドラチェフの長期波 1780年~2000年







上記のコンドラチェフの長期波で見ると、商品価格の天底と一致しており、2000年からスタートした商品価格の高騰は17~18年は続く計算になる。ニコライ・コンドラチェフは旧ソ連の経済学者であり、1789年からの英国における商品価格、鉄鋼、農業、労働者の賃金などを用いて長期波動を追跡しました。そして、面倒な手動計算とグラフを通して資本主義的経済の運命で、紛れもないサイクルを発見したのです。これらのサイクルの各々は長さ50~60年でした。これは、資本主義の最終的な崩壊を予測している公式ソビエト教義と反対でした。したがって、彼は資本主義経済に関して循環論をとったことによりソ連に迫害されてシベリアの収容所で死ぬことになってしまったのです。そして、現在、彼の理論が正しいことが実証され正確にコンドラチェフの長波タイムテーブルに到達しているのです。・・・ →人気 Blog RankinG







X-1
ドル・円月足  緑ラインは18カ月移動平均線  1977年~





X-2
ドル・円月足  緑ラインは18カ月移動平均線  1988年~





X-3
ドル・円月足  緑ラインは18カ月移動平均線  2001年~







下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。アメリカの住宅ローン問題の深刻さが理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   




スポンサーサイト


ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄09⁄29 23:55 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








銀行間金利高止まりで、米欧中銀、必死の介入


米欧の金融市場で、信用不安の高まりから資金の出し手がほとんどいなくなり、銀行間金利(LIBOR)が高止まりしている。資金需要の高まる時期を目前に控え、FRBは欧州の主要中銀を通じてドル資金の供給を増やすなど、金融機関の資金繰り支援に躍起だ。短期金融市場では、通常、銀行や投資信託などが余剰資金を互いに融通する。だが、リーマンの破綻を受け、銀行は疑心暗鬼を募らせており、「銀行間の貸し借りは、ほぼ皆無」の状況にある。さらに事態を深刻にさせたのが、投資信託の一種であるMMF(マネー・マーケット・ファンド)の元本割れ問題。リーマンに投資していたMMFが、元本割れとなり、解約が殺到。短期金融市場に資金を出せなくなってしまった。国際指標となるロンドン銀行間取引(LIBOR)は、短期間で暴騰を繰り返し、高止まりしたまま。ただ、実際の資金調達金利は、LIBORより高く、資金繰りは見た目よりもっと深刻である。LIBORの上昇は、金高につながる。また、銀行経営を不安視した顧客の預金引き出しが加速するようだと、地銀の資金繰りはさらに悪化するだろう。つづきは・・・ →人気 Blog RankinG







米ドルLIBOR6カ月物 9月25日 6カ月 3.97500  +0.27375 
米ドルLIBOR 6カ月物 3.97500(+0.27375%) 


ユーロLIBOR6カ月物 9月25日 5.29375%(+0.02625%)
ユーロLIBOR 6カ月物 5.29375%(+0.02625%)








みなさんはご存知だろうか?アメリカの年間国家予算は、3兆ドルだということを・・・ にも関わらず、今回の金融安定化法案が可決された場合、最低2兆ドル近い公的資金注入が必要だと言われている。とてつもないほど巨額な資金を投入しないと、ウォール街は助からない状況なのである。そりゃ~血税を国民の福祉や医療ではなく、ユダヤ金融資本の集合体であるウォール街に流せば、国民もデモの一つくらい起こすでしょう。(ちなみに、世界のネット上ではユダヤ人に対するバッシングがここ最近急増しているらしい。ここ数千年、世界各地で、どの時代でも、ユダヤ人は目に余る問題を引き起こし、国外追放され続けている) この巨額な資金を手当てするために、米政府は国債を大量に発行しなければならない。しかし、財政悪化の副作用は計り知れないほど大きい。ドル・債券の乱発発行でインフレは避けられず、すでに、財政悪化懸念から、長期金利や住宅ローン金利が上昇し始めている。そして、金融危機により株式から米国債へしばらく資金が流れ、米国債(30年物)の利回りは下落していたが、国家の財政悪化懸念から、国債は売られ、利回りは急上昇した。代わりに10年物や30年物といった長期国債ではなく、リスクが低い3カ月物米短期国債(TB)に資金が流入している。(利回りは低下)・・・ →人気 Blog RankinG




※3カ月物米短期国債(TB)は、一般的には米国の国債のうち一時的な資金不足を補うために発行される短期の証券のことです。 







米国債30年 4.375%(ー0.057%) 27日
米国債30年 4.375%(ー0.057%)







TEDスプレッド



3カ月物米短期国債(TB)先物と米ドルLIBOR3カ月物先物の金利差は金価格に連動する。この金利差(スプレッド)を「TEDスプレッド」と呼ぶ。T-Bill と EuroDollarの頭文字をとってTEDスプレッドと呼ばれる。金融市場の信用不安が拡大すると、信用力の高い米短期国債が買われ(価格の上昇=利回りの低下)、逆に信用コストを反映して銀行間取引金利(LIBOR)が上昇するため、両者間の金利差であるTEDスプレッドが拡大する。ちなみに、この場合のユーロドルは、外国為替の通貨ペア「ユーロ/ドル」ではなく、ユーロ市場で取引されるドルのことである。現在、TEDスプレッドは1987年 のブラックマンデー以来の高水準に達している。これは信用不安により、銀行が互いに資金を貸し出すことに極めて消極的になっていることを意味する。→TEDスプレッドチャート







世界の市場規模(※2007~2008年の概算データ)



デリバティブ(金融派生商品) ・・・  6京円
株式市場 ・・・            7200兆円
債券市場 ・・・            5500兆円
金市場 ・・・               450兆円
原油先物市場 ・・・           20兆円
金先物市場 ・・・              5兆円







今、上記のデリバティブ(CDSなど)と債券市場が崩壊しようとしている。そして、株式市場も・・・ 小さな金市場に行き場を失ったマネーが流入すれば、たちまち暴騰してしまうのは当然と言える。まだ、金市場に地殻変動が起きたばかり。マグマが噴火するのは、これから!! ・・・ → FC2 Blog Ranking



   



   ① 金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG


     





   ② 金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG







下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。アメリカの住宅ローン問題の深刻さが理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄09⁄28 21:00 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








米金融危機で金貨が底を尽く


金融機関の大型破綻などで株価やドル相場が乱高下する米国で、金貨の需要が急激に高まり、米造幣局が販売を取りやめる騒ぎになっている。安全資産の代表格である金の人気ぶりは、投資家の強い不安の反映だ。報道によると、販売が一時停止されたのは、米バファロー1オンス金貨。注文が殺到して在庫が底を突いた。在庫が回復すれば販売を再開するが、混乱を避けるため、特定業者を対象にした割り当て販売になる可能性が高いという。また、金貨の買い殺到はアメリカだけでなく、王立カナダ造幣局販売の金貨にまで及び、カナダ政府も在庫薄から販売停止に追い込まれるかもしれないとのうわさが広がっている。しかし、アメリカ国民が金買いに殺到するのも無理はない。昨日、預金規模全米6位のワシントン・ミューチュアルが破綻しましたが、目の前でバタバタと毎週のように大手銀行が潰れたら誰でも不安になるだろう。
・・・ →人気 Blog RankinG

     
          
          米バッファロー50ドル金貨 2







週末予定されていた議会休会は延期になり、引き続き法案協議が続けられる。下院共和党は、税金投入に反対しているが、ブッシュ大統領、チェイニー副大統領らホワイトハウス幹部が総動員となって説得に当たっているもよう。マケイン含む反対派は、「ウォール街を救済するために税金を使う法案には同意しない」との強硬姿勢を維持しつつ、「進展を望む」と歩み寄りの気配も見せ始めている。・・・ →人気 Blog RankinG







公的資金注入にウォール街で大規模デモ(26日)→ニュース







昨日、国内金価格は、米大統領候補マケイン氏による金融安定化法案可決の妨害で、一時2936円まで下げたが、終値は2963円。 ローソク足は陰線引けですが、節目(ネックライン)である8月14日の2963円で終わったため、月曜日反発すれば理想的な節目での反発になり、大底サインの「弱気の落とし穴」は9月24日(窓埋め完了日)の3044円を超えることにより完全完成である。底値形成したばかりなので、今からの買い参戦でも、決して遅くない。・・・ →人気 Blog RankinG







東京金 27日







      東京金の「弱気の落とし穴」理想形 赤丸は買い場

    snap_sunsetmoon2020_2008952263.jpg







上記のチャートは、ギャップ(窓)を開けて暴落し、ダブルボトム形成か?と途中まで思わせたが節目2800円を割り込み、さらに暴落。しかし、緑のラインを越え、青のラインを越え、「弱気の落とし穴」形成。その後、急落時に出来たギャップ(窓)を9月24日に埋め3044円まで上昇した。本日、急落したが青のラインで下げ渋っている。この青ラインで反発し3044円を越えれば大底完成。これは、強力な底形成シグナルであり、この逆バージョンが「強気の落とし穴」・・・ 現在のNYダウがそうである。11000ドル割れを確定したことから発動。7000ドル割れで、完成。そして、奈落の底へ沈んでいく。やはり、金とNYダウは相反する関係にある。・・・ 
FC2 Blog Ranking


 




タートル・スープ
トリプル・ボトム(底形成の一例)







これから金価格は歴史的な大相場に入ろうとしている。戦略は徹底した買いでいいと思う。先物なら、基本的に売りをつくるのは危険だと思う。ただ、ボラティリティ(値動きの激しさ)がこれから大きくなることが予想されるため、先物投資での買い方は追証発生は当然のものとして考え、300円~400円の調整の下げが入っても平然としていられるような口座内容にしておくことが大事だと思えます。一例として、口座内資金の4分の1の額で金先物投資をすれば、400円の下げまで新たな入金の必要はない(金ミニなら、540円の下げまで) 買い増しをする時も、どこまで耐えられるか常にリスクを計算してみましょう!金地金なら、どんと構えてほったらかしで!・・・ → FC2 Blog Ranking







   ①金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG


     





   ②金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG







下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。アメリカの住宅ローン問題の深刻さが理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄09⁄27 13:00 カテゴリー:未分類 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








共和党候補マケインの反乱


現在、マケイン氏の国民向け選挙パフォーマンスによる公的資金注入反対意見により、金融安定策の調整が一転して難航状態になっている。そのため、ドル安円高に振れ、金は動き辛い状態に。東京金先物価格は、チャートが悪化している。本日、3000円以下で終れば、調整の下げに入る可能性あり。(一目均衡表の雲の壁で跳ね返された動きになっている) 法案可決後は、いずれにせよ金は暴騰すると思われるが、可決のニュースが流れた瞬間は、ドル高、株高、金安になりやすいと思う。瞬間の金急落があるかもしれないので、要注意! NY金は、850ドルあたりが節目か。 
つづきは・・・ →人気 Blog RankinG







米貯蓄金融機関ワシントン・ミューチュアルは25日、米国の銀行史上最大となる経営破たんをし、JPモルガン・チェースがその全資産を19億ドルで取得した。
米民主党は、金融安定策の調整が一転して難航状態に転じたことについて、共和党大統領候補のマケイン上院議員の「乱入」が原因だと一斉に批判している。1週間前に公的資金投入を政府が提案して以来、ポールソン財務長官や上下両院で多数派を握る民主党との話し合いは対立点を抱えながらも「日々進展」(ペロシ下院議長)。政府側が目指した週内の法案可決に向け、大詰めを迎えていた。 つづきは・・・ →人気 Blog RankinG

   





NY金価格は、75日移動平均線である882ドルで支えられ高値もちあい継続中。60分足チャートを眺めるとわかりやすい。高値で三角もちあいを形成し、ちょうど70ドル高直前と同じような状況になりつつあります。NYの足は強気示唆。本日、60分足要チエック。
人気 Blog RankinG







NY金日足 青は75日、緑は200日移動平均線  下はスローストキャスティクス 2
NY金日足 青は75日、緑は200日移動平均線   


NY金 60分足  下は、スローストキャスティクス
NY金 60分足  下は、スローストキャスティクス







ドル指数日足 26日
ドル指数日足


NY金日足 26日
NY金日足







ドル指数は、三尊天井形成か?







   ①金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG


     





   ②金情報は、以下にて   人気ブログランキング参加中。



     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG
  
     人気 Blog RankinG        人気 Blog RankinG







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪




ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:商品先物取引

2008⁄09⁄26 15:00 カテゴリー:未分類 comment(1) trackback(0)
▲pagetop










| HOME | next >>



Copyright © 2008 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。