市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








米国市民の怒り ~ シカゴ抗議デモ


Chicagoans Protest Big Bank Summit.(October 25 ,2009)







シカゴでデモ隊がゴールドマンとウェルズのオフィスへ行進





シカゴ(ウォール・ストリート・ジャーナル)労働組合員など数百人が米金融機関ゴールドマン・サックス・グループとウェルズ・ファーゴのオフィスビル周辺を取り囲むという出来事が、26日朝、シカゴで起きた。デモ行動を組織したのは地域団体ナショナル・ピープルズ・アクション(NPA)やサービス従業員国際組合(SEIU)の支持者などで、当地で開催される米国銀行協会(ABA)の年次総会に合わせて「銀行の強欲さ」を糾弾する抗議行動を起こしたものだ。彼らはこれを「3日間に及ぶ動員」、「シカゴの対決」と呼んでいる。SEIUのプレスリリースは、「ワシントン州スポーケンからニューヨーク州シラキュースに至るまでの職や家などの生命線を失った国民が集まっている。銀行に対して、過度な強欲主義や利益至上主義を排し、救済措置として投入された国民の税金をアメリカ経済の回復に生かすことを求める。飛行機やバスを乗り継いでやって来た」としている。労働組合がデモ参加者の大半を先導しているようで、大半の参加者は中西部を横切って黄色いスクールバスで現地入りしている。彼らは銀行幹部の巨額報酬や銀行による差し押え、そして略奪的融資に対する怒りを訴えている。イリノイ州スプリングフィールドからバスに乗ってきたペギー・ソーワー・ノイップフル氏は、「わたしは孫たちのためにここまで来た。われわれが差し押えを止めなければ国が滅んでしまう」と嘆く。「地域社会改善のためのアイオワ市民」(アイオワCCI)とともに参加しているゲリー・クリッカー氏は押さえきれない怒りを表明するとして、同州ブルームフィールドでのトウモロコシや大豆の収穫作業を中断してデモに参加。「これは金融システムの問題ではない。金融機関が引き起こした災害だ」と声を荒らげている。デモ参加者らはウェルズのジョン・スタンプ最高経営責任者(CEO)やバンク・オブ・アメリカのケン・ルイスCEOなどの銀行幹部の肖像、あるいは自分たちが「ウォール街の悪徳銀行家」と見なす銀行幹部の顔写真に「指名手配中」と表示した掲示板を抱えている。また「大手銀行には報酬不要」とのスローガンを掲げ、「大手銀行をつぶせ」と唱和する人たちもいた。ゴールドマンの広報担当者は、シカゴオフィスの警備室が書簡の写しを受け取ったことを明らかにしたが、それ以上の詳細は語らなかった。ウェルズの幹部はコメントを控えた。デモ隊らは、ゴールドマンのロイド・ブランクファイン会長兼最高経営責任者との「向こう30日以内の」会合を要求。CEOに書簡を手渡すとして同社ビルロビーに押し入ろうとする緊迫の一幕もあったが、警察と警備隊に取り押さえられた。代わりに同社代表者が通りに出て来て書簡を受け取り、デモ隊数人らと握手を交わした。彼らはその後ウェルズのシカゴオフィスまで行進し、同じようにしてスタンプCEOへの書簡手渡しを試みた。正午前後には再び黄色いスクールバスに乗り込み、米国銀行協会の年次総会の会場へ向かった。  人気 Blog RankinG







シカゴデモ1




シカゴデモ2




シカゴデモ3




シカゴデモ4







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書「ドルの崩壊と資産の運用」、そして、今回、私が最もお薦めする本は米国人の若き歴史・経済学者トーマス・ウッズの著書「メルトダウン 金融溶解」。 とくに8月にまだ発刊されたばかりの「メルトダウン 金融溶解」は、すばらしの一言に尽きる。久しぶりに良書を読んだ気がする。この本は、金投資家だけでなく全ての人が読むべき本だろう。本書では、国際金融資本家の支持するケインズ派の経済学を真っ向から否定し、オーストリア派の経済学者として、誰に金融危機の責任があり、これからどうするべきかを教えてくれる。また、金本位制の重要性、インフレ・デフレとは何か?真の経済学も簡単に学ぶことができるだろう。何回も読み返すだけの価値ある本だと思う。また、FRBを廃止に追い込もうと日夜戦い続けている米共和党下院議員のロン・ポール氏と副島隆彦氏がこの本を推薦している。





Thomas E.Woods Jr  
Thomas E.Woods Jr





1972年米国生まれ ハーバード大卒後、コロンビア大学で博士号を習得。歴史・経済学者であり、現在、経済学のオーストリア派であるルードヴィッヒ・フォン・ミーゼス研究所の上級研究員である。著書「メルトダウン」は2009年3月に刊行されるやニューヨーク・タイムズ紙を始めとする各種のベストセラーランキング入りし、9カ国語に翻訳されている。 HP ⇒ http://ThomasEWoods.com







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  


         

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位



  応援ありがとうございま~す ♪



※ Real time ライブチャートは、システムに負担をかけ過ぎてしまうため、ブログ左端にある金価格・投資分析ツールの欄に移動しました。




スポンサーサイト



2009⁄10⁄29 00:15 カテゴリー:ニュース comment(23) trackback(0)







コモディティニュース


砂糖欠乏の恐れから食品大手各社が警告(米国)



13日付けの米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、複数の米大手食品関連メーカーがビルサック農務長官あてに書簡を送り、オバマ政権が高騰する砂糖の輸入制限を緩和しなければ、米国では「事実上、砂糖が底を付く」恐れがあると警告していると報じた。書簡を送ったのは食品大手のクラフト・フーズやゼネラル・ミルズ、チョコレート大手のハーシー、菓子大手のマースなど。砂糖を主原料とした食品を製造している各社は、農務省が無関税の砂糖輸入の拡大を認めなければ、小売価格の引き上げを余儀なくされ、従業員を一時解雇せざるを得なくなると訴えた。米国の食品メーカーが無関税の砂糖を輸入できる量はメキシコからの輸入を除き、現行の輸入割当枠によって制限されているため、ブラジルなどの主要砂糖生産国からの輸入が抑えられている。また、連日の砂糖高騰は、インドでの大減産による輸入大幅増大観測からファンドによる買い圧力が強まっていることが原因とされている。







NY砂糖週足 STO 2007年7月~ 
NY砂糖週足 STO 2007年7月~



NY砂糖月足 RSI 1974年~
NY砂糖月足 RSI 1974年~








       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄08⁄16 07:00 カテゴリー:ニュース comment(0) trackback(0)







CFTC金先物建玉明細


リアルタイム市況の項目に、本日からCFTC金先物建玉明細を掲載することにしました。取組、買いポジションのチャートなど、解説付きで細かくデータを掲載しましたのでぜひ参考にしてください。







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking








2009⁄07⁄12 11:53 カテゴリー:ニュース comment(0) trackback(0)







合衆国独立記念日 ~ 米国の没落



1776 - A Tribute to American Independence





アメリカ独立記念日(英語: Independence Day)は、1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して、毎年7月4日に定められているアメリカ合衆国の祝日。独立記念日には各地でパレード、バーベキュー、ピクニック、野球などのイベントが開かれる。また独立記念日恒例の打ち上げ花火は1777年以来の伝統行事である  

 

>>人気 Blog RankinG<<


   


1777年 - フィラデルフィアで独立宣言一周年の祝典が開かれる

1779年 - 7月4日が日曜日と重なったため翌7月5日に祝賀が
        行われ、以後これが慣例となる。

1781年 - マサチューセッツ州議会が初めて独立記念日を公認

1870年 - 連邦議会が7月4日を公務員の祝日に制定







ワシントン記念塔越しに見る独立記念日の花火
ワシントン記念塔越しに見る、独立記念日の花火     







アメリカ独立宣言
アメリカ独立宣言





アメリカ独立宣言(The Unanimous Declaration of the thirteen United States of America)とは、1776年7月4日に、イギリス(グレートブリテン王国)によって統治されていた13の植民地が、独立したことを宣言する文書である。    人気 Blog RankinG
               




この絵は、2ドル紙幣の裏面図版に使用されている
独立宣言への署名
「独立宣言への署名」(J・トランバル、画)

 



アメリカ独立戦争(1775年 - 1783年)はイギリス本国(グレートブリテン王国)と、アメリカ東部沿岸のイギリス領の13の植民地との戦争である。米国では、アメリカ独立革命、若しくは革命戦争と呼ばれ、主に英国ではアメリカ独立戦争と呼ばれている。この戦争によって、植民地の者達がイギリスの支配を拒否しアメリカを政治的独立に導くことに成功した。1775年、革命派は13植民地政府の全てを掌握すると共に、政治と立法を主に担当する第二次大陸会議と軍事を担当する大陸軍を発足させた。翌年、アメリカ独立宣言を発して、正式にアメリカ合衆国という国家の形を取った。  







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







米カリフォルニア州、財政危機で非常事態宣言(2009年7月1日)







Schwarzenegger Calls Emergency (July 01,2009)





米現地からの報道によると、米カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事は1日、財政危機により非常事態宣言を発した。同州議会は6月30日、財政収支の均衡化に向けた予算について夜遅くまで討議を行ったが、歳出超過が2兆5000億円に拡大するため、合意に至らないまま7月1日の新年度を迎えた。今回の問題はカリフォルニア州だけでなく、イリノイ州でも予算が合意に至らず破綻状態。また、ペンシルバニアでも財政が行き詰まり労働者に賃金を支払うことができないかもしれない。他、オハイオ、コネチカット、インディアナ、ミシシッピ、アリゾナもなんとか予算は成立したが、非常に危険な状態にある。今回、最悪の事態に陥ったカリフォルニア州は、今月中に資金が底を尽き、破綻(デフォルト/債券の債務不履行)は免れないと言われる。今回の非常事態宣言に伴い、州機関の閉鎖、月3日間の無給休暇(州職員)が行われる。また、資金が底を尽いているため、州当局は納入業者などへの支払いを停止し、将来の支払いを約束する「IOU」(借用書)を発行することになる。カリフォルニア州がIOU発行という異例の措置を取らざるを得なくなるのは1930年代の大恐慌以来2度目のことだ。







カリフォルニアと言えば、1848年に金鉱脈が発見されたことから、世界中から金を求めてゴールドラッシュが起きた土地でもある。当時の記録を見ると、農民、労働者、商人、乞食や牧師までもが、一攫千金を夢見て、新大陸アメリカを目指したことが記されている。 また、中国(清国)の広東省からも多くの労働者が鉱山や鉄道建設現場で働くために米国にやって来ることとなり、その後の広東人を主体とするチャイナタウンの形成につながった。その結果、1852年にはカリフォルニアの人口は20万人まで急増し州に昇格、西部の開拓が急進展することになった。また歴史家によっては、1848年革命やその後の革命が、成り勝らなかった一因として「カリフォルニアなどの地域のゴールドラッシュにより、金を求めてヨーロッパ中から人がいなくなったこと」が挙げられるほどである。今、そのカリフォルニアがペーパーマネーの洪水に溺れ、崩壊しようとしている。人々は161年前のように再び金に回帰するのだろうか?






砂金






アメリカのエコノミスト、ブロガー達の間では、今回のカリフォルニア州財政危機は、アメリカ経済全体に大きな影響を今後及ぼすという意見が多い。今年のはじめ、ガイトナー米財務長官は「連邦政府はカリフォルニアに手を差し伸べる用意がある」と語っていた。しかし、2週間前、ギブズ米大統領報道官は「米政府による資金の支援、債務保証などを検討はしているが、今のところ支援をするつもりはない」と表明。「オバマ政権がカリフォルニア州の問題を注視している。引き続き状況を見守り、展開を見極める」と述べた。







警察国家アメリカ ~ FEMAによる米国民奴隷化計画





FEMA_logo_svg.png
FEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)






現在の金融恐慌の進行に伴い、米国クーデター部隊FEMAによる、「反抗的市民の逮捕・監禁作戦」の実行が画策され始めている(逮捕状・裁判無し⇒米国民は裁判を受ける権利が剥奪された)。2009年に実施されるアメリカ政府による何らかの計画により、国民の暴動が起こるのを想定して、アメリカ各州に、FEMA、軍人の配備、そして死体を入れるプラスチック製の棺が、ブッシュ前米大統領の手により数百万個注文された。現在その棺はジョージア州にある。そして、強制収容所、移動用の強制収容所トレーラーの建設が急ピッチで進んでいる。現在、その強制収容所が全米に800ヶ所以上存在し、収容規模は1ヶ所で2万人以上の収容が一般的なようだが、西海岸のものは100万人規模、アラスカのものは200万人収容可能といわれ、全て合わせれば2000万人以上は収容可能と思われる。今回はカリフォルニア州での非常事態宣言でしたが、万が一、オバマ大統領が何らかの理由で国家非常事態宣言(戒厳令)を出した場合、アメリカ議会は6カ月間の停止を余儀なくされ、全ての権限はFEMAに移る。その場合、FEMAは大統領を超える権限が与えられ、米国民は人として生きる全ての権利を奪われることになる。その世界は北朝鮮の比ではないだろう。







FEMA CAMP(巨大な強制収容所)のある場所 : Google Map
FEMA CAMP(巨大な強制収容所)のある場所
上の地図をクリックしてください(Google Mapで詳細が見れます)







fema rex 84 google earth (July 03,2009)

FEMAの強制収容所REX84の位置







Google earthで以下の座標を入力するとFEMAの強制収容所が見れます
ソフトをダウンロードしていない方は以下で




>>ダウンロード<<




41°31'08.48"N 86°41'24.36"W

33°33'57.36"N 83°29'6.26"W



 
ペンシルベニア州の中部、アパラチア山脈のアランウッドに、50万坪もの巨大なFEMAの強制収容所がある。周りを取り囲む3メートルの高さの有刺鉄線 が「収容者」の脱走を阻んでいる。もちろん全員裁判も受けず、非合法に拘束されている。同様のFEMA運営の強制収容所が以下の場所にある。(一例)







アリゾナ州ツーソン
アリゾナ州フローレンス
カリフォルニア州ツールレイク
ウェスト・バージニア州ミルポイント
ウェスト・バージニア州アンダーソン
ウェスト・バージニア州レイスバーグ
サウス・カロライナ州グリーンビル
アラバマ州モンゴメリー
オクラホマ州エルレノ
フロリダ州アボンバーグ
アラスカ州メルエンドーフ







各収容所には、毒ガスによる市民の大量虐殺用のガス室と、断首台を備えた巨大火葬場が隣接しており、FEMAは独自に全世界の数百万人分の人間の処刑、 拘束予定者リストを作成している。また、陸軍とは別に、FEMAの傭兵を使った全米各都市での「市民の強制収容」の実戦訓練が、作戦名「REXアルファ 84」「ナイトトレイン84」として繰り返されている。「ナイトトレイン84」は深夜、FEMAが、市民の自宅玄関の扉を蹴破り、突然急襲し、強制連行し、列車で強制収容所に連れ去る、という計画である。一夜明けると、ターゲットにされた者の家族全員が「こつ然と」姿を消し、警察も捜査せず、永久に住んでいた街から姿を消す事になる。おそらく、アメリカは近い将来、内戦が起きるのではないでしょうか。現地では銃が飛ぶように売れていると聞く。また、ロン・ポール共和党議員が先頭に立ち、FRBを監視・廃止に追い込み、金本位制復活を善しとする勢力が日増しに増えている。米国内でのハイパーインフレ議論も過熱する一方で衰えることはない。2001年9月11日のテロ以降、アメリカ国民・入国者の自由は完全に奪われていると言っても過言ではない。テロ直後、45日間で、国民・入国者を監視する法律「愛国法」が成立した。名目は米国内外のテロリズムと戦うことを目的としている。米政府当局は、捜査令状なしに、電話盗聴、家宅捜索、Eメールの閲覧、医療情報、金融情報や他の記録について調査する権限を持ち、アメリカ国内の外国人に対しては、金融資産の移転、及び、テロに関係する行為をとったと疑われるものに対しては、無期限で留置・追放する権限を持つ。







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking




 

※Coffins・・・死体を入れる棺




New World Order FEMA Coffins For American People  
Martial Law 2009-2012 (1,000,000 Plastic Coffins)




FEMA Trailer Workers Speak Out

※FEMA Trailer・・・強制収容所トレーラー







FEMA TRAIN
FEMA TRAIN(強制収容所列車)







FEMA トレーラー
FEMA Trailer(強制収容所トレーラー)










下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖夫氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄07⁄04 20:50 カテゴリー:ニュース comment(3) trackback(0)







中国の金本位国家戦略


ロイター通信(北京)の報道によると、25日に開かれた外貨・金に関するフォーラムで中国共産党・中央政策研究室経済局の李連仲局長は、ドル下落が予想されることから、中国は金塊購入を増やすべきだとの考えを示した。金塊保有拡大は、人民元の国際的役割強化にも必要だとしている。李局長はまた、外貨準備を使ったエネルギー、天然資源の調達を進めるべきだと指摘。さらに、中国にとっては、米国債を購入するよりも米国の土地を取得する方が好ましい選択肢だと述べた。李局長は「米国はドル紙幣を大量に印刷しており、こうした傾向から判断すると、経済の法則に従えばドルが下落するのは疑う余地がない。そのため金塊がより好ましい選択となるはずだ」と語った。人民元との関連については、「人民元が国際化するか外貨準備通貨となるには、中国はそれを裏付けるより多くの金塊を必要とする」とした。 ⇒詳細ニュース







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







中国の貴族の墓で発見された金板(紀元前2000年)
貴族の墓で発見された金板(紀元前2000年)/中国







テクニカルは強気!!







NY金 プライスチャンネル、MACD
NY金週足 プライスチャンネル、MACD





円建て金週足 プライスチャンネル、MACD
円建て金週足 プライスチャンネル、MACD










下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖夫氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄06⁄26 12:15 カテゴリー:ニュース comment(5) trackback(0)







ドル崩壊


5月6日、ブルームバーグの報道によれば、中国の中央銀行が6日付けの報告書の中で次のように述べたという。 「世界の主要な中央銀行によって行われている政策的な間違いが、全世界にインフレーションをもたらす危険がある。 より多くの国が量的緩和などの柔軟な金融政策を採用しているため、今後、基軸通貨ドルを中心とした主要通貨の切り下げリスクは益々高まるだろう。」







温家宝首相は、「アメリカは不況から脱出するために前例がないほどお金を借りまくっている。その結果、我が国保有の米国債の価値が浸食されている」と、ドルが弱まる過程の中で3月に懸念を表明していました。中央銀行の今回の発言は本音だと思える内容だ。中国が東南アジアの国々と人民元による通貨スワップ協定を結んだり、外貨準備に対する金の保有率を高めたり、商品の政府備蓄を急いで進めている流れはうなずける。全てはドル崩壊の後を想定した準備と言えよう。     ・・・→人気 Blog RankinG







中国人民銀行(中央銀行)









ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







先週は、米経済指標の改善とストレステストの結果を受け、株価は上昇した。しかし、米雇用統計の発表後、ドル指数は激しく売られ、テクニカルはドルの売りシグナルを示している。同時にユーロは激しく買われた。金価格はまだ反応していないがテクニカル上の問題であり、まもなく時間差で激しく反応してくると思われる。また、米国債10年物金利は3.29%、30年債金利は4.28%と上昇傾向であり、非常に危ない水準になりつつある。短期債は中国の買い支えで低いままですが、この状態があと数カ月続けば、どこかで米国の長期金利は急騰し、国債価格は短期含め暴落するだろう。まさに綱渡り状態であり、火の車!!   →
FC2 Blog Ranking







ドル指数日足
ドル指数日足

ユーロ・ドル日足
ユーロ・ドル日足







ドル指数週足
ドル指数週足







 クリックで拡大できます↓
NY金日足 エリオット波動、200日平均線、MACD
 NY金日足 エリオット波動、赤線は200日平均線、MACD







東京金週足(当限) ボリンジャーバンド
東京金週足(当限) ボリンジャーバンド







上記週足チャートで、国内金価格は理想的な反発をしている。(ボリンジャーバンド中心線で陽線引け) 以下、PDFのチャートを参考にしてもらいたい。1976年以降の国内外の月足チャート(青ラインは波動の中心軸にある18カ月移動平均線)であり、ピンクのラインは波動の可動範囲、そして、大局の流れ(トレンド)になります。NYは1980年の高値を超え、現在、逆三尊形成中。国内は昨年の高値3363円を超えるのは時間の問題であり、1982年につけた4326円まで壁と思われるものはないように感じます。波動の強さとサイクルを手掛かりに見ていけば、早ければ年内、もしくは来年前半で4326円に到達するのはそれほど難しいことではないように思えます。4326円は目先の利食いポイントにしか過ぎないでしょう。次のステップは1980年の6485円であり、さらに上を目指す動きをしてゆくと思えます。    ・・・→人気 Blog RankinG







⇒ 東京金月足(1976年~)
⇒ 東京金月足(波動の流れ)
⇒ NY金月足(1976年~)







私のもうひとつのブログ(⇒ SWEET MEMORIES )も、良ければ見てね!新たに始めてみましたので好きな方はどうぞ♪






  
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖夫氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄05⁄10 23:00 カテゴリー:ニュース comment(8) trackback(0)







覇権を握る中国


4月24日、中国の新華社電は、国家外貨管理局の胡暁煉局長(胡暁煉は中国人民銀行[中央銀行]の副総裁と国家外貨管理局の局長を兼務している)が、中国の金準備高は2003年の600トンから454トン増加し、現在1054トンとなったことを発言したと伝えた。(※増加分は国内生産のものによる) この発表と同時に国際通貨基金(IMF)が保有する3217トンの金塊を買い取りたいと要求するような発言もしている。中国のアメリカに対するドル不信は相当なものなのだろう。今回の発表はドル崩壊に備えて金をこれからも備蓄し続けるという強い意志を、金融市場に伝えることを目的とします。中国は、金を国際的な金融計画(ドルにかわる貿易決済通貨に発展するかもしれない新通貨の計画 ) の重要な部分とみなします。 中国のアメリカに対する通貨戦争は今後激化することが予想され、金価格に与える影響も小さくはないはず。外貨準備金に対する金塊の保有率を高め、脱ドルの動きは明確だ(⇒記事)また、中国のHou Huimin氏(中国金協会の副総書記)は、中国政府は5000トンまで金準備を増やすべきだと述べ、中国国内の多くの経済学者達は外貨準備金を米国債ではなく金で運用すべきだと答えている。現在、外貨準備金2兆ドルに対しての金塊保有率は1.55%、仮に金塊を5000トンまで増やした場合、金塊保有率は7.35%となる。米国75%、ドイツ62.5%、フランス50.2%、イタリア50.2%、スイス40.8%と比べれば、中国の金塊保有率は著しく低い。積極的に金を買い増しているロシアも保有率はまだ3~4%程度であり、ドル崩壊が迫る中、今後さらに買い増すことが予想されます。・・・→人気 Blog RankinG







     1994 CHINA GOLD COIN







現段階では、中国は世界一の米国債保有国であり、米国債の急いだ売却はドルと国債価格の暴落を助長させ、自分の首を絞めることになる。ゆえに中国人民銀行の胡暁煉副総裁は、3月23日の記者会見において、「信用リスクが比較的低い米国債への投資は外貨準備の運用における重要な一部分であり、こうした投資は今後も続ける」と、価格を維持する為に今後も米国債を継続的に買い続けていくという事を名言しました。しかし、今買っている米国債は短期債であり、長期債は買っていない。中国では、金融危機により輸出の急速な減少に伴って、外貨準備が既に頭打ちとなっているようで、胡暁煉副総裁も「中国では大規模な資本流出は起きていないが、1~2年の大量の資本流入は減速している」と認めています。米国債を購入する外貨準備の頭打ち状況が続けば、米国は自国で国債を購入する以外に選択肢が無くなります。FRBが3月に自国の長期国債を買うという禁じ手を発表したのはこのためでしょう。しかし、自国が債券を購入するという構図は、債券の信用度にとって良い事とは思えません。他人が欲しくないものを自分で買い取ると言うのは、信用度が低いと見られてしまうのは当然だからです。国債が国の財政を支える中において、国債の信用度の低下は、国自体の信用度を低下させる可能性があります。また、 中国人民銀行の周小川総裁は3月23日、金融サミットG20(4月2日)を控え、現在の米ドル中心の国際通貨体制の見直しを求める論文を発表しました。総裁は「基軸通貨国だけでは十分な流動性の提供と通貨の安定を両立することはできない」として、ドル基軸体制の限界を指摘。周総裁は解決策として国際通貨基金(IMF)の準備資産である特別引き出し権(SDR)の役割を向上させるべきだと主張。SDRを構成する通貨の比率について国内総生産(GDP)に応じた見直しを求め、人民元を構成通貨に加えるべきだとの考えを示した。具体的な内容は、人民元、ルーブル、金をバスケット通貨であるSDRの構成通貨として新たに追加するというもの。中国とロシアが急いで金塊を買い増している理由としては、まさに新通貨誕生のための準備と言えるでしょう。→
FC2 Blog Ranking







gold-bars.jpg









ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







今日は臨時で書きました。月末にかけて少しずつ更新を再開していきます!






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖男氏の金復活は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  


      

  応援ありがとうございま~す ♪   

  




ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄04⁄26 23:40 カテゴリー:ニュース comment(6) trackback(0)







G20で金売却合意


2日、ロンドンで開かれたG20の共同声明では、景気回復に向けて協調路線が示された。その一部として、各国が2010年末までに総額5兆ドル(500兆円)の財政出動をすることを決定。また、IMF債券、SDRなどを通じてIMFの融資能力も大幅に強化。大規模な財政出動は景気を刺激するが、同時に通貨の価値を著しく下げ、インフレを加速させる。これらの報道を受け、株、ユーロ、商品価格は全面高、ドル指数と円は暴落した。本来なら、金は買われるべき環境であったが、商品の中で金のみ下落。これは金売却論に反応したものであり、G20では最貧国支援の資金繰りのため、保有金403トン売却する案をIMFに要請することが合意された。ただ暴落が懸念されていた割には、NY金価格は18.8ドルの下げにとどまり、SPDR金ETFの買い残高には変化なし。個人的には唯一金価格を大きく押し下げるだろうと思われていた悪材料が出尽くしたことにより、下げは絶好の買い場と感じます。また、G20での金売却合意は最終的な決定ではなく、IMF定例会議で加盟国の代表者185人のメンバーのうち85%の多数票が得られなければ、売却はできない。アメリカは一カ国で17%の投票権をもつため、アメリカ議会が承認しなければ、他国が全て賛成しても売却できないため、アメリカは事実上の拒否権をもつ。現在までアメリカ議会は反対し続けている。仮に今後売却が決定したとしても、ロシアや中国などが市場を介さず買い手となるのは必至であり、IMF金売却論は脅威ではない。おそらく、一時的な下げ要因だろう。







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







G20金融サミット ロンドン
G20金融サミット ロンドン 2009年4月2日







ドル指数日足(ドルインデックス)
ドル指数日足(ドルインデックス)

ユーロ・ドル日足
ユーロ・ドル日足







NY金日足 緑線は75日平均線、ストキャスティクス
NY金日足 緑ラインは75日移動平均線、ストキャスティクス







NY金日足チャートでは下値不安を若干感じさせる動きをしているが、円建てチャートを見る限り、下値不安は少ないと思う。以下チャートの日足均衡表では、もちあいを上放れる直前の動きをしている。目の前に厚い雲があり、そろそろ上に放れると予想。週足の均衡表でも、雲のねじれを上に抜ける位置にあり、転換線の上昇圧力をまもなく受けるはずだ。押し目買いの流れ変わらず。







sc_20090403121145.png
 円建て金日足(NY金÷円指数) 一目均衡表 スローストキャ







sc_20090403121036.png
 円建て金日足(NY金÷円指数) 一目均衡表 MACD






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪





2009⁄04⁄03 07:43 カテゴリー:ニュース comment(16) trackback(0)







G20、問題解決の場にならず


ロンドンで2日に開かれる主要20カ国地域金融サミット(G20)を前に、サルコジ仏大統領が退席も辞さない強硬姿勢を示すなど、早くも暗雲が漂っている。米政府高官は31日、金融サミットの意義を強調したが、同大統領の発言は景気刺激策や金融規制をめぐる欧米対立を改めて浮き彫りにした。サルコジ大統領は31日、金融市場の規制強化で合意できなければ、途中退席する考えを表明。「危機は極めて深刻であり、成果のないサミットを開いている場合ではない」と述べた。(国内ニュース)







現段階での見通しは、G20で各国が対立するのは必至。米国の反発によりサミットが失敗に終われば、通貨の切り下げ合戦はますます激しくなり、通貨インフレが加速すると思えます。各国がドル資産の保有リスクを回避する手段として、金保有を重視する動きは高まるのではないでしょうか。







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄04⁄01 14:17 カテゴリー:ニュース comment(2) trackback(0)







新基軸通貨構想(新SDR)


どうやら、4月2日のロンドンで開かれるG20後、マーケットの雰囲気が一変しそうな気配がある。チャートのテクニカル、フアンダメンタルズを見ても、金を中心とした商品価格全面高の流れに入る兆しがあります。前回、私がしたシュミレーション通り、3月27日の新月前後に金価格が最高値更新をしていれば、4月の前半はG20後、大幅に下落する可能性があると見ていましたが、金価格の選んだ方向は18日のFOMC声明後、横に価格が移動するもちあいに変化。これにより、上昇エネルギー蓄積の三角もちあい形成に入り、金価格の見通しはさらに強気の見通し。もちあいを放れた後は、1オンス=1200~1300ドルをまず目指すと思われます。FRBは最後の切り札である国債買い取りのカードを使い果たし、もはや打つ手なし。すでに中国やロシアは、米国債の暴落、ドル減価、インフレは避けられないとの見通しから、金と資源の政府備蓄を増やし、ドル暴落の備えに入っている。金の世界的なアナリスト、ジェームス・ターク氏が予測する「金価格は、4月以降、1000ドル以下になることは永久にない」、この予測に近いことが近々実現すると思えます。目先の下げは強気で買っていくポイントでしょう。
・・・→人気 Blog RankinG  







まず、G20を前にして、はっきりしたことは、今回のG20で中国とロシアが中心となり、ドルにかわる新世界基軸通貨の提案をするということ。提案される内容はバスケット通貨であるIMFの特別引き出し権(SDR)を新しいシステムへ変更するというものである。現在のSDRは通貨バスケットとして、ユーロ、日本円、英ポンド、米ドルで構成されています。これに対して、今回、中国とロシアが要求している新SDRは、これに、ルーブル、中国元、金を加えるというもの。現在、中国とロシアが外貨準備金に対する金の保有を積極的に増やしている理由はこれらを実現させるためのものと考えられるでしょう。アメリカは、これら提案に対して断固拒否の構えですが、短期国債を中国に買ってもらっている現状を考えると、中国を怒らせた場合、長期債だけでなく全ての国債を自分で発行して、自分で買い取るという禁じ手を使わなければならなくなる。いずれにせよ、今回のG20は決裂の可能性が高いと見られていますが、ドルに代わる金を組み込んだ新世界基軸通貨の提案が出される意味は大きい。・・・→
FC2 Blog Ranking







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







 NY金日足 スローストキャスティクス
テクニカルチャート
 NY銀日足 スローストキャスティクス







  NY金日足 一目均衡表、ウィリアム%R
NY金日足 一目均衡表、ウィリアム%R

NY銀日足 一目均衡表、ウィリアム%R
  NY銀日足 一目均衡表、ウィリアム%R







東京金週足(当限) ボリンジャーバンド
東京金週足(当限) ボリンジャーバンド

東京銀週足(当限) ボリンジャーバンド
東京銀週足(当限) ボリンジャーバンド







  円建て金日足(NY金÷円指数)一目均衡表
円建て金日足(NY金÷円指数)一目均衡表

円建て銀日足(NY金÷円指数)一目均衡表
  円建て銀日足(NY金÷円指数)一目均衡表







CRB指数週足 ボリンジャーバンド、MACD
  CRB指数週足 ボリンジャーバンド、MACD

NY原油週足 ボリンジャーバンド、MACD
  NY原油週足 ボリンジャーバンド、MACD

NY銅週足 ボリンジャーバンド、MACD
  NY銅週足 ボリンジャーバンド、MACD

Agricultural Commodities Index (GKX) 農産物指数週足
  農産物指数週足 Agricultural Commodities Index (GKX) 






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 2位  

  人気ブログランキング 先物 3位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄30 05:00 カテゴリー:ニュース comment(6) trackback(0)







FOMCで米国債の買い取り決定


日本時間19日3時15分、米国で開催されていた米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の据え置きと米国債の買い取りが発表された。詳細は、今後半年間で中長期の国債を最大3000億ドル(約29兆円)を買い取る予定。6日、ニューヨーク連銀のダイドリー総裁は「現時点で長期国債を買うのは金融市場の混乱を和らげるのに最適とは言えない。時期尚早」と長期国債の買い入れに慎重な考えを示していただけに今回の決定は市場に驚きを与えたようだ。また、FOMC声明により、ドル指数は暴落、ユーロと金、米長期国債価格が激しく暴騰している。今月はスイスが通貨の切り下げ(フラン売りの介入と利下げ)を行い、英国と日本が長期国債の買い取りを実施した。流れは世界の主要国が通貨の切り下げに動いていて、金に対して全通貨が下落する長期トレンドに入っている。FRBによる米国債の買い取り決定は、ある意味パンドラの箱を開けてしまった重大な出来事とも言えるでしょう。禁じ手を使わないといけないほど米国は資金調達が困難な状態にあり、中国頼みの国債発行乱発も限界に近づきつつある。NY金のテクニカルも17日から始まった上昇圧力に本日反応し始めたため、年内1500ドル超えの足場は固まったと言えるでしょう。本日、激しい円高のため、国内金価格はあまり上昇しませんが、金星逆行初期の特徴であり、次第に円高に負けない国内金価格の上昇加速が見られると思いますので、今はじっくり待つのみ。
・・・→人気 Blog RankinG







世界最大の金ETF(SPDR GOLD SHARES)の買い残高が再び過去最高を更新。前日比+15.28トンの1084.33トンとなった。また、スイスでは先週G20前の12日にスイス国立銀行(SNB)がフラン売りの介入を行ったことにより、スイス国内では金買いが殺到。スイスのプライベートバンク、ジュリアス・ベアが発行する金ETFの買い残高は一週間で20%増加した。17日時点での買い残高は27.3トン。スイスには、チューリッヒ・カントナルバンク(ZKB)の設定する金ETFもある。(スイス最大)
・・・→
FC2 Blog Ranking







金









ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







NY金日足 一目均衡表 スローストキャスティクス
 NY金日足 一目均衡表 スローストキャスティクス







ユーロ買いが加速している。トレンドはすでにユーロ買いに変化しているが、夏までに1ユーロ=1.500ドルを突破し、年内、史上最高値の1ユーロ=1.600ドル付近も試す可能性あり。本日、ドル指数は大暴落したが、ダブルトップの天井完成は近い。流れは、金・ユーロ買い、ドル売りに変化なし。米国債価格の上昇は短期的なものと予想。・・・→人気 Blog RankinG







ドル指数日足(ドルインデックス)
ドル指数日足(ドルインデックス)

米国債10年物価格日足
米国債10年物価格日足

ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線、ストキャスティクス
ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線、ストキャスティクス






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   





ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄19 08:30 カテゴリー:ニュース comment(5) trackback(0)







CNBC GOLD NEWS


CNBC NEWS
CNBC Gold & Precious Metals VIDEO






CNBC の金・貴金属の最新ニュース(VIDEO)は、上記画像をクリックすると見ることができます。 ⇒ CNBC 文字ニュースはこちら




gold-bar-coins_20090906232811.jpg
Your gold buying redeems the world







2008⁄09⁄08 18:00 カテゴリー:ニュース comment(0) trackback(0)







Dukascopy TV 


Dukascopy, Swiss interbank forex broker provides best spreads, marketplace and highest liquidity for online forex trading







2008⁄09⁄05 09:00 カテゴリー:ニュース comment(0) trackback(0)









| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。