市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金の超上昇期 ~ 資源インフレ再び


5月28日の日経新聞の夕刊に、現在の状況を示す象徴的な記事が載っていました。見出しは「国際商品相場が上昇」、その下には、「米長期金利、一時、3.74%に上昇」と書かれていた。製品デフレは、まだしばらく続くと思えますが、資源レベルでの上昇はすでに始まっている。各国中央銀行が、政策金利を下げ続け、量的緩和(資金供給)をやり続けた結果、じゃぶじゃぶに溢れたマネーは、株式や金を始めとする実物資産の商品に向かい始めた。一方、国債から株式に資金は移動し、各国の長期金利は急騰、そして、ドルは暴落している。皮肉にも、現在の株価上昇はアメリカの国家破綻を早める一因となっている。これはインフレ政策によってもたらされた悪性の株価上昇であり、決して喜ぶことはできない。ブルームバーグのインタビューでポール・クルーグマン教授は次のように述べている。「米国の景気急降下局面は終わった。おそらく、金融システムへのショックという面では最悪期は終わっただろう。しかし、ドルは急落する。少なくとも大幅下落するだろう。ドル需要は金融危機によって一時的に膨張している。経済にとって良いニュースはドルにとっては悪いニュースだ。状況が安定すれば、逃避先としてのドルの需要は急減する」      ・・・→人気 Blog RankinG







日経夕刊「資源インフレ」








       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking








金の超上昇期




ファイナンシャル・アストロロジーの観点から見ると、5月27日、強いインフレを示唆する木星と海王星の会合(コンジャンクションを迎えた。次の会合日である7月10日では、さらなるインフレの波が押しよせ、9月頃まで金価格は強力な上昇を見せるだろう。これは始まりであり、今までの上昇波動の中で最大級のものになる可能性を秘めている。あらゆる力で押さえつけられていた金価格が解放される瞬間が目の前に迫っていると思えます。また、今月末で金価格のもちあい相場を引き起こした水星逆行期間が終了します。とくに東京金に関しては3カ月間のもちあいが継続されたため、今後の上昇波は大きくなることが予想されます。4000円/グラム超えは難しくなく、1982年の高値4326円を目指す動きが妥当なところでしょう。                ・・・→
FC2 Blog Ranking







東京金日足(当限) ボリンジャーバンド、MACD
東京金日足(当限) ボリンジャーバンド、MACD



東京金週足(当限) ボリンジャーバンド
東京金週足(当限) ボリンジャーバンド







NY金価格は5月24日の新月●を起点として、960ドルの節目で健全な調整が入りました。この動きにより、1000ドル超えが達成しやすくなったと感じます。米国債の10年・30年物金利チャートを見ると、テクニカルは急上昇のサイクルに入ったことを示唆しています。金上昇に拍車をかける可能性あり。後日、ジェームス・ターク氏のレポートと合わせて米国債の金利サイクルを解説予定。







米国債30年物金利週足 一目均衡表、現在4.59%
 米国債30年物金利週足 一目均衡表、現在4.59%



米国債10年物金利週足 現在3.71%
 米国債10年物金利週足 現在3.71%









私のもうひとつのブログ(⇒ SWEET MEMORIES )も、良ければ見てね!新たに始めてみましたので好きな方はどうぞ♪




  
  
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖夫氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   




スポンサーサイト


ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄05⁄29 01:00 カテゴリー:ファンダメンタルズ comment(6) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。