市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Clock & Calendar

И Chibit Original Clock И

お薦め本(Amazon)


Kenny G

Kenny G 「 Sentimental 」

金価格・投資分析ツール


▲pagetop

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール(金太郎)

    

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

※投資の最終判断は自己責任  
  でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

  

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


Google Adsense


お薦め本(Amazon)


Eric Martin (Mr.Big)

Eric Martin  「  M  」

Eric Martin (Mr.Big)

Mr. Big 「To Be With You」

児島未散

Michiru Kojima 「ジプシ-」

SPITZ

SPITZ  「  Cherry  」

Monky Majik

「 Around the World 」

▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








黄金の黄昏


本日23日は貴金属変化日の最終日。17日の新月を経て、20日と23日の貴金属変化日に差し掛かっている。今は安く買った買いを維持しながら、ひたすら急落を待って買うポイントを待つべきであり、ここから先は決して買うべきでない考えは変わらず。NY金日足のチャート上ではダマシのシグナルが連発しているが急落は極めて近いと思われます。天井圏でよく見られる上ひげの長い上影陽線と下ひげの長い下影陰線と陽線が連発していることから、最後の高値を出し尽くして下げ始めるでしょう。現在の価格帯は直近の下げ幅45.1ドルの3倍返し1162.2ドル達成地点であり、エリオットの5波動目エクステンション(最後の強い伸び)が見られる。また、日柄も重要日柄に差し掛かり、本日23日はCOMEX金12月限のオプション納会日。23日までに1200ドルをヒットすれば、先物買いの権利が行使できる取組が28018枚も残っている。つまり、これをヒットさせるために本日まで執拗に買われていた可能性もあるが、本日で期限を迎えるため、明日以降は急落しやすい状況にあります。また、NYシルバーもポイントにさしかかっている。







NY金日足
NY金日足 エリオット5波動 5波目はエクステンションが見られる



>> NY金120分足 <<



NY銀日足 2008年10月~ ストキャスティクス
NY銀日足 2008年10月~ ストキャスティクス







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking








    
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書「ドルの崩壊と資産の運用」、そして、今回、私が最もお薦めする本は米国人の若き歴史・経済学者トーマス・ウッズの著書「メルトダウン 金融溶解」。 とくに8月にまだ発刊されたばかりの「メルトダウン 金融溶解」は、すばらしの一言に尽きる。久しぶりに良書を読んだ気がする。この本は、金投資家だけでなく全ての人が読むべき本だろう。本書では、国際金融資本家の支持するケインズ派の経済学を真っ向から否定し、オーストリア派の経済学者として、誰に金融危機の責任があり、これからどうするべきかを教えてくれる。また、金本位制の重要性、インフレ・デフレとは何か?真の経済学も簡単に学ぶことができるだろう。何回も読み返すだけの価値ある本だと思う。また、FRBを廃止に追い込もうと日夜戦い続けている米共和党下院議員のロン・ポール氏と副島隆彦氏がこの本を推薦している。





Thomas E.Woods Jr  
Thomas E.Woods Jr





1972年米国生まれ ハーバード大卒後、コロンビア大学で博士号を習得。歴史・経済学者であり、現在、経済学のオーストリア派であるルードヴィッヒ・フォン・ミーゼス研究所の上級研究員である。著書「メルトダウン」は2009年3月に刊行されるやニューヨーク・タイムズ紙を始めとする各種のベストセラーランキング入りし、9カ国語に翻訳されている。 HP ⇒ http://ThomasEWoods.com







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  


         

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位



  応援ありがとうございま~す ♪


スポンサーサイト



2009⁄11⁄23 16:45 カテゴリー:テクニカル comment(48) trackback(0)
▲pagetop








ブロードニング・フォーメーション


NY金30分足 10日間の動き 
NY金30分足 10日間の動き ブロードニング・フォーメーション



>>NY金30分足チャート<< 



NY金60分足チャート 13日間の動き
NY金60分足チャート 13日間の動き ブロードニング・フォーメーション







ドル高、円高、ユーロ安、新興国通貨安の流れに入ったため、金の調整も近い。地合いが強いため、1150~1160ドル付近を瞬間試してから下がるか、早ければ、本日、ブロードニング・フォーメーションの上辺を上抜け失敗によるだましの買いシグナル(強い売りシグナル、強気の落とし穴)を形成して下へ向かうだろう。現在、12時19分時点において、部分的にダブル・トップを思わせる動きをしている。1128ドルを下抜けると、部分的なダブル・トップ完成。







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







2009⁄11⁄18 12:23 カテゴリー:テクニカル comment(1) trackback(0)
▲pagetop








史上最高値更新に向けて


先週末、2008年3月に記録した週末終値としては過去最高値である1003.3ドルを突破した。チャート上は強気の逆三尊パターンが完成し、今後控えめに見積もっても1300ドルを達成することが可能と思われる(2010年3月までに) 参考ながら、FRBを構成する連銀のひとつミネアポリス連邦銀行のホームページ(⇒HP)に掲載されているインフレ計算機で、2008年に記録した1033.9ドルを1980年当時の価格に換算すると、399.6ドルになる。また、1980年に記録した850ドルを現在の価格に換算すると、2199.3ドルになる。つまり、実質的には真の史上最高値にはほど遠いということが言えるだろう。さらに、米労働省(BLS)が発表しているCPIには疑問をもつ経済学者も多く、彼らの統計では1980年当時の850ドルは現在の5000ドルに相当するという声もある。  







NY金週足 逆三尊 MACD 
NY金週足 逆三尊 MACD







アストロロジー(金融占星術)とテクニカルの変化日



9月7日~29日までは水星逆行期間と呼ばれる相場が荒れやすい期間に当たる。通常、この期間では国内金価格は方向感を失うもちあい相場になることが多い(逆行は年3回あります) 明確な上昇トレンド入りするのは月末以降と思われる。また、現在、国内金価格はテクニカル上、4週間にわたる下落圧力に打ち勝ち、買い方有利のゾーンに突入している。この逆行指標(遅行スパンの好転)は10月から強い上昇をもたらすだろう。同時に、国内、NYともに本格的な上昇圧力がかかるため、急激な円高はないと思われます。本日18日は、テクニカル(一目の先行スパンねじれ)とアストロの変化日に当たります。明日19日は、金価格が調整入りしやすい新月に。先行スパンねじれは買い変化の好転を示唆しているため、調整の下落が入っても、ごく短期で終わると予想。







NY金日足 一目均衡表、スローストキャスティクス  
NY金日足 一目均衡表、スローストキャスティクス







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







    
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書「ドルの崩壊と資産の運用」、そして、今回、私が最もお薦めする本は米国人の若き歴史・経済学者トーマス・ウッズの著書「メルトダウン 金融溶解」。 とくに8月にまだ発刊されたばかりの「メルトダウン 金融溶解」は、すばらしの一言に尽きる。久しぶりに良書を読んだ気がする。この本は、金投資家だけでなく全ての人が読むべき本だろう。本書では、国際金融資本家の支持するケインズ派の経済学を真っ向から否定し、オーストリア派の経済学者として、誰に金融危機の責任があり、これからどうするべきかを教えてくれる。また、金本位制の重要性、インフレ・デフレとは何か?真の経済学も簡単に学ぶことができるだろう。何回も読み返すだけの価値ある本だと思う。また、FRBを廃止に追い込もうと日夜戦い続けている米共和党下院議員のロン・ポール氏と副島隆彦氏がこの本を推薦している。





Thomas E.Woods Jr  
Thomas E.Woods Jr





1972年米国生まれ ハーバード大卒後、コロンビア大学で博士号を習得。歴史・経済学者であり、現在、経済学のオーストリア派であるルードヴィッヒ・フォン・ミーゼス研究所の上級研究員である。著書「メルトダウン」は2009年3月に刊行されるやニューヨーク・タイムズ紙を始めとする各種のベストセラーランキング入りし、9カ国語に翻訳されている。 HP ⇒ http://ThomasEWoods.com







            







高橋五郎氏講演 「天皇の金塊と広島原爆」の著者







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

         

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位



  応援ありがとうございま~す ♪









2009⁄09⁄18 07:47 カテゴリー:テクニカル comment(13) trackback(0)
▲pagetop








金の波動パターンは強気


現在、NY金価格はエネルギーの収束が950ドルに向かっている。一目均衡表(日足)の転換線と基準線も950ドルに近づいていることから、このことがわかるだろう。また、週足では今週見事に下落圧力に耐え(遅行スパンの陰転ポイント)、週末21日に13ドル上昇して陽線で終わった。この意味は計り知れないほど大きい。金価格の長期トレンドを形成している真の要因は内面的なファンダメンタルズである通貨インフレであり、チャート上の力のバランスを示すテクニカルが強気を示した以上、目先の表面的なファンダメンタルズはもはや関係ないだろう。後は上に放れるのは時間の問題だと思える。9月に1000ドルを超え点火、10月暴騰開始と思える。おそらく来年3月くらいまでは上昇を続けるだろう。また、東京金価格はわかりづらい波動を形成していましたが、時間の経過とともにその全容を少しずつ見せ始めてきました。東京金も月足で見ると、力の中心軸が基準線である2734円にあり、シンメトリカル・トライアングルを形成している。9月、10月と連続で転換線は切り上げ、10月に転換線が基準線を上回る。また、そのタイミングで遅行スパンが9月から上昇圧力を受け始め、10月からかなり強い暴騰圧力を受け始める。確率はかなり低いと思えるが、10月に東京金価格が下げていくようであれば、2010年12月まで価格は3000円を超えることはほぼ絶望的になるだろう。1999年7月以降、東京金月足チャートにおいて、遅行スパンが月末に26カ月前の価格を下回ったことは一度もない。昨年の暴落時でさえ、月末にはもちこたえた。故に金は意地でも上昇しようとする強い意志が働いているように感じられます。もし、素直に上昇してゆくならば、直近の下げ幅の倍返しである3363+(3363-2104)=4622円まで上昇しても決しておかしくはないだろう。   人気 Blog RankinG








       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking








NY金週足 一目均衡表、Slow-STO   
NY金週足 一目均衡表、Slow-STO 







東京金月足(当限) 緑ラインは18カ月平均線、RSI=52.63%
東京金月足(当限) 緑ラインは18カ月平均線、RSI=52.63%








       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







    
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書「ドルの崩壊と資産の運用」、そして、今回、私が最もお薦めする本は米国人の若き歴史・経済学者トーマス・ウッズの著書「メルトダウン 金融溶解」。 とくに8月にまだ発刊されたばかりの「メルトダウン 金融溶解」は、すばらしの一言に尽きる。久しぶりに良書を読んだ気がする。この本は、金投資家だけでなく全ての人が読むべき本だろう。本書では、国際金融資本家の支持するケインズ派の経済学を真っ向から否定し、オーストリア派の経済学者として、誰に金融危機の責任があり、これからどうするべきかを教えてくれる。また、金本位制の重要性、インフレ・デフレとは何か?真の経済学も簡単に学ぶことができるだろう。何回も読み返すだけの価値ある本だと思う。また、FRBを廃止に追い込もうと日夜戦い続けている米共和党下院議員のロン・ポール氏と副島隆彦氏がこの本を推薦している。





Thomas E.Woods Jr  
Thomas E.Woods Jr





1972年米国生まれ ハーバード大卒後、コロンビア大学で博士号を習得。歴史・経済学者であり、現在、経済学のオーストリア派であるルードヴィッヒ・フォン・ミーゼス研究所の上級研究員である。著書「メルトダウン」は2009年3月に刊行されるやニューヨーク・タイムズ紙を始めとする各種のベストセラーランキング入りし、9カ国語に翻訳されている。 HP ⇒ http://ThomasEWoods.com







            







高橋五郎氏講演 「天皇の金塊と広島原爆」の著者







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 8位     

  先物ポータルブログランキング 2位




  応援ありがとうございま~す ♪   
         






2009⁄08⁄24 05:15 カテゴリー:テクニカル comment(9) trackback(0)
▲pagetop








シンメトリカル・トライアングル


前回、7月末の記事で、しばらく1000ドル超える環境にはなく、970~980ドルが目先の上昇の限界値であり、950ドル前後で振動すると書きました。8月に入り、瞬間高値974ドルをつけましたが、再び950ドル前後で膠着しています。チャート上では、今すぐ1000ドル超えるのは難しく、中途半端なエネルギー充填具合で仮に1000ドルを超えたとしても、打ち上げ失敗の花火のようにすぐ落下してゆくでしょう。このコメントから弱気と捉えられがちですが私の真意は逆です。強い波動を形成するために、今はまだシンメトリカル・トライアングルという波動をしっかりと形成するために波動の収束地点である950ドル前後で振動する必要があると考えます。以下に短期トレンドを示す現在形成中のシンメトリカル・トライアングル(高値が切り下がり、安値が切り上がる型の対称性三角もちあい)と中長期の上昇トレンドを示すアセンディング・トライアングル(高値は水平となり下値切り上げ型の上昇三角もちあい)を掲載しましたので参考に。   人気 Blog RankinG








NY金日足 シンメトリカル・トライアングル(対称三角もちあい)、Slow-STO
NY金テクニカル トライアングル
NY金週足 アセンディング・トライアングル(上昇三角もちあい)、MACD

※チャートはクリックすると拡大できます








通常、上記のように上昇トレンド中に発生したシンメトリカル・トライアングルは上に抜けることが多い。エリオット波動理論での考え方では三角もちあいの波動も5波動で形成されるとされている。基本的なパターンで見ると、現在、最終局面の5波に相当し、その後に訪れる上昇波の起点を950ドルとすると、最低目標価格は950+(1007.7-681)=1276.7ドルとなる。中長期のトレンドを示すアセンディング・トライアングルで発生した逆三尊の倍返しで見た場合でも、1003.9+(1003.9-681)=1386.8ドルとなることから、やはり、1000ドル超えた後は先ず1300ドルを短期で達成するでしょう。目先、弱含むことが予想されますが、これは本気で強い上昇をするための準備であり、上昇エネルギーの蓄積が終わるまで動かないと思えます。現在、5波に移行してから日柄が浅いことから、9月中の1000ドル超えが理想的である。
   






       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







以下に掲載したのは、NY金と疑似円建て金週足チャート(一目均衡表)。価格を26週間前にずらした遅行スパン(緑ライン)は今週まで上昇圧力を受けてきたが、来週から下落圧力を受けることになる。これを覆すためには、今週中に1007.7ドル(ドル建て)と3046円(円建て)を超える必要があるが、先ず無理だろう。基準線(赤)と転換線(青)の関係を見ても、円建ては来週から2本の線の位置関係が逆転(陰転)し、売り優勢に。ドル建ては905.1ドルを割らないことを条件に、9月4日まで転換線は938.35ドルを維持されるが、基準線は来週から下がり始める。(現在⇒来週⇒さ来週、933.8ドル⇒929.95ドル⇒924.85ドル) 8月31日以降は924.85ドルが6週間維持される(989.8ドルを突破しないことが条件) つまり、1000ドルを超えなくても9月以降は989.8ドルを瞬間でも超えれば、基準線が上昇し始めるため、強い上昇波動スタートのサインとなる。来週から金価格は試練の時を迎えるが、受ける下落圧力は大きなものではないため、あまり下がらない可能性もある。後、数週間、下落圧力に耐えることができれば、1000ドル超えの波動スタートは近い。   人気 Blog RankinG








NY金週足 一目均衡表、Slow-STO 
NY金週足 一目均衡表、Slow-STO 



円建て金週足(NY金÷円指数)一目均衡表、Slow-STO
円建て金週足(NY金÷円指数)一目均衡表、Slow-STO







    
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書「ドルの崩壊と資産の運用」、そして、今回、私が最もお薦めする本は米国人の若き歴史・経済学者トーマス・ウッズの著書「メルトダウン 金融溶解」。 とくに8月にまだ発刊されたばかりの「メルトダウン 金融溶解」は、すばらしの一言に尽きる。久しぶりに良書を読んだ気がする。この本は、金投資家だけでなく全ての人が読むべき本だろう。本書では、国際金融資本家の支持するケインズ派の経済学を真っ向から否定し、オーストリア派の経済学者として、誰に金融危機の責任があり、これからどうするべきかを教えてくれる。また、金本位制の重要性、インフレ・デフレとは何か?真の経済学も簡単に学ぶことができるだろう。何回も読み返すだけの価値ある本だと思う。また、FRBを廃止に追い込もうと日夜戦い続けている米共和党下院議員のロン・ポール氏と副島隆彦氏がこの本を推薦している。





Thomas E.Woods Jr  
Thomas E.Woods Jr





1972年米国生まれ ハーバード大卒後、コロンビア大学で博士号を習得。歴史・経済学者であり、現在、経済学のオーストリア派であるルードヴィッヒ・フォン・ミーゼス研究所の上級研究員である。著書「メルトダウン」は2009年3月に刊行されるやニューヨーク・タイムズ紙を始めとする各種のベストセラーランキング入りし、9カ国語に翻訳されている。ちなみに、トーマスは私と同い年です。







            







高橋五郎氏講演 「天皇の金塊と広島原爆」の著者







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      


  応援ありがとうございま~す ♪






2009⁄08⁄14 05:30 カテゴリー:テクニカル comment(10) trackback(0)
▲pagetop








金の上昇トレンドは不変


金は1000ドルを大きく超えるため、上下にしゃくった最後の準備運動の段階に入ったと思えます。以下に金のチャートを掲載しましたので参考に。解説:東京金日足チャートでは200日移動平均線がサイクルの中心軸となっている。現状、移動平均線の示すは横向きであり、価格がこの平均線上で推移すれば、移動平均線は上昇トレンドに入るだろう。現在、価格は移動平均線より上に位置し、移動平均線と価格が接触するポイントは買われやすいポイントとなっている。PDF化したNY金週足チャートではピンクのラインがトレンドの中心軸となる。上昇トレンドは明確であり、このトレンドはそう簡単には崩れないだろう。現在、赤ラインとの接触ポイントは900ドル。NY金月足チャート(一目均衡表)では上昇をはっきりと示唆している。崩れる気配は感じられない。 人気 Blog RankinG







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking






クリックして拡大できます東京金日足(当限) 緑ラインは75日移動平均線、ストキャスティクス東京金日足(当限) 緑ラインは200日移動平均線、ストキャスティクス  







>>NY金週足チャート(内部トレンド)<<
>>NY金月足チャート(一目均衡表)<< 







豊臣秀吉の黄金の茶室 
豊臣秀吉の黄金の茶室


  






(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄07⁄10 06:00 カテゴリー:テクニカル comment(6) trackback(0)







ファイナル・カウントダウン


本日のNY金8月限終値は、前日比3.3ドル高の924.3ドル。昨日、前回のコメントで指摘したテクニカルの節目915.65ドル~920ドル(調整の目標値)を達成しました。瞬間安値は913.2ドル、終値での安値は昨日の921ドル。これにより、ほぼ安値は出し尽くしたのではないでしょうか。19日前後の変化日、そして22日の皆既日食、23日の新月を迎えて、相場も変化しやすい時間帯に突入しています(アストロロジー) またテクニカルで見ても、今晩は相場が変化しやすい雲のねじれ(一目均衡表)に位置する。今後の理想的な展開としては、チャート上で今晩から遅行スパン(一目均衡表の指標)が3日連続上昇圧力を受けることから、明日、日本時間の早朝に発表されるFOMC声明とともに上昇し、終値で今週中に940ドル以上を達成すれば、1000ドル超えの最後の準備はほぼクライマックスに近づくことになると思います。ユーロも再び1.40ドルを超え、金大相場スタート直前の動きに変化なし。ドル指数、ユーロの変動率から金の動きを見た場合、1000ドルに近づくと、明らかにNY連銀による価格操作と思える不自然な動きが見られますが、買い方の力にまもなく屈するでしょう。現在、米長期金利は上昇中ですが、市場予想では、長期金利の急騰を抑えるために、FRBがさらなる長期国債の買い取り(タコの足食い)をするのではという見方。さて、タコの足食いをいつまで続けられることやら。いつまで、長期金利と金価格の上昇を抑えられることやら・・ みなさま、金を買うならお早めに! 人気 Blog Rank
 






       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







NY金週足 一目均衡表、MACD
NY金週足 一目均衡表、MACD









 
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖夫氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄06⁄24 06:00 カテゴリー:テクニカル comment(5) trackback(0)







金価格、2000ドルへの道


まもなく、金価格は新しいステージへ突入すると思う。おそらく、1000ドル以下はもう二度と出会うこともなく、三桁の価格が最後となる日は近づいているだろう。現在、ドルの独歩安、金高の流れは明確になり、各指標はサイクル通り順調に動いている。本来、ユーロ圏、英国は史上最悪と言えるほどの経済環境にあるため、通貨が買われる環境にはないが、全ての通貨が金に対して量的緩和の影響で弱くなっているため、為替レートは弱い者同士の力比べの結果となっている。金のチャートを見ると、現在960ドルの節目に到達したので利食いの調整が入りやすいポイントでしょう。しかし、1000ドル以下で留まっている時間はほとんど残されていないように感じます。長期18年サイクルの中間点である新9年上昇サイクルのスタート地点にいる今、1000ドル突破は始まりにしか過ぎないでしょう。金を取り巻くファンダメンタルズにも大きな変化あり。5月21日、アメリカ議会の上院は棚上げされていたIMFの金売却を承認した。しかし、金価格は上昇。これで悪材料は出尽くしたと言える。翌22日、スパイダー金ETFの買い残高が急増。前日比+13.14トンの1118.76トンとなった。米CFTCの報告でもCOMEX金先物において買いの取り組みが急増していることから、1000ドル超えの発射台は固まりつつあります。ここは強気で買いを入れてゆくポイントでしょう。     ・・・→人気 Blog RankinG







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







以下にNY金価格のテクニカルチャートをPDFとして掲載しましたので参考に。週足チャートを見ると、まもなく逆三尊が完成するのがわかる。(1000ドル超えで完成) 現在、右肩を形成中。この逆三尊が完成すると、波動パターンの定石では金のファンダメンタルズを全く無視したとしても、下落(-352.9ドル)の倍返し1386.8ドルは達成することになる。波動が強ければ、3倍返しの1739.7ドル以上も十分視野に入るだろう。今年達成するかどうかはわからないが、遠くない未来に2000ドルは最低目標ラインとして達成可能だろう。     ・・・→人気 Blog RankinG









NY金週足 スローストキャスティクス、MACD
 NY金週足 スローストキャスティクス、MACD







NY金日足テクニカルチャート
NY金週足テクニカルチャート







ドルは、もはやロシアの主要な準備通貨ではない(5月19日)





ロシア中央銀行の報告書によれば、ドルはロシア中央銀行の基本的な準備通貨の地位を失っており、外貨準備資産のうち、ユーロの占める割合は2009年1月1日時点で47.5 %の水準まで増加し、ドル資産は41.5%まで減少したというこことだ。(昨年はユーロ42%、ドル47%だった) ロシア中央銀行は、英ポンド、日本円、金も買い増している。      ・・・→人気 Blog RankinG






  
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖男氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 2位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄05⁄26 01:00 カテゴリー:テクニカル comment(6) trackback(0)







金に超強気する時


現在、5月15日21時頃。東京金先物価格(先限)の夜間取引は、2842円/グラム。今月はひるむことなく、金の下げに対して買いを仕込む時期だと思う。ドル円は94円台に突入し、5月後半にかけて国内金価格は円高に対して上昇圧力を高めてくると思われます。13日、英ファイナンシャルタイムズが米国債の格下げの可能性に対してついて言及していましたが、日本でも民主党の中川正春・衆議院議員(次期財務相候補)が英BBCに掲載されたインタビューで、民主党が総選挙で勝利し、政権を担えばドル建て米国債の購入を控えるとの認識を示したことも市場で話題になった。同氏はドルの将来価値に懸念を示し、円建てのサムライ債であれば米国債の購入を続けるとしている。今月に入り、各国政府の米国債に対する懸念発言が相次いでいる。一般的に、景気循環サイクルの中で景気回復局面では株と長期金利が上昇傾向になり、長期国債から株式に資金が移動する。また、デフレ脱却のため短期金利は低金利政策が採られることが多い。国家がまともな財政状況にあれば、長期金利の上昇はむしろ歓迎すべきことなのかもしれない。長期金利の上昇は景気回復のサインでもあった。しかし、国家が究極の債務超過に陥っている時、長期金利の上昇は国家破綻の原因となる。まさに今のアメリカがそうであり、長期金利の上昇は歓迎すべきものではない。なぜなら、長期金利の上昇は住宅ローンの金利上昇につながり、銀行の貸し出し金利も上昇する。さらに、長期国債の買い手がなくなりつつある米国債で資金調達してきたアメリカにとって、金利の上昇は国債の利払い増大につながるため、国家破綻を早めてしまう。故に、究極の財政収支にある米国の長期金利上昇はネガティブなものとして捉えるべきだろう。
・・・→人気 Blog RankinG







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







NY金60分足 ボリンジャーバンド、ストキャスティクス
NY金60分足 ボリンジャーバンド、ストキャスティクス







私のもうひとつのブログ(⇒ SWEET MEMORIES )も、良ければ見てね!新たに始めてみましたので好きな方はどうぞ♪






  
下記に掲載されている書籍は金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。金市場の表と裏、歴史を知りつくした世界ナンバーワンのゴールドアナリスト、ジェームス・ターク氏の著書、そして、高橋靖夫氏の「金復活」は2001年出版ですが読む価値あり。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 3位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄05⁄15 21:17 カテゴリー:テクニカル comment(7) trackback(0)







金暴騰前夜


チャート(NY金価格)上では、13、16日の下落圧力を受け、価格は一目均衡表の転換線918.3ドル付近まで下がったが、やはり地合いは強い。引けでは戻し下ひげを形成。そして、今晩から27日までは上昇圧力を強く受ける時間帯に突入する。このタイミングでSPDR金ETFは連日買い残高が過去最高を更新し、4営業日で40トン増加の1069.05トンとなった。買い方にとっては最大のチャンスと思えます。・・・→人気 Blog RankinG







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







   GOLD.jpg







NY金日足 一目均衡表、スローストキャスティクス
 NY金日足 一目均衡表、スローストキャスティクス







NY金週足 一目均衡表、MACD
 NY金週足 一目均衡表、MACD







国内金価格だけでなく、銀、白金もテクニカルは好転し、買いを示している。貴金属は強気の見通し・・・→
FC2 Blog Ranking







東京金日足 ストキャスティクス
東京金日足(当限) ストキャスティクス

東京銀日足(当限) ストキャスティクス
東京銀日足(当限) ストキャスティクス

東京白金日足(当限) ストキャスティクス
東京白金日足(当限) ストキャスティクス






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   







ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄17 08:50 カテゴリー:テクニカル comment(5) trackback(0)







金価格に強い買いシグナル


現状、価格はチャートから受ける圧力通り動いており、東京金、NY金、共にテクニカルは買いシグナルが出ている。月末までは強気の見通し。また、13日の全国人民大会閉幕後、中国の温家宝首相が「保有米国債の安全性を少し心配している」と発言したことにより、金市場には買いが入った。今後の中国の動きは要注目。
・・・→人気 Blog RankinG







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







A1.png
東京金日足(当限) ストキャスティクス

A2.png
東京金週足(当限) ボリンジャーバンド

A3.png
東京金月足 緑ラインは18カ月移動平均線、ストキャスティクス

NY金日足 一目均衡表、スローストキャスティクス
 NY金日足 一目均衡表、スローストキャスティクス






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄16 08:50 カテゴリー:テクニカル comment(2) trackback(0)







3月末、最高値更新に向けて


今日は、大胆にも4月14日までのNY金価格の動きをシュミレーションしてみたいと思います。予想というより、チャート上に働く物理的な力が忠実に働いた場合を想定したものです。変化日はテクニカル、アストロロジー、経済指標の発表日から総合的に判断しました
・・・→人気 Blog RankinG







一目均衡表(日足)上では、3月の11~12日に上昇圧力を受け、価格は素直に反応した。本日早朝、転換線の925.3ドルをクリアしたことにより、900ドルの下値が固いことを確認。13、16日は下落圧力を受けるが、転換線をクリアしたことにより、下げても小幅になるだろう。また、13、16日に900ドルを維持していれば、トレンドは上向きのままであり、今回、三尊天井を思わせる形はダマシとなる可能性大。そして、17日から27日までテクニカルの強い上昇圧力を受ける時間帯に突入する。早ければ、16日から反応するかもしれない。16~18日にかけてアストロの変化しやすい時間帯でもあり、18日にはFOMCの声明発表がある。この18日の声明が重要。3月6日からスタートした金星逆行の時間帯はFRBが大胆な政策を発表する可能性がある。18日の声明により、金価格が素直に上に向けて反応するならば、金価格は27日の新月前後に最高値の1033.9ドルを達成するだろう。その後は4月14日まで下落圧力を受けるが、逆行して上がるならば、価格は4月14日前後まで1100ドルに向けて上昇し続ける可能性もある。ただ、4月2日にロンドンにてG20(重要)、ECB政策決定会合があるので、下落圧力が高まりやすく要注意。※あくまで勝手気ままなシュミレーションです。・・・→
FC2 Blog Ranking







NY金日足 緑ラインは50日平均線 ストキャスティクス
NY金日足 緑ラインは50日移動平均線 ストキャスティクス







現在、上記NY金日足チャートでは、価格が50日移動平均線で支えられ、最高値1033.9ドルを視野に入れた発射台が固まりつつあります。ストキャスティクスは20%以下の数値でダブルボトムを形成し、上に向けての発射はいつでも可能。
・・・→人気 Blog RankinG







ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週平均線、ストキャスティクス
ユーロ・ドル週足 緑ラインは26週移動平均線、ストキャスティクス







ユーロ・ドル週足チャートではユーロに買いシグナルが出ている。欧州経済は最悪な状態にあるが、対ドルではユーロ買いが進むだろう。金にとっては追い風に ・・・→
FC2 Blog Ranking







金貨







以下、円建て金価格のチャートではブリッシュ・フラッグが形成されつつある。上に抜ければ、強い上昇波動がスタートしそうだ。
・・・→人気 Blog RankinG







円建て金日足(NY金÷円指数) 一目均衡表、ストキャスティクス
ドキュメント1





ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄13 08:10 カテゴリー:テクニカル comment(3) trackback(0)







満月○の日に金が輝く


昨晩、満月変化日にNY金価格は前日比14.8ドル高の暴騰。SPDR金ETFも久しぶりに買い残高は急増した。しかし、ドル安円高が急速に進んだため、本日の国内金価格は換算値では10円安程度になりそうです。金星逆行がスタートして、円安トレンドから円高トレンドに変化する時、、数日だけ国内金価格は円高に負けて急落する傾向がある。しかし、過去、その急落時の安値が絶好の買い場になっているのも事実。次第に、円高ドル安、NY金高、国内金高の流れになり、半年ほど上昇トレンドが続いている。
・・・→人気 Blog RankinG







NY金日足 ストキャスティクス  3月12日1:00作成
NY金日足
NY金日足 ボリンジャーバンド ストキャスティクス







昨晩のNY金価格の上昇で下値はしっかりとサポートされたと思う。しかし、日柄で計算すると、あと3~4営業日ほどはまだ下落圧力を受けるため(均衡表の遅行スパン)、動きは不安定なもちあい状態が続くと思います。900ドル前後での下値固めをしっかりするのでは。ドル指数は二番天井(ダブルトップ)を形成中。
・・・→
FC2 Blog Ranking







ドル指数日足ミニ
ドル指数日足







NY金60分足 ボリンジャーバンド、ストキャスティクス
NY金60分足 ボリンジャーバンド、ストキャスティクス







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG  
ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking 







ドル円週足 ボリンジャーバンド
ドル円週足 ボリンジャーバンド、ストキャスティクス

ドル指数週足 ミニ
ドル指数週足






  
下記に掲載されている書籍は、金投資する方にはぜひ読んでいただきたい本です。ユダヤ金融資本家により仕組まれた世界恐慌のカラクリ、そして、金の本当の価値が理解できるはずです。内容は少し難しいかもしれませんが読む価値のある本です。何回も読み返すことによって金投資に対する自信が深まると思います。







            







(注意)このブログの分析、見通しなどは、私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資の最終判断は自己責任でよろしくお願いします。







ブログランキング参加中!! 応援のクリックよろしくね!!





  クリックしてね↓
  
  応援よろしくね↓
  
  もう~ひと押し↓
  

  



      

  FC2ブログ☆ランキング 資産運用 1位  

  人気ブログランキング 先物 1位     

  先物ポータルブログランキング 1位




  応援ありがとうございま~す ♪   






ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄12 08:46 カテゴリー:テクニカル comment(7) trackback(0)







本日は満月○変化日


NY金60分足 A
NY金60分足 ボリンジャーバンド ストキャスティクス







本日は満月変化日。金のテクニカルは反発しやすいポイントであり、当面のレンジは890~950ドルでもちあい予想。上記のNY金60分足のボリンジャーバンドでは中心線の898.8ドルを明確に超えると短期買いシグナル点灯。・・・→人気 Blog RankinG







ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking





ジャンル:株式・投資・マネー テーマ:資産運用

2009⁄03⁄11 16:55 カテゴリー:テクニカル comment(3) trackback(0)









| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。